6231196 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「十三夜の面影」29








あれからどう過ごしてきたのだろう。

朝起きて仕事に行っても、

心ここにあらずで、仕事だけ無感情にこなしてる。

まだすることがあってよかったと言う感じだ。

うちに帰ってからの長い夜。

もの思いにふけると、かぐや姫の姿が見えてくるようだ。

だから何も考えたくない。何も見たくない。

ただ、時間だけがぼんやりと過ぎていく。

涙も出ないほど、心が死んでいる。

こんなんじゃいけないと自分を奮い立たせるのだが、

なかなか力が出てこないのだ。

彼女と逢う前は何をしていたのだろう。

何を考えていたのか分からないほどだ。

彼女が置いていった服や香水「ナイルの庭」を、

処分しきれずにまだこの部屋に置いてある。

さすがにダンボールに詰め込んで、

見えないようにはしてあるのだが。

なぜか香りだけはするのだ。

詰め込んだ時にこぼれてしまったのか。

ドアを開けると「お帰りなさい」の声が聞こえたような錯覚。

この香りのせいなのか。

目を瞑るとその香りだけまとった

彼女のしなやかな肢体が目に浮かんでくる。

振り払おうとしても、頭から離れないのだ。

それならいっそ、その肢体を抱いてしまおうか。

夢の中で。

もう現実と夢幻の区別がつかなくなっているのか。

カーテンからこぼれ射る月光に浮かぶ彼女が見える。

僕もとうとう幻覚を見るようになったのか。

怖くなって、ふと我に帰る。

そういえば今日は何日だろう。

カレンダーさえも見ていない。

慌ててカレンダーを見ると、

10月15日に丸がつけられ、

「十三夜」と書いてあった。

携帯を見ると今日は14日。もう明日だ。

いつの間に一ヶ月近く経ってしまったのか。

彼女が「十五夜だけでは片見月になるから、

十三夜もお月見してね。」と言ってたのを思い出す。

そのために彼女が書いておいたのだろう。

「同じ場所でなければ。」とも言ってたな。

なぜあんなに十三夜の月見にこだわっていたのかな。

わけは分からないが、

またあの山を登らなければいけないのか。

それもたった一人で。

でも、そこから月を眺めれば、

少しでも彼女の近くに行ける気がする。

明日は行ってみよう。

そうすれば、こんな状態から抜け出せるような気がする。

気休めかもしれないが。

続き























Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.