7227885 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「白蛇の道」4

千葉大.jpg

まだ白蛇がうちに居座っている。

えさも与えてないのに、どうやって生きてるのだろう。

彼にも見えたのだから、生き霊というわけでもなさそうだ。

彼には白蛇が戻ってきたことは言わないでいる。

心配させてたくないし、これ以上関わりあいになりたくないだろうから。

私自身だって、関わりたくないけどね。

一人暮らしだったのに、帰って迎えてくれるものが居るというのも、

不思議な感じだ。

まるで自分のうちのように、「お帰り」という白蛇。

私もなぜか段々慣れてきてしまった。

思わず、「ただいま」と言ってしまう。

ペットだと思えばいいのか。

とても可愛いとは思えないけど・・・。

この頃、彼からの電話が少ない。

以前は帰ったらすぐに電話をくれたのに。

今は、仕事が忙しいとのことだけど、

白蛇のこともあって、避けられてるのかしら。

それだけではないかもしれない。

不安に感じて、こちらから電話しようにも、

彼の仕事用の携帯に電話する訳にはいかないし、

私用の携帯は持ってないのだ。

帰りは残業で遅いらしい。

今まではこんなことなかったのに。

もしかしたら、他に好きな人ができたのだろうか。

疑心暗鬼になってしまうのだ。

「男のことを考えているんだろ。」

見透かしたように、白蛇が突然に話し出す。

「彼のことを考えて何が悪いの。」

開き直ってみるが、弱気になってしまう。

「考えるだけ無駄なんだ。

信じられないなら、別れればいい。」

「そんなに簡単に割り切れないわよ。」

白蛇と話すほうが無駄だよね。

そう思いながらも、心に秘めておくと、

ますます想いが空回りするのだ。

「自分でもどうしていいかわからないのよ。」

つい弱音を吐いてしまう。

「だから余計なことは考えないようにすることだ。」

白蛇に慰められてどうする。

「あなたのせいかもしれないでしょ。」

つい、白蛇を責めてしまった。

自分のせいかもしれないけど、

そう思いたくないのだ。

「蛇がそばに居るだけで離れていくようなら、

それだけの男なのだ。」

なんか、納得してしまう。

彼からの電話を待ってるだけなんて、

哀しすぎるよね。

白蛇もまともなこと言うじゃない。

それにしても、私はなんでこう受身なのだろう。

もっと積極的にならないと、とも思うのだけど、

嫌われるのが怖くて、人の顔色を伺ってしまう。

すぐに「ごめんなさい」と言ってしまうのは、

私の悪い癖だ。

自分でも嫌になるけど、仕方ない。

意地張って謝れない人よりましか、とも思うけど。

「ごめんなさい」より、「ありがとう」と言いたい。

突然、電話のベルが鳴った。

彼かと思って、急いで受話器を取る。

「もしもし」

「・・・・・」

何も聞こえない。

でも、息遣いだけは聞こえるような・・・。

無言電話?

彼かと期待しただけに、失望も大きい。

ガチャンと思わず電話を切ってしまった。

白蛇といい、無言電話といい、

嫌なことばかり続くなあ。

肝心の彼からの電話はかかってこないし、

もう今日は待つのをやめて寝ようかしら。

睡眠不足だと、仕事中眠いんだよね。

あくびをかみ殺してると、人と目が合ったりして。

白蛇も寝たのか何も言わない。

でも、蛇は夜行性かな?

私が寝てる間に這い回られても薄気味悪い。

かといって、一緒に寝られても困るな。

花畑ライン

下の「続き」をクリックすると、続きが読めます。

続き


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.