7236768 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「白蛇の道」5

青ティーカップ.jpg

彼からの電話がしばらく遠ざかってるのに、

無言電話だけはかかってくる。

うちの固定電話は、着信履歴が出ないからな。

無視するしかないと思っていても、嫌なものだ。

そんな電話には出なければいいものを、

もしかして彼ではと、思わず受話器を取ってしまうのが哀しい。

白蛇は相変わらずうちに居座っている。

昔から棲んでいたような顔をして。

これでも、用心棒代わりにはなるだろうか。

無言電話の時、一人は心細いのだ。

彼に助けを求めたくても、連絡が取れない。

仕事用の携帯には電話しない約束なのだ。

彼から電話がかかってくるのを待つしかない。

電話をただ見つめていると、迫ってくるような感じさえする。

「自分から、かければいいじゃないか。」

心を見透かしたように、白蛇は無責任に言い放つ。

「そんなこと言ったって・・・」

かけたら、仕事の邪魔だし、気を悪くさせてしまう。

嫌われるのが怖いのだ。

でも、このままだと、自然に離れてしまうかも。

勇気を出して、かけてみようか。

一応、緊急用にと電話番号だけは教えてもらってるのだ。

もう夜だから、仕事も終わりかけてるかもしれない。

思い切って、電話のボタンを押してみる。

でも、震えてしまって、うまく押せない。

拒絶されるのが怖ろしい。

震える手から、電話が零れ落ちた。

白蛇がすっと寄ってきて、

電話を取り囲むようにとぐろを巻く。

「なぜそんなことをするの?」

声まで震えてきてしまった。

「電話しないのなら、要らないだろう。」

私を挑発しているようだ。

その手には乗らないわ。

「そうね。要らないから持っていって。」

後ろを向くと、台所に逃げ込んだ。

何か食べるものはないかしら。

心の飢えを食べ物で満たそうなんて、哀しいけど。

だから太るんだよね。

冷蔵庫を開けても、ろくなものはない。

買い物に行ってこようか。

気分転換になるかもしれない。

ただうちで彼の電話を待ってるだけではつまらない。

歩いて近所のコンビニへ行った。

立ち読みしてる人や、外でたむろしている若い男女もいる。

夜行き場のない人たちの溜まり場のようだ。

私のその一人なのだけど。

お弁当とティラミスとウーロン茶を持って行き、レジを済ませる。

顔なじみの店員がいるわけでもないから、会話もない。

すぐに帰ればいいものを、雑誌の立ち読みする。

特に読みたいわけではないけれど、

ただあの部屋に帰りたくないだけなのだ。

こういうとき、どこに行ったらいいのだろう。

うちに居るより、かえって孤独を感じてしまうのに。

実家にはしばらく帰っていない。

時々母が心配して電話をくれるけど、

素っ気無く返事して切ってしまう。

付き合ってる人はいるのかとか煩いのだ。

彼を紹介しようかとも思ってたけど、

こんな状態ではとても言えない。

結婚して、孫を期待してるのを知ってるから。

両親が仲悪いのを見て育って、

結婚なんて、と思ってるのに。

母も、自分のことは棚において、

早く結婚しろだなんて、勝手だよね。

彼とならもしかして、とも思っていたけど、

やはり彼もただの男だったのかな。

なかなか最後まで許さない私から離れていくのかも。

今までの男もそうだった。

両親のことがあるせいか、性に拒否反応があるのだ。

白蛇のことで、うちに泊まってくれたときも、

我慢してくれたのかな。

それから連絡が少なくなったような気がする。

白蛇のせいではなく、私のせい?

それならそれで仕方ないかもしれない。

私は一人で生きていくしかないのかな。

そういえば白蛇がいたっけ。

思わず、含み笑いをしてしまった。

声が漏れたのか、横で立ち読みしていた人に怪訝そうな顔で見られた。

さあ白蛇の居るうちに帰るか。

花畑ライン

下の「続き」をクリックすると、続きが読めます。

続き


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.