5214400 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふるた技工所(てっこうしょ)

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Aちゃん22

フリーページ

2008.02.02
XML
カテゴリ:ソフト開発日誌
前の日記で書いたクレバリーの CB-IDEBSATA-03だけど、問題を起こすことがわかった。MB:IDE - HDD:SATA の接続で、急激な速度低下を起こしてアクセスできなくなる。以下はその前後に記録された dmesg の記録だ。

hdc: dma_timer_expiry: dma status == 0x20
hdc: DMA timeout retry
hdc: timeout waiting for DMA
hdc: status timeout: status=0xd0 { Busy }
ide: failed opcode was: unknown
hdc: drive not ready for command
ide1: reset: success

何回か同じ記録が続けて残っている。テスト方法は vfat でフォーマットしたパーティションに対して、スクリプトでひたすら連続書き込みをする。具体的には /dev/hdc でハードディスクを接続して、/dev/hdc1 を vfat フォーマットし、mount を済ませた状態で、次のスクリプトを実行した。

while ( true ); do dd if=/dev/zero of=/mnt/hdc1/Zero1G.bin bs=$(( 128 * 1024 * 1024 )) count=$(( 4 * 7 )); done

スクリプトを走らせる前は udma6 で動作している(別環境で再現確認のため別の PC に接続したため udma6 で動作させた)。しかし、途中で次のように約 55Mbytes/s から約 3Mbytes/s に速度低下を起こした。

3758096384 bytes transferred in 67.152086 seconds (55963956 bytes/sec)
読み込んだブロック数は 28+0
書き込んだブロック数は 28+0
3758096384 bytes transferred in 1048.338116 seconds (3584813 bytes/sec)
読み込んだブロック数は 28+0
書き込んだブロック数は 28+0

さらにしばらく実行した後スクリプトを停止して、様子を確かめたらアクセスできなくなっていた

root@ttyp0[hdc1]# dd if=/dev/hdc bs=512 count=1 | od -t x1
dd: reading `/dev/hdc': 入力/出力エラーです
読み込んだブロック数は 0+0
書き込んだブロック数は 0+0
0 bytes transferred in 1.180163 seconds (0 bytes/sec)
0000000

代わりに SD-ID2SA-A2 を買ってみた。完全に同等品ではないけど、こちらは同じテストで順調に動作している。

CB-IDEBSATA-03 は怪しい物だったらしい。






最終更新日  2008.02.03 01:10:55
コメント(0) | コメントを書く
[ソフト開発日誌] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.