569041 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本で一番フラフラしている酒飲み子育てSOHOの日記(旧:えふのへや<別館>)

February 2, 2007
XML
カテゴリ:うちの一族
うちの始まりは、東春日井郡史、愛別町史、存命の方の聞き取りなどを総合して判断すると、明治31(1898)年の愛別村への入植第2陣に東春日井郡から参加しともに入植したと思われます。
その頃の、東春日井郡周辺は、地震と水害でかなり被害を受けていたらしく、現在の石狩市や八雲町に東春日井郡、西春日井郡、丹羽郡の三郡合同での入植が相次いでいたようです。
年齢上の筆頭は、重兵衛という人で東春日井郡のどこか(厳密な住所確定は未だ出来ず)に居を構えていた彦左衛門という方の4男です。春日井出立時にその長子の和三郎に家督を相続し、到着後間もなくに、重兵衛の5男の甚市(当時13歳)を分家させ重兵衛自身はその甚市の籍の中に入っております。
ところが、納税者を軸とした当時の中愛別の戸籍情報には、和三郎のみが出ていて肝心の甚市(当然、隠居扱いの重兵衛も)は出てきません。どうも、存命の正義さん(写真の馬上の方)の話だと、分家した後も、重兵衛他は和三郎宅に同居していたようです。ただ、甚市の弟に当たる方が先に納税者リストに顔を出した所を見ると、他の事情もあったのではないかと思われます。

で、大正5年に写真のお店「舟橋商店」を中愛別地区の国道沿いに出店します。このときに、甚市(当時29歳)は和三郎の家を出て、独立したと思われます。そういう意味では、北海道の僕の祖先の立てた初めてのうちです。
この後、大正11年(1922年)に石北本線の旭川愛別間、翌12年(1923)に愛別上川間が開通し、昭和7年(1932)には旭川~網走間が全線開通し、人の流れが国道から鉄路に移る中で、業績が悪化し、店を手放し、旭川の中心部に出てきたそうです。






Last updated  February 2, 2007 01:22:59 PM
コメント(2) | コメントを書く
[うちの一族] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

October , 2020
September , 2020
August , 2020
July , 2020
June , 2020

Comments

ミツドウ@ Re:ヒューマニング概論:ヒューマニングとは(08/16) ヒューマニングよりも詐欺で訴えられてい…
さの4117@ Re:【読書メモ】スティーブ・ジョブズ神の遺言(12/11) はじめまして私のサイトを紹介していただ…
XRumerTest@ Test, just a test Hello. And Bye.
XRumerTest@ Test, just a test Hello. And Bye.
boreimmonia@ How to help keep Puggle Puppies from Running Away composed by hsm 2012-06-04

Favorite Blog

京成立石「四ツ木製… New! ショテマエさん

今週のコストコはこ… New! さるる5さん

帰ってきた?なぞ?… 松下一郎さん

Profile


mfuna0401


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.