5110896 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふるた技工所(てっこうしょ)

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Aちゃん22

フリーページ

2021.01.03
XML
カテゴリ:修理記録
ハードオフで税込 330 円でスイッチ付き HUB を買う。見た目で Super Speed 4 port, High Speed 3 port 構成だった。



裏側のラベルに型番らしき表記が無い。青色をしたポートがあるのに High-Speed USB Hub MANAGER と書いてある。USB 3.0 USB 2.0 が併記してあり仕様が謎だ。



鑑定できないから、330 円でジャンクになったのだろうか? スイッチ付きの HUB で使い勝手が分かりにくいのが安さの原因だろうか?

店で見たときに Self Power で使うための DC in 端子が真っ黒くなっていたことを確認していた。恐らく前の使用者は Self Power で使ったことが無いと考えられる。



Super Speed は 1 ポート当たり最大で 900mA 流れる。BUS Power で使うには電力不足になってしまう場面が多く、実用にならなかった様に思う。

開けてみる。ネジ山が潰れ掛かっていた。ジャンパー線が掛かっていた。あれ?修理を試みたの?フラックスと半田が飛び散った屑が広がっていた。状態が良くない。ショート気味だったのかな。



部品面を見てみる。VBUS を On/Off する alternate プッシュスイッチ、左側に FE1.1 High Speed USB HUB controller, 右側に VL812 Super Speed USB HUB controller が見える。



使用している FE1.1, VL812 の機能を考えると、スイッチの On/Off を Hub port disabled と言った status として捕らえることはできない。あるいは能動的に Hub port disabe/enable と言った制御も出来ない。



うーん、FE1.1 と VL812 の組み合わせ、もしかして USB 規格に照らし合わせて、規格違反なのかな。

USB 3.2 規格に次の様な一節がある。太字で強調した部分に違反しないように構成する方法有ったっけ?思いつかない。

3.2.6.1 Peripheral Devices
A USB 3.1 peripheral device must provide support for both Enhanced SuperSpeed and at least one of the USB 2.0 speeds. The minimal functional requirement for the USB 2.0 speed implementation is for a device to be detected on a USB 2.0 host and allow system software to direct the user to attach the device to an Enhanced SuperSpeed port. A device implementation may provide appropriate full functionality when operating in the implemented USB 2.0 speed mode.
Simultaneous operation of Enhanced SuperSpeed and USB 2.0 speed modes is not allowed for peripheral devices.

VL812 の足回りを確認する。LED を追加できないだろうか?LED 端子が出ていない?側面に半田が付きそうな端子が見えない。



この HUB を使うための留意・検討事項を挙げてみる。
  • 再半田付け、基板清掃、配線絶縁化作業が必要
  • BUS power では電力部不足になる
  • Self Power で使うための DC in 端子は黒化していて接触に難有り
  • DC in 端子の規格は不明、Center 2.1mm 仕様(何でも DC plug)が使えるように改造した方が勝手がよさそう
  • LED 取り付けは諦める(FE1.1 側は付くかもしれない)
  • VL812 + FE1.1 構成は USB 規格違反の可能性有り、FE1.1 側の接続と VL812 の一部ポートの接続がおかしい可能性あり
使う積もりで買ったんだよな... 長くなったので、一区切り付ける。続きの日記、Self Powered HUB として使うため調査と HUB tree 構造調査






最終更新日  2021.01.03 23:40:05
コメント(0) | コメントを書く


カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.