7702482 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MUSIC LAND -私の庭の花たち-

PR

Profile


friendly0205

Shopping List

【追跡可能メール便配送対応】SIAA登録した抗菌・消臭・防カビの高機能マスクケース【花柄】抗菌マスクケース Wポケット 日本製|抗菌 消臭 無臭 防カビ 高機能 SIAA マスク マスクケース 冷感タオル タオル 通帳ケース 旅行 お泊まり 薬 収納 ポーチ 保管 保存 持ち歩き ダブルポケット 使い分け マチなし 北欧 オシャレ フラワー いやあらっくす
鉢を底上げ かわいいポットフィート ウサギの三個セット 鉢の下の力持ち うさぎのポットフィート 3個セット ポットフィート かわいい グッズ 植木鉢 ポットフット プランター ステップ グッズ 庭 園芸 雑貨 ウサギ 土台
寄植えのアクセントに!ピックを挿すと豪華で可愛らしい印象に♪【良品 アウトレットセール】ガーデンピック オーナメント [852-313] 3本セット ガーデン雑貨 ハウス 置物 可愛い カントリー ガーデンアクセサリー ガーデニング (サイズ横幅5.0×高さ7.0×全長25.5cm)
iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR 防水ケース IP68規格 完全防水 耐衝撃 防塵 スタンド機能 軽量 アイフォン XS/XR/XS マックス 保護ケース 最強 スマホケース 操作便利iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR 防水ケース IP68規格 完全防水 耐衝撃 防塵 スタンド機能 軽量 アイフォン XS/XR/XS マックス 保護ケース 最強 スマホケース 操作便利 衝撃吸収 高品質 ダイビング用 ブラック ミント ピンク グリーン パープル ホワイト
光にきらきら映えるガラスのモザイクポットモザイクポット 9 ≪植木鉢/ガーデン雑貨/おしゃれ/かわいい/インドア/ガラス/インテリア≫

Category

Recent Posts

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

金子みすゝ゛の詩に作曲


歌「私と小鳥と鈴と」


歌「星とたんぽぽ」


歌「みんなをすきに」


歌「明るいほうへ」


歌「つゆ」


歌「こだまでしょうか」


歌「まゆと はか」


歌「つもった雪」


歌「わたしの かみの」


歌「鯨法会」


歌「お魚」


歌「大漁」


歌「ぬかるみ」


歌「たもと」


歌「木」


歌「わらい」


歌「みこし」


歌「こころ」


歌「美しい町」


歌「口真似」


歌「失くなったもの」


歌「おとむらいの日」


相田みつをの詩に作曲


歌「巖冬」


歌「あなたのこころが」


歌「だれにだって」


曲「ただいるだけで」


歌「いのちの根」


歌「いのち」


歌「自分の番」


作詞作曲した曲


歌「鏡の向こうの私」


歌「淋しいとき」


歌「癒し」


歌「流れる雲」


歌「プライド」


歌「許し」


歌「強さと優しさ」


歌「そよかぜ」


歌「争い」


歌「あの青さの中に」


歌「私は信じています」


歌「それで幸せ」


歌「渦巻く想い」


曲「人間」


曲「もう一度あなたと」


曲「あなたと私の道」


曲「秋風」


曲「あなたの瞳」


曲「雪の二人」


曲「あなただけ」


歌「愛しいあなた」2006.4.24


歌「月光」2006.4.25


歌「自分を好きになりたい」2008.8.16


曲「おやすみなさい」


歌「遥かなるあなたへ」2009.2.3


回覧板さんの詩に作曲


歌「さくらのうた」


曲「旅立ちの歌」


歌「おもかげ」


歌「鳥のうた」


歌「みなもに名を書きし者」


歌「思い出すこと」


歌「リラの門」


歌「愛」


歌「願い」


曲「神様のハンカチーフ」


歌「海の匂い」


歌「鎮魂歌」


歌「別離」


yosiさんの詩に作曲


歌「かすみ草」


歌「驟雨」


歌「あなただけではありません・・・」


他の方の詩に作曲


歌「山姥」 影絵「山姥の鏡」より


歌「自分の皮」 影絵「山姥の鏡」より


歌「スキヤキ組の歌」愛先生と子ども達


曲「ダンスナンバー」


歌「ありがとう」作詩ミンミ


歌「ありがとう、君へ」作詩 mappun


曲「素直な想い」作詩すぴすさん


曲「安らぎ」


曲「虹のムコウへ」作詞 すぴすさん


歌「憧れて秋」作詞 美憂ひかりさん


曲「空」作詩まりあーじゅさん


曲「クリスマスソング」


歌「紫苑」作詞美憂ひかりさん


歌「新月の円舞踏」作詞アリスMOONさん


曲「果てのない道」作詞すぴすさん


曲「花は咲いているかい?」作詞アリスさん


曲「いのちのうた」作詞愚信さん


曲「1年1組のうた」作詩1年1組のみんな


曲「束の間の幻」作詩アリスMOONさん


曲「鎮魂歌」BGM


歌「5年2組の歌」作詞5-2の子供達2007.4


歌「虫歯かな?」作詞:保健委員会2007


歌「まちこの恋は白い雪の中」神風スズキ


歌「神様お願い」作詞CHOCO2010.9.14


歌「暗い部屋」作詞CHOCO2010.9.22


手作りアルバム(絵本)


ビーズ小物


タグ説明


マウスで変わる画像


固定壁紙


便箋風日記のタグ


音楽の載せ方


音楽ファイルの作り方


工事中


テスト


思案中


「Climb every mountain」


動画と詩


紅葉


夜桜


Welcome


雪降る日


眠れぬ夜


湖底の想い


星落つる時


月明かり


人魚姫


白い世界


雪解け水


華やいだ紅葉


2001年ハロウィン


小説


「見果てぬ夢」NO.1(1.2)


「見果てぬ夢」NO.2(3.4.5)


「見果てぬ夢」NO.3(6.7)


「見果てぬ夢」NO.4(8,9)


「見果てぬ夢」NO.5(10,11)


「私を呼ぶ声」1


「私を呼ぶ声」2


「嵐のように」1


「嵐のように」2(最終回)


「十三夜の面影」1


「十三夜の面影」2


「十三夜の面影」3


「十三夜の面影」4


「十三夜の面影」5


「十三夜の面影」6


「十三夜の面影」7


「十三夜の面影」8


「十三夜の面影」9


「十三夜の面影」10


「十三夜の面影」11


「十三夜の面影」12


「十三夜の面影」13


「十三夜の面影」14


「十三夜の面影」15


「十三夜の面影」16


「十三夜の面影」17


「十三夜の面影」18


「十三夜の面影」19


「十三夜の面影」20


「十三夜の面影」21


「十三夜の面影」22


「十三夜の面影」23


「十三夜の面影」24


「十三夜の面影」25


「十三夜の面影」26


「十三夜の面影」27


「十三夜の面影」28


「十三夜の面影」29


「十三夜の面影」30


「心の声」1


「心の声」2


「心の声」3


「心の声」4


「心の声」5


「心の声」6


「心の声」7、8


「心の声」9


「白蛇の道」1


「白蛇の道」2


「白蛇の道」3


「白蛇の道」4


「白蛇の道」5


「白蛇の道」6


「白蛇の道」7


「白蛇の道」8


「白蛇の道」9


「白蛇の道」10


「白蛇の道」11


「地獄への道連れ」1


「地獄への道連れ」2(最終回)


「メビウスの輪」1


「メビウスの輪」2


「メビウスの輪」3


「メビウスの輪」4


「メビウスの輪」5


「メビウスの輪」6


「メビウスの輪」7


「メビウスの輪」8


「メビウスの輪」9


「メビウスの輪」10


「メビウスの輪」11


「メビウスの輪」12


「メビウスの輪」13


「メビウスの輪」14


「メビウスの輪」15


「メビウスの輪」16


「メビウスの輪」17


「メビウスの輪」18


「メビウスの輪」19


「メビウスの輪」20


「メビウスの輪」21


「メビウスの輪」22


短編「木霊に導かれて」


童話「ベラのペンダント」1・2


童話「ベラのペンダント」3


童話「ベラのペンダント」4


童話「ベラのペンダント」5


童話「ベラのペンダント」6


童話「ベラのペンダント」7


童話「ベラのペンダント」8


童話「ベラのペンダント」9


童話「ベラのペンダント」10


童話「ベラのペンダント」11


童話「ベラのペンダント」12


童話「ベラのペンダント」13


童話「ベラのペンダント」14


童話「ベラのペンダント」15


童話「ベラのペンダント」16


童話「ベラのペンダント」17


童話「ベラのペンダント」18


童話「ベラのペンダント」19


童話「ベラのペンダント」20、21


童話「ベラのペンダント」22,23(完)


おやこ劇場


どんぐりっ子


子どもの人権講座


人形作り


おはなし広場、布芝居


パネルシアター


ハロウィン


夏祭り


おやこキャンプ


春祭り(ハリーポッター)


ケーキ作り


リンゴ狩り、ローラー滑り台


短歌


短歌2


短歌3


喘息発作の短歌


短歌4


俳句


俳句2


俳句3


喘息発作の俳句


俳句4


連句


連句(織姫さんと)


連句(花調べの巻)


付け句、返歌


付け句、返歌1


好きな詩人、作家


永瀬 清子


マーガレット・F・パワーズの「あしあと」


中原中也「汚れつちまつた悲しみに」


「落葉」上田敏ヴェルレーヌ「秋の歌」訳詩


フランス旅行 2013.8.4~11


ドイツ・スイス旅行 2015.8.1~8


次女の結婚式の写真(2015.6.28)


Archives

2006.07.31
XML
カテゴリ:小説
yousei77cy.jpg

会社の同僚である彼女が行方不明になり、

いろんな噂が飛び交った。

家出や事故ではないかとか、

誘拐や殺人などの事件に巻き込まれたのではないかと。

それでも、警察は調べに来ない。

家族から捜索願いが出たらしいが、

成人女性が失踪しても、

なかなか警察は調べてくれないらしい。

そんなものかと落胆する一方、

調べられないことにホッとする自分。

私の身代わりに彼女が地獄に落ち、

それを見殺しにしている。

何も言わないことで、私も心の地獄に居る。

うちに帰り、このまま黙っていようと思ったが、

やはり耐えられない。

彼女は子供を残して神隠しのように消えた。

放っておけば、噂も消えるかもしれない。

でも、同じ子供を持つものして他人事とは思えない。

怖くなって誰かに話そうにも、

その人を巻き込んでしまう。

主人に言って、二人とも地獄に落ちれば、

3人の子供はどうなってしまうのか。

迷った挙句、ネットで知り合った男性に

メールで相談することにした。

彼は天涯孤独の身の上で、私に好意を持ってくれている。

メール交換を続け、会いたいとも言われたが、

断り続けてる人だ。

私も好きだが、会ったらどうなってしまうのか、

予想がつくだけに会えない。

でも、彼と一緒なら地獄に落ちても構わないとさえ思っていた。

それなら会ってもいいはずなのだが、

やはり子供は捨てきれなかった。

メールには詳しいことは書けなかったが、

事情をほのめかすと、

彼も地獄に落ちても構わないと言ってくれたので、

勇気を出して打ち明けた。

しかし、不思議なことに地獄には落ちなかった。

彼も私も、メールで「血塗られた部屋」の秘密を話しても大丈夫。

口に出して言わなければ平気ということか。

彼はこのことを言葉に出さないから会ってくれと言う。

会ってしまえば、そういう関係になってしまうだろうし、

何を口走るか分からない。

でも、地獄に落ちる覚悟までして、

話を聞いてくれた彼を無下にはできず、会うことにした。

彼と会っても、その話はせず、

見つめ合ってるうちに、関係を結んでしまった。

案の定「君となら地獄に落ちても構わない」と彼は叫び、

「私も」と答えてしまった。

そのとたん、全裸で抱き合ったまま、地獄に落ちたのだ。

気がつくと、大勢の人が私たちを見つめている。

あわてて彼が私を身をもって隠してくれたが、

囲まれているので、隠しようもない。

そこへ声が聞こえた。

「どちらか一方は、二人で納得すれば

現世に戻してやろう」と言う。

彼は「戻らない」と言ってくれた。

私は一瞬迷ったが、「私も戻らない」と答えた。

ここで裏切って戻っても、心は地獄のままだ。

彼は「子供のためにも君が戻るべきだ」と言ってくれた。

自分は天涯孤独の身だからと。

でも、「実は死んだと言っていた母は、

離婚してどこかで生きてるらしい。

一目会っておけば良かったかな。」と言うのだ。

「母に会ったら、このことを告げて戻ってくるから、

先に戻ってもいいか」と言う。

私に「駄目」なんて言える訳がない。

私が彼を道連れにしてしまったのだから。

でも彼を待つのは、小説「走れメロス」に出てくる

メロスを待つ「友達」のような複雑な気分。

彼が戻ってくると信じてはいるけど、

母に会ったら現世に未練が残るだろう。

でも、信じて送り出すしかない。

たとえ戻ってこなくたって、もともと私だけ

地獄に落ちるところだったんだから。

「無事にお母さんと会えることを祈ってるわ。」

としか言えなかった。

彼を送り出し、ふと回りを見回すと

同僚の彼女が居るではないか。

彼女は私に近寄ってくると、

いきなり平手打ちをあびせた。

「あなたのせいで私はこんなところに来たのよ。

あなたが居ないので心配してパソコンを覗いたからなんだから。

でも、あなたもここに居るということは、

秘密を言わないと誓えなかったということ?」と聞く。

私は彼女に詫びて、ここに来るまでの顛末を話した。

彼女は最初うなずきながら聞いていたが、

段々感情が高まってきたのか

「もう聞きたくない。」と耳を塞いだ。

私の話から子供のことを思い出したらしい。

それでも懺悔のように彼のことまで全部話した。

「それなら私にはあなたの代わりに

現世に戻る権利があるはずだわ。

もし彼が戻ってきたら、私が代わりに戻してもらう。

まあ、あなたが私を見殺しにしたように、

彼もあなたを見殺しにして、戻って来ないと思うけど。」

と冷たく笑って言い放った。

それからしばらく彼女とも話さないまま、彼を待ち続けた。

やはり彼は戻ってこないのだろうか。

まだ若いのだし、人生これからだもの。

わざわざ自分から地獄に落ちることはないのだ。

そう自分に言い聞かせていたころ、

彼が戻ってきてくれたのだ。

やっと探し当てて会えた母を残して。

彼に彼女のことを話すと、

「そんな他人を戻すために、

僕は母を捨てて戻ってきたんじゃない。

君を戻すために、僕は母が地獄に落ちるかもしれない危険を冒してまで

母に秘密を打ち明けて戻ってきたんだぞ。」

彼は顔を真っ赤にして怒った。

「本当にごめんなさい。

お母さまにも申し訳ないことをしたと思ってる。

でも、彼女も子供を残してきたのよ。

このままでは許されないと思うの。

私もあなたと一緒に地獄に残るから、

彼女を現世に戻してあげて。」

必死に頼むと彼の顔色も心も落ち着いてきた。

「そうだな。君が戻ってしまったら、

僕は地獄で一人ぼっちだ。」

「そうよ。二人なら地獄に落ちても構わないと思ったんでしょ。」

彼も納得してくれたので、

彼女に戻ってもらうことになった。

彼女も子供に会えると喜んで戻っていった。

私は彼を残して自分だけ戻るわけにはいかない。

彼女を道連れにはしたくないし、

自分の意思で一緒に来てくれた彼こそが道連れだ。

「地獄の沙汰も金次第」というけど、

「地獄の沙汰も道連れ次第」

彼が道連れなら、地獄も天国に変わるのだ。

これからはずっと一緒なのだから。(完)






Last updated  2006.07.31 10:50:50
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.