175062 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FROST*

FROST*

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

那須

2012.05.18
XML
カテゴリ:那須
絞るヨーグルト.jpg那須で買ったもの。

絞るヨーグルト@月井酒店

テレビで見て、「ワ~おいしそ!」って思って那須での販売店を調べました。

那須ではNAOZO(パン屋)さんと月井酒店さんが別荘近くの販売店でした。

NAOZOさんはこの日、ゴールデンウィークの代替休業だったようで、月井酒店さんへお邪魔。

とっても優しい店主さんご夫婦で、色々とお世話になってしまった(^_^;)。

その節は本当にありがとうございました。
絞るヨーグルトを絞る.jpg添加物は一切使われていないんですね。
素晴らしい。そしておいしい。

やや粘りのあるヨーグルト(カスピ海程ではなく)ですが、乳清が滴る感じはないので、濃厚。

手軽にムニュっと絞り出せて、発想の良さとネーミングの勝利(笑)。

無糖と加糖がありますが、私は無糖タイプを。

家にあった蜂蜜(結晶化しちゃってますが)を乗せたり。

マヨネーズの容器と同じものなので、冷蔵庫の中で寝かせて仕舞えるのもいいんじゃない?
たまり漬け大根.jpg那須に行くたび、気になってたお店。

つけもの樋山

入店すると、試食を出してくれました。

お皿に全種類が少量ずつ乗せられ、お茶まで添えられて。

おまけに、温かいご飯を小さめに握り、その上にたまり漬けを乗せた握り寿司風のものまで。

椅子に座っての試食でしたので、軽く食事気分です(笑)。

大根、茄子、生姜、茗荷、ミックス、胡瓜等々。

どれもおいしかったですが、大根を購入。
漬物寿司.jpg東京の自宅へ戻って、早速、漬物寿司風にしてみました。

たまり醤油って「濃い!」ってイメージでしたが、角のとれた塩っけでいくらでも食べられそう。

薄くスライスしてあるので、ご飯に乗せて食べるのに丁度良い具合。

父も大喜びで頬張っていました。

いくつ握ったっけなぁ・・・(笑)

ラップで握ると旨く握れますぞ。
NAOZOのパン.jpgお次はNAOZOのパン。

ここは那須に行くと必ず寄るお店です。
那須での朝食はここのパンですし、お土産にも。

この日はイチジクのベーグルとピーカンナッツのタルト。

NAOZOさんのベーグルは日々進化してますね。
昔よりも引きが強くなっておいしいです。

那須でベーグルを買うならBagel que-veauなのですが、NAOZOも負けてないかも。

ピーカンナッツのタルトは曜日によって無い日もあるけれど、この日は巡り合うことができました。このザクザク感。最っ高です。

店内で売られていたクリームチーズもミルクの甘みが強くておいしかった。
ダリアの陶器.jpg別荘とは言え、旅行に行くと必ず胃腸をヤラレてしまうので、帰宅後は食事を控えて摂生に努め、体に優しい根菜のスープを作りました。

那須と関係ないじゃん!なんて言われそうですが、実はこの器を那須で買ったのです。

わっぱ飯「おだやか」さんの店内で売られていました。
一目ぼれ♪

軽くて薄くて、絵柄も素敵。

普段使いの茶碗としては高めのお値段ですが、小鉢としても使える見込の広がりがあるので、活躍の幅は広いと見て、母が購入にGOサイン。
ダリアの陶器(3).jpg甘過ぎないダリアの柄。

母と、「これで竹の子御飯を食べようね!」と約束しましたが、一番使いはスープになっちゃった(笑)。

後に伺った月井酒店(絞るヨーグルトを買った)さんで、同じ陶器を見かけたのでお話をしていたら、わっぱ飯「おだやか」さんとは姉妹なのだそうです。

当然趣味も似通っていらっしゃるので、一緒に仕入れられているのだとか。
世間って狭いわ。

お陰さまで話が弾んで、楽しいお買い物になりました。
ダリアの陶器(2).jpg


それにしても、本当に素敵。

当分の間は、使う度に口福と幸福の両方が味わえるね。













以上、那須で買ったものたちでした。






最終更新日  2012.05.18 00:21:12
コメント(0) | コメントを書く


2012.05.17
カテゴリ:那須
那須の滝.jpg先週は那須へ行きました。
今年初めての那須です。

新緑が美しく、目にも鮮やか。
が、如何せん寒過ぎた。

フリースの下にヒートテック着ててもブルブル。
2か月前に逆戻り。
風が強かったので、那須に行くと日課にしているお散歩も、一日も出来ず。

ゴールデンウィークを外してるとは言え、別荘地が閑散としてたのは、気温のせいだろうなぁ。

5日間の滞在中、昼間でもずっとストーブとお友達。

悔しいので、温泉に3回、足湯に2回も浸かり、温泉三昧。
はぁ~極楽極楽♪

ヌクヌクした足で、道端の滝をちょびっと覗いたのが、唯一の観光かしら?(笑)
ほしの蕎麦.jpgあとは、お食事。

我が家は3人とも、お蕎麦が大好き!
那須へ行くと必ず何件か伺います。

今回お伺いしたのは、

山里料理とそば「ほし」

別荘地の中にひっそりと佇む小さなお蕎麦屋さんです。

蕎麦のコースから「山里」をチョイス。

しろがね(真ん中)とくろがね(両脇)の2種の蕎麦が盛られていて、それ以外に雑穀ご飯や小鉢が付きます。
メニュー.jpgメニューには細かく説明が付いていました。

お店の中には薪ストーヴ。
優しい温かさに包まれて、お蕎麦を堪能できます。

私たち以外にも先客が3組も!
流石、人気のお店ですね。
お香こ.jpg香の物も付いてきました。

あぁ、日本人で良かったなと思える滋味深さ。

良い漬かり具合でした。
蕎麦湯.jpg蕎麦湯は、こんな陶器のポットに入れられてきます。

手前に置いてあるのは、蕎麦湯に浮かべるための薬味。

細やかな心配りですね。

蕎麦湯用の薬味があるのは、生まれて初めて(笑)です。

小さな麩と葱、紫蘇。
デザート付き.jpgデザートも付いてきます。

優しい甘さの苺シャーベット。
(この日は寒かったので、やや辛かったです)(^_^;)

そして温かいそば茶。

かなり満腹コースです。


おいしかったですけど、私たち家族の好みの蕎麦とは違うかしら?
とも思いました。





実は、那須ではもっともっとお気に入りのお蕎麦屋さんがありまして。
石心入口.jpgそのお店はこんな小道を歩き、入り口へと向かいます。

超が付く程の大人気店です。

その名は「石心」

もう3回程お邪魔しています。
番号札.jpgこの札を見れば「おぉ!」と分かる方もいらっしゃるかも。

11時30分開店と同時に席に着きたい方の為に、5組までの木札が用意されています。

この日、5番札をゲット。
4組目(4番札は欠番です)に入れることになりました。
\(^o^)/

お腹を空かせて、11時30分少し前に到着。

名物おかみ(笑)に案内されて、店内へ。
石心メニュー.jpgいつも注文するのは、天ぷらもりそば。

創作蕎麦もありますが、お蕎麦自体が本当においしいので、もりで味わうことをオススメします。
石心のそば.jpg手打ち蕎麦は、荒挽きの蕎麦粉の星が浮かんで見えて美しい。

透明感ある瑞々しい色合いは、口に運ぶ前から美味しさを味わえる。

一口目は塩でいただき、蕎麦の香りを味わいます。


はぁ、贅沢。
蕎麦のアップ.jpgこんなに見目麗しい蕎麦がおいしくない訳はないのでして。
(ΦωΦ)フフフ…

やや盛りが少ないと思われる方には大盛り(+150円)も出来ます。

大盛りにすると、たっぷりの辛味大根が付いてきます(これがまた旨いんだ)。

父が大盛りでしたので、辛味大根を母と私で貰い受け、蕎麦ツユに落としてあっさり目に戴くのも、また乙でした。

近々再び、お邪魔する予定。
( ̄ー ̄)ニヤリ



そうそう、那須のお土産も買いました。
次回、ご紹介いたします。






最終更新日  2012.05.17 00:12:47
コメント(1) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.