6340104 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

童話「ベラのペンダント」22,23(完)

もし、お時間がある方は、最初から読んでもらえると嬉しいです。

 

「ベラのペンダント」1、2

*************************************

童話「ベラのペンダント」22

97aab.jpg

父である王に母ライザの返事をベラが伝えると、王は手放しで喜んでいた。

「私のことを少しは覚えていてくれたのか。もっと思い出してもらえる為には何をすればいいかな。」

ベラは、この二人の楽観的な考えに感心してしまった。

自分はつい悲観的に考えてしまうから。

でも、一緒に前向きに考えてみようかと思い、

「秘密の裏庭で逢うだけでなく、何か思い出の物をお互いに持ち寄ったらどうでしょうか?」と勧めてみた。

「そういえば、ベラが身に付けていた青い宝石のペンダントは、ライザにあげたものだ。

それをライザがしてくるというのはどうだ?」

「そうですね。王様も何か思い出のものはお持ちですか?」

「うーん、ライザにもらったものと言えば・・・ベラおまえだな・・・」

「じゃあ、私も同席しますか?」と冗談で笑って言ったら、

「是非そうしてくれ。」と言われてしまった。

「そんな無粋なことはしたくありませんよ。」断ったが、

「そう言わずに、一緒に居てくれないか。」と懇願された。

王も久しぶりに逢い、ライザの記憶が戻らないのではと不安なのだろう。

「仕方ありません。最初だけですからね。」

「ありがとう。助かるよ。」と王はホッとしていた。

こうしてベラも、二人の再会に立ち会うことになったのだった。

*************************************

童話「ベラのペンダント」23(最終話)。

そして、とうとう父の王と母ライザが再会する当日。

ベラはライザに付き添い、王宮の裏庭へと向かう。

そこは昔、二人が密会していたという思い出の場所。

ライザは王にもらった青い宝石のペンダントを胸に着けている。

そのペンダントをベラが持っていたからこそ、ライザの娘と王に認めてもらえたのだ。

ベラは不思議な想いで、ペンダントを見つめていた。

祖母だと信じてたテレサが亡くなり、天涯孤独になったと思っていたのに、

こうして父や母に巡り会い、腹違いとはいえ妹にまでも会えたのだ。

それというのも、一緒に旅をして、スコッチ家にまでついてきてくれたユリウスのお蔭。

ユリウスにはどこまで話していいか分からず、あまり伝えていなかったが、

昨夜、「母の護衛の為にも付いてきてほしい」と頼んだ。

また王妃に命を狙われるのではないかと心配だったから。

「なんでもっと早く教えてくれなかったのか」と言われてしまったけど、

「遠くから見ている」とも言ってくれた。

いつもユリウスには甘えてばかりだ。

「一人で悩んでないで、相談してほしい」と言われたけど、

そう頼ってばかりもいられない。

ユリウスの操る馬車で、ライザと一緒に王宮に上がると、急いで裏庭に回った。

そこで見たものは、一面に咲き誇る白いバラ。

ライザは思わず「この風景見覚えあるわ。」と叫んだ。

記憶がよみがえったのかとベラが思ったとたん、

ライザは頭を抱えて座り込んでしまった。

「大丈夫?」とベラが駆け寄ると、頭をあげたライザの目に映ったのは、

ベラではなく、白いバラの化身かと見まごうような白いマントを着た王だった。

手を差し出され、王の手を取り、立ち上がるライザ。

時が止まったように見つめ合う二人。

こんな幸せが続けばいいのにと感じた瞬間、

ズドンという音と共に、王の白いマントが赤く染まった。

みるみるうちに白が赤に変わり、王が倒れ込んだ。

ライザが悲鳴をあげ、王にすがりついた拍子に青いペンダントが外れ、

異様な光を放ち始めた。

ベラもユリウスもどうしようもなく、ただ見ていることしか出来ない。

辺りが青い光に包まれたとき、あの天使が現れた。

テレサが亡くなった時に夢で見た天使だ。



あれは夢ではなかったのか?

天使が王を天に連れて行こうとすると、

「やめて!」とどこからか声がする。

塔の上から叫んでいるのは王妃だった。

隣には銃を構えた家来。

今度はライザではなく、王を狙ったのか?

それともライザを射ち損ねたのか。

どちらにしても、二人を引き離したかったのだろう。

だが、ライザは手を伸ばし、「ずっと一緒よ」と王にしがみついた。

天使は二人を抱えるようにして、浮かび上がった。

「私を置いていかないで!」と叫ぶ王妃を残して、

二人は天使と共に昇って行ってしまった。

私も取り残されたのだ。

それでも、二人が幸せならそれでいい。

ユリウスとベラは天を見上げ続けていた。

血だまりの中に青く輝くペンダントだけが残されていたのにも気づかずに。


終わり。


最後まで読んでくださってありがとうございました。

拙い童話?小説?ですが、ようやく書き終えられてホッとしました。

もしよかったら、感想を書いてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.