7313264 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「心の声」6

97aab.jpg

死んだという自覚さえない幽霊は、

そのまま彷徨っているのだろうか。

この家に居る複数の幽霊はどういう人たちなのだろう。

私と彼は手を握り、顔を見合わせていた。

とんだ幽霊屋敷に飛び込んでしまった。

でも、他に行き場もないし、

話を聞いてみようか。

「あなたたちは、どういう関係なのですか?」

恐る恐るきいてみる。

「あんたたちこそ、どういう関係?」

きつく聞き返されてしまった。

「私たちは、恋人同士で、もうすぐ子どもも生まれるんです。」

すぐには返事が返ってこず、さすがに子どものことは驚いたようだった。

「そうなの。それじゃここにしばらく居てもいいわ。」

諦めたように彼女は言う。

「ありがとうございます。」

「私たちはこの家に住んでる夫婦だけど、

もう住んでいたと言った方がいいのかしら。」

「そうですね。もう亡くなられているから。」

「信じたくはないけど、やはり死んでいたのね。」

「お子さんは居なかったのですか?」

「居るけど、何年も前から見当たらないの。

出て行ってしまったのかもしれない。」

「なぜ、そう思うんですか?」

「親子喧嘩ばかりしていたからね。

喧嘩というより、家庭内暴力と言うのでしょうね。

私は息子に暴力を振るわれていたの。」

「なぜ、逃げなかったのですか?」

「主人は逃げろと言ってくれたけど、

私だけ息子から逃げる訳にはいかないわ。」

「私が残るから、妻には家を出るようにと言ったんですが。」

初めてご主人の声を聞いた。言うことの割には気弱そうな声だ。

もしかしたら、その息子にこの両親は殺されたのかもしれない。

寝ている間とかに。

「息子が私たちを殺したなんて思ってないでしょうね。」

心を読まれたのかと思って、びっくりした。

いつもは読んでる私たちだから、逆の立場は慣れてない。

「いくら暴力を振るっても、本当は優しいのよ。

怪我した私をいつも心配して、手当てしてくれてたの。」

「ではなぜ、そんな暴力を振るうんでしょうか?」

「私に甘えてるのよ。私なら許してくれると思ってるんだわ。」

「たとえ殺しても?」

思わずそう言ってしまった。

「そんなはずないと言ってるでしょう。」

声を張り上げて言うのは、自分も疑ってる裏返しだ。

息子が自分達を殺したとは信じたくないのだろう。

「そうですね。今となっては確かめる術もないだろうから、

強盗にでも殺されたのだと思ったほうがいいでしょうね。」

慰めにもならないかな。

「あなたたちこそ、強盗とかじゃないでしょうね。」

「とんでもない。泊まる所を探してただけです。」

「泊まるだけなら、いつまでいてもいいけど。」

「助かります。良かったね。」

彼と微笑み合った。

続き


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.