2008.09.23

Vine Linux 3.2 (Linux Kernel 2.4) を VMware Player で使おうとしたが駄目だった - リモート接続でマウスが斜めにしか走らない

カテゴリ:ソフト開発日誌
訳あって Vine Linux 3.2 (Linux Kernel 2.4) を VMware Player で使おうとしていた。ローカルのウインドウで操作する分には問題がない。VNC 接続でリモートから操作しようとすると、マウスが異常動作する。カーソルが斜めに走る。

あまり深くは追っていない。X11 のマウスドライバ vmmouse_drv.so が無いのが原因らしい。組み込もうとすると、かなり手が込む。X サーバー開発用のソースをすべて持ってきて、再コンパイルする勢いだ。古い Vine Linux 3.2 を持ち出す意味を失う。

VMware はハードの完全なエミュレーションを放棄しているのだろうか?高速化のためでもないのに、ドライバ(互換ミドルウエア)を組み込む必要がある。

リモートなんかで使わないで、メイン PC に VMware Player 入れれば良いだろうって?それもできない VMware は Host OS にも、色々と介入して動作を変えてしまう。





TWITTER

最終更新日  2008.09.24 02:43:03
コメント(0) | コメントを書く
[ソフト開発日誌] カテゴリの最新記事