000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FROST*

FROST*

PR

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

ニューストピックス

2013.02.03
XML
カテゴリ:フランス旅行 2011
オペラ座4.jpg2011年6月28日


幕間で友人と再会したら、席を交代。

3EMES LOGES
  DE COTE 3

と言う席へ移動。
後半は舞台に向かって左側、舞台すぐ脇のボックス席でした。

友人は厭がっていましたが、私はこの席とっても憧れていたので、嬉しかった。

よく映画なんかで、このボックス席で観劇してるシーンを見るじゃないですか(笑)。

尤も、座席の種類としては、下位のレベルにはなるんですけど。
舞台方向.jpg前半の席とは違って、緞帳がこんなに近い!

手を伸ばしたら、届きそうな感じがします。
真正面方向.jpg座っている座席に相対する正面はこんな感じです。

装飾がとても綺麗ですよね。うっとり♪

前半の席とは違って、小さいサロンのような作りになっていて、足元も何もかもゆったりです。
ま、これが普通なんですけどねー(^_^;)
こんな椅子.jpg私が座ったのは一番前の左端。

乗り出すようにして写真を撮ることもできました。

本当はこんな椅子の写真を撮ってる人って誰もいない(笑)とは思うんだけど、オペラ座の席ってどのようになっているのか事前に知るのが難しかったので、私はアップしてみました!
(*´σー`)エヘヘ

前半の座席の写真も撮っていたのですが、余りにも狭くて暗かったので上手く撮れず、アップは控えました。
スミマセン_(._.)_
オーケストラ頭上.jpgさて、座席から乗り出すようにして、真下を見るとオーケストラ席がよっく見えます。

練習風景を見られるのも大きな収穫。興味深いです。
オーケストラアップ.jpg譜面を照らす照明が、楽員の方々への間接照明となって、う、美しい・・・。

舞台装置に溶け込んでいますね。

中央のチェンバロはライトアップされていて、とても綺麗。
ズームすると譜面が読めそうでした。
指揮者の方は指揮をしつつ、チェンバロを弾きこなす非凡な方でした。
フランス式のチェンバロで、白鍵と黒鍵がピアノと逆になっています。
ピアノを弾いていた私からすると、不思議な感じ。
譜面も見える.jpg

あ、今更ですが(;^ω^)・・・
演目はCosi fan tutte コジファントゥッテでした。
登場人物が少なく、事前にDVDで予習もしたので、楽しめました。
写真は舞台挨拶の場面です↓コジファントゥッテ.jpg


大きな拍手と歓声。
高揚した気持ちは、潮が引く様に凪いでいきます。
クロークで荷物を受け取ったら、外へ。

火照った心に、まだ蒸し暑い微風。
バスに乗ってアパルトマンへ辿り着いた時には、
夢の扉の一歩手前。心地よい疲れ。
お休みなさい、また明日!夜のオペラ座.jpg






最終更新日  2013.07.27 23:41:35
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.