174926 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FROST*

FROST*

PR

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

ニューストピックス

2013.07.25
XML
カテゴリ:フランス旅行 2013
タッセル1.jpg大好きなモンマルトルのタッセル屋さんにて購入。

微妙なカラーの違いに迷うこと数十分。

私と母の2個分を残して全てお土産として旅立っています。

タッセルは他にも沢山買いました。

また後日!
バター各種.jpg前回2011年にもしっかり買って帰りましたが、

今回もバターを。

マリーアンヌ・カンタンと
ボルディエそして
パスカル・ベイユヴェール

今回は前回よりも持ち帰り方法をグレードアップさせました。

ですので、真夏の南仏からでも安心して持ち帰る事ができました。

いつかブログに記載する予定です。
ブイヨン.jpgBIOのブイヨン。

前回買って帰ってとても美味しかったので、今回は多めに購入。

お料理好きの方にも一つ差し上げました。


ポトフやシチューに欠かせません。
クッキー.jpg南仏はサンレミにある、ル・プティ・デュックにて食べ歩き用に購入。

あ、勿論お土産も購入しました←後日掲載


これを食べてお水を飲んで、サンレミの朝市を眺めたものです。

サブレとジャムを挟んだチョコレートクッキー。

母と二人で一枚ずつ!
ジャム.jpg宿泊したシャンブルドットにて。

ご主人が、お庭で採れたイチジクをジャムにしてくれました。

日本へのお土産用にと戴いたもの。


採れたてのそのままでもとてもおいしかったイチジクは、更に濃厚な味になって。

思い出と記憶に残るジャムです。
プロヴァンスそのもの.jpgシャンブルドットの朝食では、トマトの上にハーブ・ド・プロヴァンスとオリーブオイルそして、カマルグのお塩をかけたものが出されていました。
これが、絶品!なのです。

ハーブ・ド・プロヴァンス(読み方としてはエルブ・ド・プロヴァンス)とは、南仏で採れるハーブをミックスしたもの。

お店やお家によって配合が変わりますが、「何と言っても大切なのはタイムです」

そう言ってシャンブルドットのご主人はお庭でハーブを摘んで、差しだしてくれました。

左がタイム、右がローズマリー。

日本に帰国して同じようにトマトのサラダを作ったら、一気に南仏の香りが溢れだしました。
ラベンダーの香り.jpgこちらも記憶に残る
      ラベンダー畑




ラベンダーの香り

PRICELESS!!!


南仏 ソー村にて
ラベンダー.jpg南仏ではラベンダーツアーに参加しました。

火曜日だったので、ゴルドの朝市へ。


ゴルドの朝市にて売られていた、ラベンダーと麦をブーケ上にしたもの。

美しく、香り高い。
ジャムいっぱい.jpgホテルの朝食に出ていたジャム。

お土産用にも。
空きビン.jpgこちらはボンヌママンのプチサイズジャム。

カフェに入ってタルティーヌを注文したら、付いてきました。

カフェの方に許可を得て、瓶をお持ち帰り。

クリップ入れたりするのに活躍します。

右は、ボンヌママンのクレームブリュレの空き瓶。

可愛かったのでスーツケースが重くなることを覚悟で持って帰ってきました。



続く。






最終更新日  2013.07.25 00:10:09
コメント(0) | コメントを書く
[フランス旅行 2013] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.