6134649 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「白蛇の道」1

白蛇

蛇は通る道が決まっているらしい。

獣には獣道があるように、蛇には蛇の道があるのだ。

普段は目にすることもないから気づかない。

ある日、家への近道をしようと、

草むらを横切った時だった。

知らずに蛇の道を横断してしまったらしい。

細く白い蛇だったが、

お互いに驚いて見つめ合ってしまった。

艶かしいと感じるほど、きれいな白蛇だ。

蛇は鎌首を持ち上げると、

私の様子を窺うようにじっと見ていたが、

やがてツンと見捨てるように私を避けて通り過ぎた。

私は呆然と立ち尽くしていたが、

白蛇が去ると、我に帰り、

また先へと歩き出した。

急いでうちに帰ろうと思ってたのだ。

彼から電話が来るはずだから。

私は今時珍しく携帯を持っていない。

彼は持ってるけど、私用には使わない。

会社から支給された携帯で、

公私混同しないという生真面目な人なのだ。

お互い不便だけど、それはそれで楽しいということもある。

家に帰ってからの電話タイムが楽しみなのだ。

私の方が普段帰りが早いので、

しばらくうちで待つことになるが、

今日はなぜか彼も早いということを、

昨日聞いていたのだ。

今日はたくさん話せるなとウキウキして、

思わず近道をしたのだった。

うちの玄関を開けた途端、

私は凍りついてしまった。

先ほどの白蛇が、玄関のたたきに居るではないか。

私とすれ違ったはずなのに、

なぜここに居るのだろう。

私の後を付けてきたとしても、

なぜ先に中に入れるのか。

穴が開くように見つめていると、

蛇が口をきいたのだ。

「私の行く手を遮る者は許さない。

だから、お前の行く手も阻むのだ。」と。

言葉を話す蛇なんて初めて見た。

驚いたけど、頬をつねると現実のようだ。

そう言われてもなあ。

確かに邪魔したかもしれないけど、

踏んだ訳ではあるまいし、

うちまで来られるほどの恨みを買うことも無いよね。

そう思ったものの、

そんなこと言ったら、蛇が逆上するかもしれない。

ここは下手に出て謝っておこう。

もうすぐ彼からの電話がかかってくる。

なぜか蛇の声は男のような低い声だから、

彼に誤解されてはかなわない。

蛇に早く帰ってもらわねば。

「さっきはすみませんでした。

もうあの道は通りませんから、

お帰りいただけませんか?」

猫なで声で言うと、

「許さない。

罰として、ここにしばらく置いてもらおう。」

と言うではないか。

「とんでもない。

早く帰ってください。」

つい哀願口調になってしまった。

そこへ電話のベルが鳴る。

あわてて受話器を取ると懐かしい彼の声。

花畑ライン

下の「続き」をクリックすると、続きが読めます。

続き


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.