000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

やさぐれ同盟

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

カテゴリ未分類

Mar 12, 2008
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
とつぜんですが。こっちで活動再開しました。
http://killallhippies.cocolog-nifty.com/blog/






Last updated  Apr 14, 2012 02:33:40 AM
コメント(72) | コメントを書く


Nov 13, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
タイトル『another girl,another planet(仮題)』
1グローバルな世界、企業城下町、包括的管理。
2自殺。
3夢の中で出会う違う星の女の子。
4姉。爆弾魔。
5地面に絆創膏を貼る幼女。壁の落書き。
6学校。

巨大な力と、それに圧殺される自我。

語り口はヴォネガット。テーマはピンチョン。エンターテイメントであること。
叙情を排し、ペーソスをもって。

ヒューマニズム。






Last updated  Apr 10, 2012 02:55:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 29, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
パスワードを失念していたため、ずっとログインできずにいたので放置して、mixiの方に引きこもっていましたが、今日、突然パスワードを思い出しました。

こっちでは、小説家志望の創作メモというか、やっとこさ書こうと思う小説に関するメイキングみたいなもんを書き綴っていこうかな…と思います。






Last updated  Apr 19, 2012 08:42:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 12, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
『ミュンヘン』観てきました。『宇宙戦争』の大傑作ぶりに、スピルバーグには期待を隠せません。

……しかし…長い…。最近は映画も3時間クラスのものが多くなって、どうにも辟易します。それだけならまだしも、予告編も20分くらいやってる気がします…。まあ、僕は映画が好きというよりも、映画館にいることが好き…というような気がするので別に良いのですけどね。

さて『ミュンヘン』。1972年ミュンヘン・オリンピック、黒い九月、PLO、モサド、ファタハ、バーダー・マインホフ、赤軍、IRA、ETA…この映画の中では、そんな言葉が普通に語られるのですが、みんな分かるのかな? と思ったら、後に座ってた女の子たちが「さっぱり分からない」と言ってたので、ああ、やっぱりと思った次第。いや、たぶん、この日本で普通に生きてたら、イスラエル・パレスチナの問題なんて、知らなくたって別にどうってことない問題だもの。呪わしい80年代が60~70年代の革命熱をダサいものとして簡単にゴミ箱に捨ててしまった日本では、テロ=犯罪という支配者側の論理がまかり通ってしまっていて、もうあの頃を語ることすら困難なものとなってしまっている。
映画としては、多少、中だるみ的な部分が無きにしもあらずといった感でしたが、明らかな作家性というか、メッセージをひしひしと感じる力作です。でもやっぱり上映時間が長いなあ……2時間以上の映画を観てると途中で疲れちゃうのは年齢のせいでしょうか…? 体力のせい…?

さて『ミュンヘン』関連で、『テロリスト 黒い九月』という映画があります。そのものずばり、ミュンヘン・オリンピックの事件の映画化なのですが、テロリスト役がフランコ・ネロ(ジャンゴ!)、警察署長役にウィリアム・ホールデン(パイク!)という超豪華(一部で…)主演陣。まあ映画的にはアレな出来ですが、やっぱ主演二人はかっこいいので、もしレンタル・ビデオ屋でみかけたら是非観てみたらどうでしょう? 『ミュンヘン』の説明不足な点が少しは解明すると思いますよ。






Last updated  Feb 12, 2006 08:24:26 PM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 18, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
日曜なのに急遽、仕事に出向く。
出向いた先で、やんごとなき御方の至近距離に…!
頭の中に革命歌が鳴り響く!

嗚呼革命は近づけり 嗚呼革命は近づけり
起てよ白屋襤褸の子 覚めよ市井の貧窮児
見よ我が自由の楽園を 蹂躙したるは何者ぞ

でも何もせず。その後、現代における天皇制についてしばし熟考。
二時半に仕事は終わったので、さっさと我が四畳半に帰り、昼寝。
そしてさっき起きた。何だか、とっても不毛な一日だった気がします。

ところでスコセッシ・ブーム来襲中。最近レンタル開始になった『アビエイター』観てから、スコセッシの映画を見直しています。『アビエイター』は劇場公開されてたとき観ようかどうしようか悩んだ末、やっぱりディカプリオ主演というのに、ひっかかって観に行かなかったのですが、よくよく考えれば『ギャング・オブ・ニューヨーク』もディカプリオ主演だったので、あんまり気にする必要もなかったかな……。ていうかスコセッシ良いなぁ。
『ミーン・ストリート』『タクシー・ドライバー』『レイジング・ブル』なんて誰もが認める傑作ですが、個人的には誰が何と言おうと大傑作だと思う『グッドフェローズ』『救命士』『ギャング・オブ・ニューヨーク』あたりも今だに忘れられません。そして僕は知らなかったんだけど、スコセッシの次回作は『インファナル・アフェア』のリメイクらしいですね…。オリジナルがすでに傑作だから、ちょっと不安だけど、スコセッシが撮るなら、まず間違いはないでしょうね。でも主演がディカプリオとマット・デイモンらしい・・・そこは何とかならないものなのかなぁ・・・。






Last updated  Apr 10, 2012 09:00:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 11, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
誕生日プレゼントにファミコンを貰いました。
高円寺のおもちゃ屋(ドンキホーテとかにも売ってるらしいです)で見かけた、コントローラーの中にソフトが80個くらい入ってるというスーパー・マシン。ファミコン世代の僕には懐かしいゲームがいっぱい。スーパーマリオはもちろん、ツインビーとかマイティー・ボン・ジャックとかテトリスとかバルーン・ファイトとかアイス・クライマーとかスター・フォースとか……そのコントローラーには差込口が付いていて、そこにカセットを差込むとそのゲームも遊べるという優れものなのです。
僕はファミコンからスーパー・ファミコンに時代が移り変わった時点でゲームからは足を洗って、音楽とか文学とか映画とかの世界に入ったのですが、やっぱり、あの頃の単純なゲームって面白いですね。しばらく、これがあればいいやって感じです。

そういえば、今日は選挙の日だ。と思ったので今、テレビをつけてみたら、うわー、自民党圧勝じゃないですか…? みなさん投票には行きましたか? 僕は当然行きませんでしたよ! しかし、何だこの議席数。民主党終ったな…ざまみろ。社民党は存在意義が問われているのだと自覚すべし。共産党は革命路線に走れってば! しかし、あれだな、これはやっぱり、自民党支持ってわけでも、郵政民営化賛成ってわけでもなくて、「改革」って言葉に民意が浮き足立った結果でしかないんでしょうね。共産党も同じようなこと言ってたんだけど、それをちゃんと票に結び付けられないのが情けない。
そんなわけで、やはり僕は、投票とか民主主義ってのに対する不信が募ります。みんな騙され過ぎだよ。

小泉さん、今回ばかりは、確かにあなたの一人勝ちでしょう。すごいと思います。でもね、民意があなたの側にあるとは思わない方が身のためですよ。






Last updated  Apr 14, 2012 01:49:36 AM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 9, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
腹痛は治まったみたい。
まだ本調子ではないけど、一応、ものも食べられるようになった。
3日間ほど、家に帰ってすぐ寝てたので、妙に早い時間に眠くなる。お腹は痛かったけど、肩こりは治った。変なの。
しかし、辛い3日間だった。
その間、目に映る食べ物がどれもこれも、おいしそうだった。
なんかおいしいもの食べたいけど、何か3日間バナナとヨーグルトの生活だったせいか、小食気味。

とかなんとか言ってるうちに本日は、僕の誕生日なのでした。28歳になりました。これでジミヘンよりもジャニスよりもジム・モリソンよりも、そしてカート・コバーンよりも長生きしてしまったというわけです。信じられないね!






Last updated  Sep 9, 2005 06:27:10 PM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 24, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
『ランド・オブ・ザ・デッド』のCMをテレビで見た。ロメロのゾンビ映画をリアルタイムで観れるという衝撃的な事件が、いまいち伝わってこない。一般の人は観に来ないんだろうな…。
近所のレンタルビデオ屋が100円レンタルをやってたので『ハウス・オブ・ザ・デッド』を借りてみたけど、最低だった…。ま、そんなことはどうでも良い。
CMといえば竹内力がチョコレートのCMに出ていた。世の中少しずつ変わってきているのかもしれない。というか、今の僕はすべてが許せてしまうほど希望に満ち溢れている。元気が出てきた。いまの幸福を恐れずに、しっかり生きていきたい。
「強くなければ生きられない、優しくなければ生きている資格がない」とはレイモンド・チャンドラーの名文句。ほんとうに、その通りだなぁ……。

備忘録
今秋、観る映画
『ランド・オブ・ザ・デッド』絶対!
『銀河ヒッチハイク・ガイド』たぶん…。
『バス男』期待してます。
『ナッシング』ヴィンチェンゾ・ナタリ待望の新作なのですよ!
『親切なクムジャさん』復讐三部作ついに完結なのですよ!
『ブコウスキー:オールドパンク』動いてるブコウスキーが見れるのですよ!






Last updated  Apr 15, 2012 11:15:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 19, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
僕は同世代の人より、年上の人と親しくなる機会があったので、ついつい敬語を日常生活でも使ってしまう。礼儀正しいので、おじさんとかに気に入られるのでしょう。今の警備員のバイトでも、たまたま同じ現場になったベテランのおじさんが、やたら気にかけてくれて、今日はお呼びがかかり、そのおじさんの現場へ出向く。千駄木の病院施設の建築現場。狭い一通の道路の入口に立って、生コンのミキサー車を無線を使って誘導。とりあえず仕事的には楽でした。職人たちもみんな気安い感じで好感を持てた。いい現場だなあ…。本当は小さい一人現場を転々とジプシーのように回ってるのが性に合ってるんだけど、またお呼びがかかると思うので、その時は快く応じようと思う。
帰宅後、これまた違う現場で良くしてくれた、おじさんから電話があって、警備員のみんなで飲み会(なんか毎月、気の合う人どうしでやってるらしい…)に誘われる。うーん…はじめて会う人達との飲み会って苦手だよ…。とりあえず思案中。最近、新しい出会いに二の足を踏むこと多し…というか、そんな出会いなんてないけど。
友人が旅行のおみやげをくれるらしい。いい奴だ…。こんな僕に優しくしてくれる人がいるっていうのが不思議です。

文芸同人誌製作中……って一体いつから言ってるんだろ? 色んな人から原稿を預かっているのだけれど、仕事とか体調不良とかで、なかなか進まない。とりあえず、少しづつだけど一人で出来る作業はやってるんですがね。自分も小説を書いてるんだけど、これがまた、なかなかの難物。思いっきり難産。小説のつもりで書き始めたのだけれど、とりあえず、いま言いたいことを全部言ってしまえ的な、心の叫びになってしまっていて、どうも書くこと自体が苦痛になってきている。そもそも私小説風(藤枝静男みたいな変なやつ)を書きたいなと思ってたんだけど、全然、そんな風情のあるものじゃなかったりする…。うーん。とりあえずは、自分の中では、なかなかの出来栄えだと思ってたりするのですが、これもまだ終ってない。あと一週間はかかりそう。

ところで、金がない。なんか今週はバイト先の経理が夏休みを取るらしく、給料の振り込みがないらしい。来週まとめて振りこまれるようだ。ということは、あと一週間、今の手持ちのお金で暮さなければならないってことじゃないですか! いま財布に六千円くらいしか入ってない。口座に一万くらいあるかなぁ…? ううっ! あいかわらずひもじい…。今週は厳しい。なので、明日、ブックオフにマンガを、中野のDVD屋にDVDを売りに行きます…。今週も夕食は卵かけご飯オンリーだ。

今気付いたのだけど、今日は本当にただの日記になってるなぁ…。僕は本当は『断腸亭日乗』とか『暗黒日記』とか『戦中派虫けら日記』とか『死の棘日記』とか『富士日記』とか『工場日記』みたいなのを書きたいですよ。でも、たいした日常を送ってないので、そんなの無理ー! 才能無いし!

いやー、しかし徒然。本が読みたいなあ…読書する時間がもっと欲しいなあ…。最近は、部屋で全然本読んでない。一日の通勤電車の中の数十分が僕の読書時間って感じ。なんでだろ? やっぱ疲れちゃってるのかなあ…?

まあいいや。これから小説書いて寝ます。
明日が良い一日でありますように。おやすみなさい。






Last updated  Aug 19, 2005 10:38:37 PM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 14, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
別にメタリカが好きなわけでも、メタルを聴くわけでもないけれど、友人に誘われて『メタリカ 真実の瞬間』というドキュメンタリーを観にいった。
完全に外野の人間である僕としては、マッチョな外人が「ファック・ユー!」とか、「マザーファッカー!」とか言って乱闘になるのを期待していたりしたのですが、まったく予想外の印象を受けました。
昨今、流行のバンドのドキュメンタリーのようなドロドロしたものは一切、感じられません。バンドメンバーたちは、始終ぶつかり合っていますが、何だか健全。
健全…? というか、子供の喧嘩としか思えない…。
主要人物はヴォーカルとギターのジェームスと、ドラムのラーズ。とにかく、バンドの命運を握ってる、この二人の言動がずーっと衝突している。
バンドが空中分解しそうなので一ヶ月4万ドルのセラピストがやってくる。このセラピストは胡散臭さいこと甚だしいのですが、結局メンバーは彼を信頼している。結局、最後は「あんたもう必要ないよ」的な発言もするのですが、ジェームスは彼について「天使みたい」とか「理想の父親像を彼の中に求めている」とか衝撃発言をする。ちなみに、このセラピストが野坂昭如に激似で可笑しかった。
しかし何より、ジェームスだ。この人は本当に子供みたいな人だなぁ……。ラーズともめてスタジオを後にしたジェームスは、その後、アルコール依存症のリハビリ施設に入り、出てきてもメンバーの前に姿を現さず、一年近くの時間が過ぎてしまうというありさま。その後、色々あったけど再会した彼らは、さっそくアルバム製作に取り掛かるのですが、「今は家族との時間を大事にしたい」というジェームスのロック魂を1ミリも感じさせない発言により、1日4時間しか働かないというローマ帝国のような状態に。ジェームスが帰ったあと、ラーズが録音した音源を聴けば、「俺のいないところで何か企んでるんだろ!」とまた喧嘩が始まる。まあ、どう考えても「ルールを守れ」と言うジェームスよりも、「俺たちはロックンローラーだろうが! ルールなんて糞食らえだ!」と吐き捨てるラーズが正しいと思うのでしょうが、僕はこのジェームスの絶え間ない不安と心の弱さに苛まれているダメ男ぶりに、心が動かされてしまいました。そして基本的にみんなアホな感じがとても愛おしい。
友人が「これ観たら、みんな、バンドなんてやりたくなくなるだろうな」って言ってたけど、同感です。
あと、やっぱりメタリカは金持ちだった。そこが、ちょっと嫌。というかラーズが好きになれない。バスキアの絵をオークションで売ってたりする感じとか、ナップスターを訴訟したりする感じとか……。






Last updated  Apr 15, 2012 09:50:53 PM
コメント(2) | コメントを書く

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


© Rakuten Group, Inc.