5125564 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふるた技工所(てっこうしょ)

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Aちゃん22

フリーページ

2009.07.08
XML
カテゴリ:電子工作
暫く放置していた 秋月 UAC3552A 基板 を Windows 7 RC の評価で使う事になった。オンボードのオーディオデバイスを認識できないので代わりに使うのが理由だ。

そのままでも、特に問題は無い。しかし、VBUS の消費電流は相変わらず大きいので、デジタルアンプ TA1011B を停止、 LTC1735 の出力電圧を 7.6V に下げた。結果として、VBUS 電流が 203.5mA になった。346mA 流れていた状況と比べると、電流はかなり減った事になる。

低消費電流化した 秋月 USB Audio 基板 - VBUS 電流は 203.5mA となった。バスパワー HUB にぶら下げるのは難しいが...

下は改造の様子だ。Vosense 入力の分圧抵抗、69.6KΩ(実測)を 43KΩに変更する。78M05 の入力に有る 10 Ωを外してショートする(ショートなので外す必要は無いけれど)。

秋月 USB Audio UAC3552A 基板改造 - 左より デジタルアンプ TA1101B 停止改造、昇圧電圧低下に伴い 78M05 入力抵抗を 0 Ωに、LTC1735 昇圧電圧を 7.6V に
さらに拡大 デジタルアンプの停止

この状態で LTC1735 の出力に異常は見られない。UAC3552A から出ている音にノイズが入る事もない。

発熱はかなり減る。いちばん熱いのは UAC3552A だ。今度は外したアンプの代わりをどうするかだ。10W も要らないので、小型のアクティブスピーカーで今のところは、足りている。

2012.9.23 追記: ヘッドホン出力周りノイズ低減改造

ちぐはぐな感は否めないが、10W の出力は持て余してしまうし。






最終更新日  2012.09.23 02:59:24
コメント(0) | コメントを書く


カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.