6146773 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

「メビウスの輪」4

青ティーカップ.jpg

とうとう彼女とデートして、

つきあってもらえることになった。

勇気を出して「好きだ」と言ったら、

「好きになりそう」と言ってくれたのだ。

それでも、なかなか進展はしないけど、

あせらず少しずつ深めていこう。

東山魁偉展を見に行って、

感性が同じだなと思った。

青が好きで、自然に溶け込みたいと感じてること。

手をつなぎながら、心もつながってると思った。

彼女は触れられるのが苦手なようだ。

警戒してるのかな。

でも、拒否されなかっただけいいかもしれない。

右手を使うときは、

左手に彼女の手を持ち替えて、

離さないようにした。

離してしまったら、

もう二度とつかめないような気がして。

そのくせ「好きだ」と言う前に、

強く握り過ぎて、

泣きそうな顔をしたから、

思わず離してしまった。

愛しいと思ったから。

でも、「好きになりそう」と言ってくれたので、

また手を握りなおしたのだ。

手をつなぐだけでもいい。

そんなふうに思えるなんて初めてだ。

今までは、女性の方が積極的で、

そういう関係になったら冷めてしまった。

もともとそれほど好きになったことはない。

親の不仲を見ていたせいか、あまり愛を信じてないのだ。

でも、彼女は違うと信じたい。

彼女も家庭環境が複雑なようだけど、

その割には素直な感じがする。

おっとりとしてるというか、お嬢さんぽいよな。

このまま大人しくつきあっていれば、

いつかは許してくれるのかな。

いろんな話をしたいと思う。

彼女の体ではなく、心をもっと知りたい。

こんな風に思えるのが嬉しいかも。

なんか隠してるような感じがするんだ。

でも、踏み込んではいけないし、

そこも心を溶かしながら聴くしかないのかな。

練習日以外はなかなか逢えないから、

メルアドを教えてもらって、

メールをすることにした。

彼女はなぜかメールになると饒舌なのだ。

普段口に出さないようにしているからなのか。

恥ずかしがり屋かと思ったら、

結構、淋しがり屋の甘えん坊なんだよな。

俺を頼ってくれてるのは嬉しい。

どっちが年上か分からない。

俺の話も黙って聴いてくれるし、

素直に従ってくれることもある。

どこまで要求していいのか

分からないところもあるけど、

無理を言っても聞きそうで、可哀想かな。

yousei77cy.jpg

童女のような素直さと

慈母のような温かさ。

でも雪女のような冷たさも

隠し持っているような気がする。

不思議な女性なんだ。

メールではいろんなことを話すくせに、

逢うとあまりしゃべらなくなってしまう。

俺の目を見て、話を聞いてくれるから、

どんどん自分のことを話してしまう。

吸い込まれるような感じだ。

手を握って、引き寄せると逆らわない。

でも、体が震えてるのが分かるから、

つい控えてしまうのだ。

続き



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.