7242179 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「白蛇の道」7


涙

玄関のコンクリートのたたきに座り込んで泣いていたら、

体の芯まで冷え切ってしまった。

暖房も出かけるときに切っていったきり、まだ付けていない。

あまりの寒さに我に帰ってきた。

目をあげると、そばに白蛇がいる。

ずっとそばに居てくれたのだろうか。

何も聞かずに。

こういうとき、あれこれ聞かれても答えたくないから、

そっとしておいてくれるのはありがたい。

寒気が走ったので、あわてて暖房をつけ、

布団にもぐりこむ。

背中を布団にこすりあわせ、少しでも温まろうとするが、

冷え切った体は、なかなか変わらない。

凍えた心も温まることはないのだろうか。

体を胎児のように丸めながら、

布団を頭からかぶる。

このまま胎内に戻りたいような気がする。

もうどこにも行きたくない。

傷つきたくない。

閉じこもっているわけにはいかないと、

頭ではわかっていても、

心が閉ざされてしまったのだ。

眠れないと思っていたのに、

心身ともに疲れて、まどろみかけた頃、電話が鳴った。

また無言電話か。

でも、もしかしたら彼かも、という気持ちも抑えられずに、

恐る恐る受話器を取る。

「もしもし。どなたですか?」

「・・・」

やはり無言だ。

切ろうかとも思ったが、

今度は、あの彼女では?という疑惑が浮かんだ。

「もしかしたら、貴さんの彼女ですか?」

「・・・」

もちろん返事はないけど、

切る気配もない。

いつも切るのは私の方だ。

今日は切らずに話してみよう。

負けたくないという気持ちもあった。

「もしあなたが貴さんの彼女でも、

私にこんな電話をかける資格はないわ。

どういうつもりか知らないけど、

私は貴さんと別れる気はないし、

あなたとの仲を認める気もない。

こんな卑怯な手を使って、

彼と上手くいく訳ないわ。」

開き直って、強気にまくしたてた。

それでも、何も言えないのか、

相手は黙ったままだ。

変な息遣いも聞こえないから、

Hな無言電話でもなさそうなのに。

心が弱っている時に、追い討ちをかけるように

かかってきた無言電話。

「プレッシャーをかけようったって、

そうはいかないんだから。」

自分に言い聞かせるように言って、電話を切った。

急に力が湧いてきたな。

私って、負けず嫌いなのだ。

そのプライドの高さから、今までも

可愛くない女と思われてしまってたけど。

彼にも、もっと甘えれば良かったのかな。

でも、体に触れられると、避けてしまう。

そんなんじゃ誰からも愛されないよね。

花畑ライン

下の「続き」をクリックすると、続きが読めます。

続き


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.