5124060 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふるた技工所(てっこうしょ)

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Aちゃん22

フリーページ

2021.03.07
XML
カテゴリ:電子工作
デジット(共立エレショップ)が閉店セールをしている。店舗移転が事情らしい。アナログなメーターは有っても良いかなと思い、ラジケーターを買う。



購入単位は 28 個入りの 1 箱だ。パッと見で気づく特徴はメーターの針が、右から左へ振れることだ。普通のメーターは左から右へ触れる。パネルのバックは非常に濃い橙だ。画像写りはほぼ赤だ。



メーターの配置は縦か、逆さの方が見慣れた方向になる。かなり経年しているのか、目盛板を固定している左右のポスト部分に塗布された接着剤は接着力を失い、崩れていた。容易にスケール板を剥がせる。

端子部分は黒くなっていた。酸化あるいは硫化していると思われる。半田付けを試みると、フラックスでは黒い皮膜を取ることができない。#2000 程度の耐水紙やすりで丁寧に磨くよりは、#1000 かそれより粗い紙やすりで磨いた方が半田が乗りやすいだろう。



目盛板を書き換えるつもりでスキャナで取り込む。クリックして得られる画像は 600dpi で実寸印刷できる画像だ。

横向きで取り込んだ目盛板


縦向きで取り込んだ目盛板


等間隔で 0 ~ 5 の数値が打たれている。端子電圧と針の振れを調べてみる。



Pointer position vs Input Voltage
Input Voltage [V]Position
1.62E-015.0
1.04E-014.0
6.87E-023.0
4.52E-022.0
2.61E-021.0
0.00E+000.0

2 次曲線を近似する様な感じだろうか?(電圧 to 針位置は 2 次関数の逆関数) 見た目と違い VU メータの様に人間の知覚に近い振れ方を意図している様に見える。

意外と難しいメーター?






最終更新日  2021.03.12 09:06:33
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:逆モーションの赤いラジケーター - デジット閉店セール(03/07)   伝達関数大嫌い さん
ご無沙汰です。
このメーターはステレオテープデッキ(死語)で使われていた物だと思います。
Lch Rch ステレオレベル表示でメーターを縦で使用しコイル側が外側で表示部が内側になるデザインのものです。Rch用は正モーションになります。
逆モーションは、むかーし秋葉原で安く売られていました。目盛り板を書くのであれば、上下逆さまにすると違和感がなくなります。そんなデザインのテープデッキもありました。
縦や逆さまにした時の引力の影響なんで誤差のうち、そんな時代の部品ですね。 (2021.05.17 16:56:18)

Re[1]:逆モーションの赤いラジケーター - デジット閉店セール(03/07)   Aちゃん22 さん
こんにちは 伝達関数大嫌い さん

> Lch Rch ステレオレベル表示でメーターを縦で使用しコイル側が外側で表示部が内側になるデザインのものです。Rch用は正モーションになります。

やっぱりそうでしたか、自分が小学生くらいの時にステレオカセットデッキのレベルメーターが針式メーターから LED バーメーターに変わりだしたのを覚えています。針式メーターで左右対向で配置して、小さくまとめた意匠デザインの製品が有ったような...といった記憶が微かにあります。

> 縦や逆さまにした時の引力の影響なんで誤差のうち、そんな時代の部品ですね。

そうなんですよねぇ。これでも昔は S メーターとか db メーターとして使っていて感覚と合っていました。一方で class 0.5 の様なメーターが有って、取り付け方向とか、視線にシビアなメーター有ったり。

こんなメーターでも目盛を振り直して、常用の電圧計や電流計として使って見ると、「あれ?おかしいぞ?」と言った気づきに繋がりやすいので、手元に有っても良いかなと思っています。今っ子はレベルメーターアプリを作るのかもしれませんが。 (2021.05.29 15:44:47)

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.