174982 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FROST*

FROST*

PR

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

ニューストピックス

2012.05.05
XML
カテゴリ:フランス 色々
コリッシモ.jpg注意!!!
2011年6月時点での記載です。
現在は変更している恐れがあります。
常に最新の情報をお求めくださいね!

素敵な物に溢れてるフランス。

旅先で荷物が増えれば、小包を利用したくなるもの。パリにはクロネコヤマトもあるけれど、とってもお高い!

今回私は、郵便局からコリッシモを使って、一部の荷物を自宅へ送りました。
郵便局へ行くと、コリッシモの箱が並んでいます。
海外への発送はオレンジ色のボックス。一番大きいXLサイズを購入。上限7キロです。
箱は、詰めるのにちょっとコツが入りますが、しっかりめの段ボールです。

テープ等は不要ですが、ガムテがあれば安心できます。日本から少量持参していたので、それで補強しました。
←日本に着いた時の状態です。無事に届きました。
(∩´∀`)∩ワーイ

伝票の書き方はこんな感じです。
赤枠内は名前・住所・電話番号など。
上の赤枠が送り主、下の赤枠が発送先。上下とも日本の住所にしてしまいました。
本来は滞在ホテルにするようです。でも、私たちはアパルトマン滞在。
アパルトマンに送り返されても、受け取る人もいないものね。
郵便局でだいぶ揉めていたようですが、
「観光客なので」と強調すると納得してくれました。
コリッシモ伝票.jpg
黄色の枠内は、箱の中身。
私は、Les articles(雑貨)、Vetements(洋服)、Livres(本)等を送りました。
その隣の黄緑の枠内には、それぞれの個数を書きます。
紫の枠内には、おおよそのお値段を。
余り高い金額を書くと盗まれる可能性もあるようです。
一番下の右側に、日付とサインを書きます。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
こちらは、インボイス。
ほとんど送り状と同じ書き方です。
送り状と同じ色で枠を囲んであります。ご参考までに。
水色の枠内が送り状に無い箇所ですね。
合計金額と合致するように個々のお値段を書きます。インボイス.jpg

全ての書類を記入して、重さのチェックを受けたら、保険のお支払。
確か500ユーロの補償で3ユーロ位でした。
コリッシモ(箱代含むXLサイズ)が41ユーロだから、5000円位で送れるってことですね。

外箱には大きく「別送品」と3箇所も(笑)書いておきました。
郵便局の人は笑ってましたが、私にとっては一大事!
関税がかからないように祈るばかりなのです。


6月30日に発送して、7月6日には到着。
一週間であっさり届いてしまいましたとさ(笑)






最終更新日  2013.07.27 23:49:40
コメント(0) | コメントを書く
[フランス 色々] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.