2267456 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FPのひとり言

PR

サイド自由欄

カレンダー

フリーページ

日記/記事の投稿

プロフィール


FP2006

バックナンバー

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

準いちろう銘柄15%… New! えむ5678さん

ありがとう〜 New! いたる34さん

2019PF概況265位、コ… New! みきまるファンドさん

コメント新着

コメリは変なのバカリしかいない@ Re:謝らないコメリの責任者(次長)は如何なものか?(03/30) 店舗を建てる時に必要な業者ですら変なの…
被害の1人@ Re:謝らないコメリの責任者(次長)は如何なものか?(03/30) コメリの店長、次長は新入社員レベルです…
ねこねこ@ Re:geekerの無料登録は詐欺まがいだ(01/03) こんにちは 私も登録をしてしまい、勝手に…
2010.02.05
XML
カテゴリ:株式・金融市場


★新型インフルエンザA(H1N1)対策に!空間除菌・消臭ゲル クレベリン★


インフルエンザの流行状況 - 日本


あなたの保険料は適正ですか?



東証終値1万円割れ寸前 米国株暴落、円高進行など嫌気

5日の東京株式市場は、米国株暴落や急激な円高進行などを嫌気して、全面安の展開となった。
日経平均株価は大幅続落し、前日終値比298円89銭安の
1万0057円09銭でこの日の取引を終えた。

前日の米国市場は、ギリシャなど南欧諸国の財政悪化を懸念した欧州市場の株安や、
米新規失業保険申請件数の予想外の増加を受けて急落。

ダウ工業株30種平均は取引時間中に一時、1万ドルを約3カ月ぶりに割り込んだ。
終値は前日比268.37ドル安の1万0002.18ドルで、昨年11月4日以来の安値。
1日の下げ幅としては昨年4月以来、約10カ月ぶりの大きさだった。

ナスダック総合指数も同65.48ポイント安の2125.43で終了。
終値ベースで昨年11月6日以来の低水準となった。

続くこの日の東京市場は、取引開始前の外資系証券の売買注文が260万株の売り越し。
自動車や電機、商社、鉄鋼、不動産、証券株など幅広い銘柄が売られた。
日経平均の下げ幅は一時300円を超え、
1万円の大台割れまであと37円の水準まで落ち込んだ。

市場では「米国株急落と急激な円高進行が加わり、市場は悲観一色となった」(中堅証券)
との声が聞かれた。

また、「輸出主導で回避されるとみられていた景気の二番底懸念が
円高の進行で再燃してきた」(大手証券)との指摘もあった。

トヨタ株は、値ごろ感が出てきたうえ、業績の上方修正で買い安心感が広がって
「個人投資家の強烈な買い」(ネット証券)が入り、終値は前日比35円高の3315円だった。


世界時計











最終更新日  2010.02.06 01:36:12
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.