5108687 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふるた技工所(てっこうしょ)

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Aちゃん22

フリーページ

2021.02.25
XML
カテゴリ:お出かけ・買い物
足利で山火事が起きている。群馬県館林に住んでいたころに良く行ったところだ。車でふらっと行って、織姫公園を散策したり、朝早くから行道山を目指して、夕方前に戻るハイキングコースにチャレンジしたり。



標高や高低の変化は東京都高尾、埼玉県飯能 辺りのハイキングコースによく似ている。コースの難度は少し高く感じる。



足場に岩が多い。岩は細かく鋭くへき開している。滑りやすい。転んだり、足場を確保するために足を動かして岩に擦ったりすると、擦り傷ができやすい。神経を使うコースだ。



関東一円が一望できるとの触れ込み。うーん、記憶に有る限りだと、霞んで遠くが見えない。下の画像はスカイツリーができる前に撮影した。



むしろ栃木の山奥側の景色の方が印象に残った。こういった低い山々が連なる景色が日本のあちこちに普通にある景色なんだと思った。今となっては山向こうの地を思いながら旅をするなんて、出来ないよなぁ。



山火事なのに住宅地に迫っいるなんて? と思う人がいるかもしれない。ハイキングコースの道しるべに普通に谷合の住宅地に出る方向が書かれている。



もっとも、車で来ているので何かの緊急事態で住宅地に向かってリタイアしても、帰りに困ってしまう。地元の人向けのハイキングコースなんだと思う。



所々に見どころが有る。飽きないハイキングコースになっている。



ベンチに何げなく「大岩 行道山」と書かれている。行道山は少し遠く高低がある。昼前まで着く見込みが無ければ、途中引き返すのが賢明だろう。自分は目指した時に、コースタイムを勘案して途中で引き返した。



山道入口の織姫公園の紅葉が一番楽しみだったのかもしれない。



ここも記憶の向こうに有るだけの景色になってしまうの






最終更新日  2021.02.26 12:57:30
コメント(0) | コメントを書く


カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.