6131716 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

童話「ベラのペンダント」20、21

もし、お時間がある方は、最初から読んでもらえると嬉しいです。

「ベラのペンダント」1、2

*************************************

童話「ベラのペンダント」20

97aab.jpg

ベラはユリウスと話して少し気が楽になったとはいえ、

やはりまだ不安が残っていた。

母になんと伝えようか、そればかり考えていた。

父と逢うのは危険だと言って諦めさせた方がいいのか。

そして父である王にも・・・

王妃に殺されたと思っていた母が生きていたこと、

そして殺されかけて記憶喪失になってしまっていたことも。

伝えれば、母に会いたいと言うだろうか。

そうなったら、また母を危険な目に遭わせるかもしれない。

私はそれを望んでいるのか?・・・

考えが堂々巡りになってしまう。

要は二人が逢いたいと思うかどうかだ。私が判断することではない・・・

ともかく言うだけ言ってみよう。言わずに私が抱え込んで悶々とすることはないのだ。

母には一応言ったのだから、今度は父に伝えよう。

妹ロザリーの学友として宮殿に上がった時、父に会えたらいいのだが。

そう思いながらしばらく経ったが、ようやくその時が来た。

父はロザリーにかこつけて、私に会いに来てくれたのだ。

「王様、ロザリー王女のことでご相談があるのですが、お時間をいただけますか?」と言って、

奥の間に二人で入った。

「実は、殺されたと思っていた母が生きていたのです。

でも、崖から落ちて記憶喪失になってしまっているのですが。」とベラは思い切って言った。

「なんだって、ライザが生きてるのか? 良かった。

でも記憶喪失とは可哀想に。私に会っても分からないのだろうか。」

王はそう言うなり考え込んでしまった。

「母は私のこともあまり覚えていません。夢に出てきた娘が私なのではと思ってるようですが。」

言いながらも哀しくなってきてしまう。

「そうか。それでは私のことも覚えていないのだろうなあ。」

淋しげに遠くを見つめる王。

「でも、もしかして会えば思い出すかもしれません。

なぜか、密会していた秘密の裏庭は覚えていたようなのです。」

「そうなのか。ならそこで会えばもっと思い出しやすいかもしれないな。

早速ライザに伝えてくれないか。ぜひ裏庭で会いたいと。」王は喜び勇んで言った。

「それはいい考えですが、危険ではありませんか?

また母が王妃に命を狙われるかもしれません。」

「私がそんなことはさせない。ライザのことは私が守るから心配するな。

もちろん、ベラのこともだ。」と自信ありげな王。

「ありがとうございます。それでは母に伝えますね。」

そう言いながらもベラは不安が消えなかった。

**************************************

童話「ベラのペンダント」21

ベラは、母ライザに父の王の言葉を伝えた。

「昔逢っていた秘密の裏庭で逢いたい」と。

不安を覚えながらも伝えてからは自分の手を離れたように感じた。

「本当に王様がそう言ったの?」と母は顔を赤らめた。

王のことは覚えてるのだろうか。娘の私のことは忘れたのに・・・

「王様のことは分かるの?」

つい言ってしまった・・・

「あまりよく覚えてはいないのだけど、

夢で見た秘密の裏庭の人影が王様だと思うわ。」

「私のことは?」思わず聞いてしまう。

「ベラのことも夢に見たの。だから娘が居るんじゃないかと思ったのよ。」

母は悪びれずに言う。少しは済まなそうにしてよ・・・

「そうなの。お母さんの夢は正夢なのね。」

「そうかもしれないわ。だからこうして会えたのよね。」と明るく笑う。

私は嫌味を言ったつもりだが、母には通じないらしい。

そんな自分が嫌になってしまう。

「ともかく明日、秘密の裏庭に一緒に行きましょう。

王様が待ってるから。」

「嬉しいわ。何を着て行けばいいかしら?」とうきうきしてる母。

それをなぜか他人事のように見てしまう・・・

自分の両親とはいえ、長く離れていたせいか、あまり実感が湧かない。

というか、自分だけ二人から取り残されたような気さえしてしまう。

せっかく会えた父と母なのにね。

なんでこんなに喜べないんだろう。

母が王妃にまた命を狙われるのではないかと心配してたけど、

それも自分が願ってることかもしれないとさえ思ってしまうほど。

自分で自分を信じられないし、好きになれないのだ。

これが両親から愛されずに成長した結果なのかな。

自分のせいではない、この2人のせいではないか。

両親を恨みたくないけど、そう感じてしまう自分も否定できない。

黙って考え込んでしまった私をいぶかしげに見る母。

「ベラ、どうかしたの? 大丈夫?」

顔を覗き込む母を突き放すように

「なんでもないわ。ちょっと心配になっただけ。」とだけ言った。

「そう。確かに心配だけど、なんとかなるでしょう。」

なんでそんなに楽天的なの?

王様もそうだし、私だけ心配してバカみたい。

まあ、何かあったとしても、それはこの2人の自業自得なのだから仕方ない。

私も開き直ってしまった。

そう思ったら、少しは気が楽になってきた。

心配してもキリがないしね。

また、王様に母の言葉を伝えなきゃ。


続き



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.