060842 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

建築職人の日記と仕事の話

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


masaff0976

Calendar

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

深田エンジニアリングは
岡山で住宅のリフォームを主に中古住宅の診断にいたるまで
建築にかかわる仕事をしています。
最近はカビに関する仕事も多く、職人の立場から色々な角度から見た建築に関するつぶやきをUPしていくつもりです。
私生活では、二人の子供の子育てに落ち着かない日々を送っています。
そんな日常も日記として記録に残したいと思っています。
2019.09.22
XML
今日は台風の影響で運動会が中止になり久々ブログを書くことができました。
仕事に行く途中、中古住宅の売り出しで内見ができる家が2軒ほどありましたが
結局売れず、更地にして売る戦略に変えたようです。
売れなかったこの家。
そう、今までの話の流れ通り注文住宅なんです。
金持で遺産がらみでなければ売る必要がないような身分の人には関係ない話なんですが、
何らかの理由で施主がまだ健在にも関わらず売らなくてはならなくなった場合、
一番売れないのが注文住宅。特に個性的な注文住宅なんです。
注文住宅を建てておいて売るなんてことを考える人はまずいないのですが
お金のあるなしに関わらず色々な事情で家を手放さなければならなくなる人は割といるのです。
では、なぜ売れないか。
一番は、その家を建てた人がその時代の自分たちに合わせて建てたものなので、
マンションのような平凡な間取りの家に比べて、買い手の人が求める住みやすい家である確率が低い事ではないでしょうか。
個性的な注文住宅を建てた人でも10年、20年たったら、使い勝手が悪いと感じているはずです。
人でも服のサイズが変わり、視力をはじめ、身体能力に変化が生じてくるように
家も暮らし方や住む人によって変化させるのがベターではないでしょうか。
あまりにも現在のみを見た設計の注文住宅にするのではなく、
手を加えると30年40年と住める程度の空間の余白もあればいいのではないかと思ったりします。
さらに言えば、無駄に入り組んだ特徴のある屋根は私は好ましいとは思いません。






Last updated  2019.09.22 15:29:24

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.