5276144 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふるた技工所(てっこうしょ)

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Aちゃん22

フリーページ

2008.12.21
XML
カテゴリ:ソフト開発日誌
VMware server を Fedora8 に入れて試し運用している。Fedora8 と言っても、実際はカーネルを丸々入れ替え Kernel 2.6.26.6 に入れ替えている。

困ったことに、インストールしただけでは、web access 用のポート 8222, 8333 が開かない。もちろん vmware サービスは /sbin/chkconfig で on にしているし、Fire Wall の設定も確認している(Fire Wall なしだけど)。netstat -a でもリストに出てこない。webAccess プロセスから採取したログには奇妙なエラーが残っている。

当然の事だけど、ブラウザでアクセスしてもアクセスできない。

不思議な事に /etc/init.d/vmware restart を行うと、web access が出来るようになる。netstat -a の結果も期待通りだ。

結局原因不明だ。次のように /etc/init.d/vmware スクリプトを変更して、init で起動後、30 秒経過したのちに vmware-mgmt を再起動することにした。diff -u 差分を示しておく。

root# diff -u vmware_orig vmware
--- vmware_orig 2008-12-13 11:38:58.000000000 +0900
+++ vmware      2008-12-21 18:00:03.000000000 +0900
@@ -1263,6 +1263,10 @@
             service_vmware "$1"
             service_vmware_mgmt "$1"
             service_vmware_autostart "$1"
+           (   sleep 30
+               /etc/init.d/vmware-mgmt stop
+               /etc/init.d/vmware-mgmt start
+           ) &
          ;;
          stop)
             service_vmware_autostart "$1"

前後の行も含まれているので、手作業の修正でも参考になると思う。

色々と、悪影響が無いかは確認しきれていないけど、init から virtual machine を立ち上げることも出来ているようだ。






最終更新日  2009.11.29 11:30:55
コメント(0) | コメントを書く
[ソフト開発日誌] カテゴリの最新記事


カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.