157770 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふかごろうブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ふかごろう

カレンダー

お気に入りブログ

家庭集会のクリスマ… やまひで0207さん

アヒル口 トガリのコ… kotaro920さん
新・ネットビジネス… チバ・ケンさん
「anbivalenceな日々」 ★星記★(セシル♪)さん
★フレンチブル:メグ… めぐママ5023さん
万華鏡 もがり笛さん
風に吹かれて obasanさん
タコ壺の嘆き!! タコシャンさん
パスターハリー(Past… パスターハリーさん
おやびん@シーマンの… おやびん(おっさん)さん

コメント新着

 ふかごろう@ Re[1]:星の王子さま、2回目(04/24) 1信徒さん >やまひで先生の日記から >伺…
 1信徒@ Re:星の王子さま、2回目(04/24) やまひで先生の日記から 伺いました。 初…
 ふかごろう@ Re[3]:書籍PDF化(03/04) やまひで0207さん >ふかごろうさん >---…
 やまひで0207@ Re[2]:書籍PDF化(03/04) ふかごろうさん ----- OCRソフトは「読取…
 ふかごろう@ Re[1]:書籍PDF化(03/04) やまひで0207さん 色々、教えてくださり…

フリーページ

ふかごろうのHPもあります。
ここです。皆さん来て見てください。

http://fuka.ikrst.net

本も書きました。

http://p.booklog.jp/book/53764

キリスト教神学を取り扱ったブログもあります。
ここです。

http://blog.goo.ne.jp/fukachin_1973/
2018年10月15日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ゴスペルシンガーのMigiwaさんの歌に「15年後のことだった~♪」(CD『蟻と宇宙』の中の曲『赤いのが欲しかった』)と言う歌詞があるけど、昨日(2018年10月14日)、僕も同じような体験をしました。
今から15年ほど前、洗礼を受ける前、聖書を初めて通読した時、テサロニケの手紙第二 3章10節に、「働きたくない者は食べるな」と書かれているのを読んだのです。
僕自身も母から「働かざる者食うべからず。」と言われて育てられました。
僕は、その当時(聖書通読を初めてした時)、働いていなかったので、この言葉が心に引っ掛かりました。
それで、聖書を通読して、しばらく経ち、教会へ通うようになってから、先輩の信徒の方にここの部分の解釈は、どうしたら良いのか聞いてみました。
そうしたら、その先輩の信徒の方は、そういう言葉が聖書にあることを知らなかったのです。
その信徒の方は、しっかり働いてきた方だったので、その言葉自体、心に残らなかったのだと思います。
この箇所の解釈が分からないまま、その後何年か経ちました。
それで、別の方にも、聞いてみました。
そうしたら、その方は「働かざる者食うべからず。」というのは、レーニンが聖書を悪用して言った言葉だと言っていました。 
でも、その解釈については、その方も分からないようでした。
(そもそも、唯物論者のレーニンが聖書の言葉を使っているということ自体がおかしいのだが...。)

それで、昨日、『キリスト教綱要改訳版第4篇』を読んでいました。
そうしたら『キリスト教綱要改訳版第4篇』ジャン・カルヴァン著、渡辺信夫訳、第16章の「29」、381ページにこの箇所の解説が載っていました。
「働きたくない者は食べるな」という言葉は、全ての人に当てはまるわけでは無い、という意味のことが、書かれていました。
この箇所には、働くという行為は、例えば子どもには、当てはまらないと書かれていました。
なるほどと思いました。

このカルヴァンが書いた内容をふまえ、僕は、「障がいなどがあり、働きたくても働けない人には、この言葉は当てはめられない。」と解釈致しました。

僕の心に引っ掛かっていた疑問が、15年経って解決しました。






最終更新日  2018年10月23日 20時30分18秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.