6244232 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

金子みすゝ゛の詩に作曲





別宅のMUSIC LANDも是非行ってみてください。私が作曲した曲が聴けます。ここをクリック
☆ライン


金子みすゝ゛は死後50年以上経ってるので、著作権は問題ないそうです。
k tombowさんに教えていただきました。ありがとうございます。
でも、死後そんなに経っても色褪せない、この輝きに惹かれてしまいます。
いぶし銀のような、そんな控え目な輝きですが、キラリと光ってますよね。

金子みすゝ゜の詩「私の髪の」に曲を付けました。

彼女は、小さい頃、父を亡くしました。
弟は叔母の養子になりましたが、
その叔母も亡くなって、母が後妻に入ります。
でも、弟は叔母の実子ということにして、
母の子ということは秘密でした。
みすゝ゜とも、兄弟なのに、従兄弟だと思って、
お互い、惹かれてしまうのですよね。
弟になぜ結婚できないかと聞かれたとき、
死神が好きだと言ったそうです。
兄弟なのかと問い詰められたとき、
そうだとも・・・
そして、政略結婚させられてしまいます。
でも、夫と別れて、子どもを引き取られそうになり、
自殺してしまいました。
夫にうつされた性病(淋病)もあり、
母に育ててもらうように、愛児を託して。

そんな哀しい生涯の中で、詩だけが慰めだったのかもしれませんね。
流れ星のように、童謡の詩をきらめかせながら、消えていってしまいました。

詳しい事は金子みすずの世界を見てください。

高校の頃、ちょっと作詞作曲したことがあったけど、
ずっとしてなくて、この頃、またやり出しました。
末っ子のカズが幼稚園の時、ママさんコーラスで、二部合唱に編曲したりしてたんだけど、
金子みすゝ゛の詩「私と小鳥と鈴と」が良くて、作曲してしまいました。
これは、二部合唱にして、幼稚園の発表会で歌ってもらいました。

この曲だけは、幼稚園のお母さんの中に、
芸大の作曲科卒の川村めいこさんという方がいて、補作してもらいました。
みんなの前で発表するからには、っていうことで。
その時の伴奏も、ピアニストでもある川村めいこさんにアレンジして、弾いて貰いました。
この曲だけは、前奏も後奏も作りました。
お願いしようかと思ったら、そこまでが作曲者の仕事だと言われました。

他にも、いい詩がいっぱいあるので、思いつくまま、曲を付けちゃいました。
この頃は、自分で作詞作曲したりもしているんですが、作詞は難しい。
作曲も難しいけどね。
邪道ですが、曲を作ってから、詩を当てはめたりも、しちゃっています。

この頃は、わんこさんに詩を提供していただいて、
曲をつけさせてもらったりしています。
今は、、回覧板、、、。さんに改名してます。
素敵な詩がいっぱいあるので、是非、行ってみてくださいね。

ピンクピアノ



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.