7287199 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「心の声」3






をクリックすると、「強さと優しさ」という歌が聴けます。

止めたい時は、出てきたプレイヤーのストップボタンを押してください。

♪ライン

月夜

今はまだつわりも酷くないし、

お腹も目立ってないから、気が付かれてはいないだろう。

身一つのうちに、この研究所から逃げ出したいけど、

なんとか彼に知らせる方法はないかしら。

心の声も、こう遠くては届かない。

子どもまで研究材料にされるのだけは防がないと。

心の声が聞こえるなんて能力は遺伝しない方がいいと思うけど、

彼もそうだから、どちらに似てもそうなってしまうかな。

彼と一緒に逃げられれば、こんな心強いことはないのだけど。

能力の研究と共に、外国語を話す訓練もさせられている。

自国語も話せない私に、なんのための訓練なのだろう。

スパイでも養成するつもりかしら?

訓練の時は、彼も少しは近くにいるかもしれない。

個室を出たときは、心のガードをはずそうと思った。

翌日、訓練室に連れて行かれ、心の耳を澄ました。

かすかに彼の心の声が聞こえた。

でも、弱くてよく聞こえない。

周りの雑音が多すぎる。

集中するのだ。

私の名を呼んでいた。

私も彼の名前を呼ぶ。

そして「あなたの赤ちゃんが出来たのよ」とも。

急に彼の歓声が聞こえた。

喜んでくれてるみたい。良かった。

こんな状況で、嬉しいとばかりは言ってられないけど、

やはり二人の愛の結晶は嬉しいよね。

「産んで研究材料に取り上げられる前に、ここを逃げ出したい」と言うと、

彼は「わかった。でも、うかつには動くな。

僕が準備するから、待っててくれ。」と言う。

父親になったら、前よりもっと頼もしくなったみたいだわ。

彼の言葉を信じて待とう。

でも、彼の不安も分かってしまうのが辛いよね。

私の不安もだけど。

お互い弱いところがある人間だから、

かえって信じ合えるのだ。

強いだけの人間なんて、

人の弱さや痛みが分からないものね。

親の愛情に恵まれない子どもだったからこそ、

自分の子どもは愛してやりたいと思う。

それは彼も同じだった。

お互い家庭に飢えていたのだ。

これで私たちは本当の家族になれる。

そう信じていた。

続き



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.