7301532 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「白蛇の道」2

樹

彼からの電話に飛びついてしまった。

「もしもし、貴さん。」

「どうしたんだい。息せき切って。」

彼も普段と違うとわかってくれたみたい。

「今、どこにいるの?」

「うちに帰ってきたところだよ。」

「すぐにうちに来てくれないかしら。」

「なぜ? 何かあったの?」

「言っても信じてもらえないと思う。

とにかく来て欲しいの。お願い。」

「分かった。今すぐ行くから待ってな。」

「ありがとう。」

ホッとして、受話器を下ろす。

振り向くと、白蛇が私を見ていた。

二人?きりでいるのは耐えられない。

早く彼が来てくれないかしら。

こんな時は時間が経つのが遅い。

時計の針の音さえ、のろく感じるのだ。

白蛇はなぜか黙ったままだ。

電話を聞いて、考え込んでいるのだろうか。

しかし、おもむろに鎌首を上げたかと思うと、

「男など呼んでも無駄だ。」と一言。

それからまた何も話さない。

彼が来ても話さないとしたら、信じてもらえるだろうか。

案の定、彼が着いて、事の顛末を話しても、

蛇が話さないので、訝しがっていた。

「本当に、この白い蛇が言葉をしゃべったのか?」

白蛇が話さないことには、信じられないだろう。

「私を信じて。話すのはともかく、

ここに白蛇と二人にしないで。」

私が不安がって、彼にすがりついたから、

「分かった。今日はここに泊まるよ。」

と言ってくれた。

いったん白蛇をつかんで、外に放り出してくれたのだが、

なぜかまた部屋に入り込むので、放っておくことにした。

とにかく彼さえそばに居てくれれば、安心だ。

このままずっと居てくれればいいのにな。

でも、白蛇に見られてるようで、いたたまれない。

彼も、落ち着かないようだ。

彼に肩を触れられたが、ビクッとしてしまった。

それで察したらしく、もうそれ以上は触れてこない。

二人とも、なかなか寝付かれなくて、

天井を見上げて、いろんな話をしていたら、

いつの間にか眠ってしまったらしい。

朝目覚めると、不思議に白蛇は見当たらなかった。

「貴さん、起きて。

蛇はいなくなったみたい。」

まだ寝てる彼を揺り起こす。

「うーん。蛇って?」

まだ寝ぼけてるのか、わかってないみたい。

「でもよかった。貴さんに恐れをなしたのかしら。」

感謝してるのに、照れ隠しで笑ってしまった。

「そうかもね。頼りになるだろ。」

「目が覚めたら、急に威張るんだもの。現金よね。」

からかうように言うと、

「こいつ、せっかく飛んできてやったのに。」

と頭をこつんと軽く叩かれてしまった。

蛇がいなくなって、二人ともはしゃいでいたのだ。

彼も実は蛇が怖かったらしい。

私の前では怖いそぶりを見せまいとしてたけど、

蛇をつかむ手が震えてたもの。

でも、そんな思いをしてまで、助けてくれたんだよね。

「本当にありがとう。

お礼に朝食をご馳走するね。」

「当たり前だよ。」

「急で大した物はないけど、ごめんね。」

「小百合より、僕の方が料理うまいかもよ。」

と一緒に台所に立ってくれた。

包丁捌きが慣れてるな。

ご両親と同居なのに、料理するのかしら?

「うちでも、料理するの?」と聞くと、

「親が共稼ぎだったから、夕食は僕が作ってたんだぞ。」

「すごいね。私は一人暮らししてからだから、

まだあまり得意じゃないの。」

「しょうがないな。僕が作ってやるよ。」

なんか新婚家庭みたい。

こういう毎日が過ごせたらいいのに。

朝食が出来て、二人で顔を見合わせながら食べた。

お互い仕事だから、のんびり出来ないけど、

一緒に食べると美味しい。

彼はいったん、うちに帰って着替えてから行くという。

昨日、帰ったままの姿で来てくれたんだものね。

うちに来ても、泊まったことはなかったから、

蛇が来たのも、かえっていいきっかけになったかな。

それにしても、蛇はどこにいったのかしら。

それはとにかく、私も仕事に早く行かないと。

花畑ライン

下の「続き」をクリックすると、続きが読めます。

続き


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.