7256974 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

マーガレット・F・パワーズの「あしあと」


「あしあと」    マーガレット・F・パワーズ


ある夜、わたしは夢を見た。


わたしは、主とともに、なぎさを歩いていた。


暗い夜空に、これまでのわたしの人生が映し出された。


どの光景にも、砂の上にふたりのあしあとが残されていた。


ひとつはわたしのあしあと、もう1つは主のあしあとであった。


これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、


わたしは、砂の上のあしあとに目を留めた。


そこには1つのあしあとしかなかった。


このことがいつもわたしの心を乱していたので、


「主よ。わたしがあなたに従うと決心したとき、


あなたは、すべての道において、わたしとともに歩み、


わたしと語り合ってくださると約束されました。


それなのに、わたしの人生のいちばんつらい時、


ひとりのあしあとしかなかったのです。


いちばんあなたを必要としたときに、


あなたが、なぜ、わたしを捨てられたのか、


わたしにはわかりません。」


主は、ささやかれた。


「わたしの大切な子よ。


わたしは、あなたを愛している。あなたを決して捨てたりはしない。


ましてや、苦しみや試みの時に。


あしあとがひとつだったとき、


わたしはあなたを背負って歩いていた。」





いるかライン

Sepia Moonさんの掲示板でお見かけし、俊さんのHPに飛び、

マーガレット・F・パワーズの「あしおと」という詩を読ませていただきました。

以前、読んだことがあったのですが、うろ覚えだったので、

あの詩だ!と思い、感激しました。

是非、クリスマスに皆さんにも読んでいただきたく、

俊さんの許可をいただいて、リンクさせていただきました。

画像もBGMも詩にとても合っていて、独特の世界です。

紹介文も引用させていただいています。

俊さん、ありがとうございます。

また、わざわざ掲示板に書き込んで、

俊さんに紹介してくださったSepia Moonさん、

ありがとうございました!
いるかライン
俊さんの「あしあと」の紹介文です。

「最近は、お祭り化しているクリスマス。

主イエスを思い出すよう、

マーガレット・F・パワーズの詩で『あしあと』を贈ります。

これは、クリスチャンの間でも有名な詩です。

この詩は、彼女が知らない所で有名になっており、

彼女が入院した時に、看護婦から勧められたのが、

自分で書いたこの詩だったそうです。

クリスマスの時期なので、

何かを感じ取っていただければ幸いです。」

俊さんのサイトが無くなってしまい、残念です!

詩が無くなって慌てて探したら、

下のサイトが見つかりました。

とても素敵な画像もあるので、見に行ってくださいね。

Jedidiahさんの部屋







いるかライン


この詩を読んでると、涙がこみ上げてきます。

神をうらむこともあったけれど、

そのときでさえ、一緒にいてくださったことを感謝します。

いるかライン
主は、ささやかれた。

「わたしの大切な子よ。

わたしは、あなたを愛している。

あなたを決して捨てたりはしない。

ましてや、苦しみや試みの時に。

あしあとがひとつだったとき、

わたしはあなたを背負って歩いていた。」

神を信じない人は、

主を、身近な愛する誰かに置き換えてみてください。

親や恋人、友達など・・・

やがて出会うであろう愛する人かも。

いるかライン
遠藤周作の描くイエス像が好きな私です。

宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ」の

デクノボーのような非力なイエス。

それでも、つらい時には必ず寄り添っていてくれる。

時には背負ってさえくれる主イエス。

この詩と重なって感じられます。

柴門ふみの「あすなろ白書」の掛居君も、

そういう人になりたいと言っていました。

クリスマスに独りの人こそ、

主イエスは背負ってくださると思います。


「しめやかな聖夜に舞う雪見上げれば愛もあなたに降り注ぐらん」by friendly


2009年1月5日の日記にまた載せさせてもらいました。

携帯では青の文字が読みにくいので、

茶色にしましたが・・・

なぜまた載せたのかは、日記を読んでみてくださいね。

このフリーページの原文は、ずっと前の日記だと思いますが、

いつのものか忘れてしまいました。

それも書いておいた方が分かりやすいですね。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.