057216 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

建築職人の日記と仕事の話

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


masaff0976

Calendar

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

深田エンジニアリングは
岡山で住宅のリフォームを主に中古住宅の診断にいたるまで
建築にかかわる仕事をしています。
最近はカビに関する仕事も多く、職人の立場から色々な角度から見た建築に関するつぶやきをUPしていくつもりです。
私生活では、二人の子供の子育てに落ち着かない日々を送っています。
そんな日常も日記として記録に残したいと思っています。
2019.05.01
XML
カテゴリ:自分と家族の日記
建築工具も昭和から平成に変わって大きく進歩した。
私にとってはバッテリー工具の進化を一番身近に感じている。
そして自分の老化も感じるようになった。視力だ。
細かな作業をする際は老眼鏡が必要になった。
電子書籍などいるものかと思っていたが、無料お試しで利用したキンドルが便利で気に入っている。
最近は字の大きさも変えれるし、明るくて読みやすい。
小中学生の辞書しか見ることがなかったので気にならなかったが、久々に書店で高校向けのジーニアスとか英和辞典や国語辞典を見て文字の小ささに驚愕した。
確かに大昔、自分はこの文字をルーペなど使うことなしに見ていたのだが
今ではいびつな形が並んでいるようにしか見えずまったく認識できない。
子供に、「この文字見える?」と聞くと「見えるよ」と・・・・視力の低下は恐ろしいものだ。
時々、教科書に出てくる語句を調べていても手持ちの辞書に載っていないものが出てくる。
その時はタブレットで検索するのだが、辞書のアプリセールがあったので国語辞典と英和辞典を購入してみた。物書堂というところが出しているものでネットでの評判も良かったのだが実際使ってみるとかなりいい。私が使う分には紙の辞書は必要ないと感じるくらいにいい。文字も見やすい。
どんな風にいいかというのは「物書堂 辞書アプリ」で検索してもらえればいくつでもレビューや詳しいことを知ることができると思うの省略します。
年に何回かセール(新入学時期はここ数年毎年)があって30~50%OFFで購入できる。
定価でも紙ベースの辞書より安いのだがセールに購入すれば半値以下で購入できる上に、同じ語句を複数の辞書(国語、英和)に連携でき、それぞれの辞書の解釈を知ることが短時間でできる。
私もインターネットを利用して20年近くになるがそのころ電車の中でほとんどの人間がスマホとにらめっこしている風景とか、恋人らしいカップルが店の中でお互い見つめあうこともなくそれぞれのスマホを利用して無言の時間を共有しているなんで想像もしなかった。
これからの新時代、どんな時代になるのだろうか。









Last updated  2019.05.01 17:10:06

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.