7310618 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「心の声」4

09b.jpg

音楽サイトyamatomoに、
「あなただけではありません」という作曲した歌を載せてます。
良かったら聞いてくださいね。

楽譜

彼とは訓練の度、逃げる準備など話し合っていた。

鳥のように飛べたらいいのだが、そんなことはできないしね。

お腹の子も私たちの心の声が聞こえるのか、

つわりもひどくなく、それほど目立たない。

私たちの他にも研究材料にされてる人たちが入ってきた。

ガードしているのか、あまり心の声は聞こえないけど。

こういう特殊能力者は、案外いるものなのかしら。

ともかく私たちから研究員の注意がそれることもあるだろう。

また、ゴミ処理業者が入り込んでいる。

何を研究してるのか不思議だろうな。

ごみ処理のバスケットに潜り込んで逃げることにした。

ごみに埋もれるのは嫌だけど、逃げるためにはしかたない。

パソコンから大量の紙ごみが出て、シュレッダーにかけたものを、

クッションにするから、大丈夫だろう。

こういうときこそ、研究員やゴミ処理業者の心を読まないとね。

なんとか私はバスケットごと研究所の外に出て、トラックに運び込まれた。

バスケットから這い出して、トラックが停車した時、降りる。

彼はどうしたのだろう。

途中まで心の声が聞こえたのに。

トラックから降りそこなったのか。

ごみ処理場に連れて行かれたら危ない。

あわててまたトラックに乗ってしまった。

かすかに聞こえる彼の声。

彼は埋もれて窒息しかけていたのだ。

バスケットの中から彼を助け出す。

息をしていない。

人工呼吸して、

息を吹き返した彼を、思わず抱きしめてしまった。

彼も抱き返してくれた。

良かったと思うのもつかのま、

早くトラックから降りなければ。

他のごみ処理の得意先に着いたのか、

また停まった時、二人で隙を見て降りた。

トラックは走り去っていった。

もう安心だ。

ところでここはどこなんだろう。

元々研究所さえ場所も分からないまま連れてこられたから。

ごみ処理の得意先は、何かの工場らしい。

二人で働いていた工場に似ていて、懐かしい。

小さな町工場だったけど、

人情が残ってて良かった。

心の声が聞こえても、それほど不快にはならなかったのだ。

お給料は安かったけどね。

ここはどういう工場なのだろう。

働かせてもらう訳にはいかないかな。

でも、またゴミ処理業者が来た時、

顔を合わせたら分かってしまうかもしれない。

やはりここで働くのは止めた方がいいな。

二人で歩いて、どこかに辿り着かないと。

彼もだんだん落ち着いてきたようだ。

しばらく休めば歩けるだろう。

まだ顔色は悪いけど。

心配するなという顔をしてる。

久しぶりに会ったのに、

心の声は聞いてたから、

そんな感じはしない。

二人で今度こそ幸せになろうね。

手を繋いで、歩き出した。

続き


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.