6138717 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

歌「リラの門」

音楽サイトBIG UPに、歌をのせてます。良かったら聴いてください。
BIG UP


ダウンロードは、自由ですが、何の曲をダウンロードしたか、
教えてくださいね。宜しくお願いいたします。

ご感想、ご批評頂けたら、嬉しいです。

いるかライン
「リラの門」

作詩 回覧板(わんこ)さん
アップテンポの曲ですが、物悲しいです。

「リラの門」

誰にも見つからずに
生きていこうよ。

見つかれば、へし折られて
束にされて連れて行かれるよ。

これは、ちょうどいいとか
あるがままということを忘れた
装飾だらけの部屋の中に連れていかれる。

ここで生かしておいてはくれない人たちに
摘まれたらおしまいさ。

みんなの前では黙っているんだよ
僕と君がリラの花だってことを。

優しい君はみぎのほうから
ちょうど太陽を背にして
ポニィテールの髪を、小さく
揺らしながら

僕のほうに向かってくるんだ

細い腕を
少しずつすこしずつ
伸ばしながら

黙って黙って
花を咲かせたら
また次の年まで
待とう。

人知れずにね

僕は左側で
ちょうど大理石のようにたたずんで
大きく成長したら
はじめて君を呼ぶだろう

こちらに
向かっておいで

この門を飾ろう。

意地悪なやつや、金ばかりあさって
太い腹になったやつらから
逃れてきた人のために

この門を飾ろう

君はみぎから
僕はひだりのほうから
はい上がって

「リラの門」と呼ばれよう。

まだ続きがあるんだよ

手に手を取り合って
僕たちは
迎えてあげるんだ

本当に差別された人々のなかから
それでも負けずに立ち直って
すくっと起きあがっては
歩み出す

人の左手が右手を求めるように
幸福の意味を
探し出して来た人々を

「リラの門」をつくって
次々に
次々に
通してあげるんだ。

人の左手が右手を求めるように
君はみぎから、僕はひだりのほうから
はいあがって

しあわせのすみかを、すてなかった人々を

リラの門をつくって
通してあげよう

リラの門を
つくって
通して
あげよう


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.