7225068 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「白蛇の道」11

ピュア

泣きじゃくる私の顔を

優しく手を添えてそっとあげ、

彼は涙を吸ってくれた。

哀しみまで吸い取られるようだった。

もう許されるのだろうか。

かたくなな心と体も、

彼に委ねてしまおうか。

そう思うと体の力が抜けてきてしまった。

あとは彼にされるがままになっていた。

夢のようでよく覚えていないが、

ただ白蛇がこっちを見ていたような気がする。

もう用はないだろうと言わんばかりに

一瞥すると静かに去っていった。

その後姿を見ながら、気が遠くなっていった。

目覚めると、彼が横に眠っている。

私は父の呪縛から解かれたのかしら。

彼に聞くのは怖いから、

もう少しこうして寝かせておこう。

私ももう一度、彼のそばで眠りにつきたいし。

まだ夢の中に居たいのだ。

初めて安心して眠れた気がするから。

おやすみなさい・・・。

楽譜

9で終わりにするつもりが、続きを書いてしまったけど、

今度こそ、最終回にしますね。

別な小説も書いてみたいし(笑)

最後まで読んでくださってありがとうございました。

感想、批評、アドバイスありましたら、書き込み、又はメッセでお願いします。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.