5109769 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふるた技工所(てっこうしょ)

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Aちゃん22

フリーページ

2007.11.12
XML
カテゴリ:ソフト開発日誌
(11/14 追記 cpuspeed を無効にすることで解決した)
調子が悪かったので、今日は休みにした。少しだけ動ける元気があったので、GENO 中古 IBM ThinkCentre S50 8183-A6J に Vine Linux 4.1 を再インストールして低速現象の対策をしてみた。boot オプションに mem=503M を追加した。

まだ半日たっていないので結論は出せない。取りあえずは調子が良さそうだ。(11/12 23:51 追記 →やっぱり速度低下発生、mem= オプション効果なし) 一応関係しそうな条件を列挙する。
  • Linux 2.6.16-0vl68
  • CPU: Celeron 2.1GHz(cpu family, model, stepping=15,2,7)
  • Chipset: i865
  • Memory: 512MiByte
  • On board VGA: enabled 8MiByte
mem=503M に決定した強い理由は特にない。dmesg の メモリマップ、cat /proc/mtrr の結果から、0x1f700000(= 503Mi) で制限しておけば、ACPI data に被ることもないし、reg01 の uncachable と被ることもない。0x1f700000 - 0x1f76ffff の領域は捨てることになると思う。

$ dmesg
- 省略 -
BIOS-provided physical RAM map:
BIOS-e820: 0000000000000000 - 000000000009f800 (usable)
BIOS-e820: 000000000009f800 - 00000000000a0000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000000e0000 - 0000000000100000 (reserved)
BIOS-e820: 0000000000100000 - 000000001f770000 (usable)
BIOS-e820: 000000001f770000 - 000000001f77a000 (ACPI data)
BIOS-e820: 000000001f77a000 - 000000001f780000 (ACPI NVS)
BIOS-e820: 000000001f780000 - 0000000020000000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000fec00000 - 00000000fec10000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000fee00000 - 00000000fee01000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000ff800000 - 0000000100000000 (reserved)
0MB HIGHMEM available.
503MB LOWMEM available. ← でも 503M と認識しているようだしなぁ。

$ cat /proc/mtrr
reg00: base=0x00000000 ( 0MB), size= 512MB: write-back, count=1
reg01: base=0x1f780000 ( 503MB), size= 512KB: uncachable, count=1
reg02: base=0x1f800000 ( 504MB), size= 8MB: uncachable, count=1
reg03: base=0xe0000000 (3584MB), size= 128MB: write-combining, count=1

こんな所が Linux の面倒な所だ。特殊環境だけど、メモリ容量を変更する度に boot オプションを変更する必要が出てくる。






最終更新日  2007.11.14 23:24:02
コメント(0) | コメントを書く
[ソフト開発日誌] カテゴリの最新記事


カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.