087287 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

フカヒレスープが2300円

全254件 (254件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 26 >

2008.02.07
XML
カテゴリ:

山庄 渡辺通店 福岡市中央区渡辺通5-15-22

 きょうは昼から会社勤務なので、近くで昼飯。久しぶりに「山庄」にでも行くか。近くにもつ鍋屋で同じ名前の店があるが、全く別。こちらは中華料理店。

 野菜が食べたいのでチャンポンにした。

 オーソドックスな具に、おなじみのチャンポン麺。これぞ「近所の食堂の安心の味」ですなあ。

 今回は自重したが、昼のセットメニューもあるので、たっぷり食べたい時も満足できる。サラリーマンに人気なのも当然。







Last updated  2008.02.17 10:45:53
2008.02.06
カテゴリ:

久野 北九州市小倉南区北方3-47-27

百合 北九州市小倉南区北方3-34-?

 小倉出張。小倉肉うどんのメッカ、北方へモノレールで移動。

 久しぶりに「久野」を訪問。

 暖簾がなければ、店なのか民家なのか区別がつかんな、この店も。讃岐のディープな店を思い出したよ。

 注文は肉うどん小(450円だったかな)。固い麺と柔らかい麺のどちらにするか聞かれたので固い麺にする。「ネギと生姜を入れていいですか」と聞かれたので、もちろんお願いする。

 ハイ、来ました。

 がしっとしたコシの強さの食べ応えあふれる麺は、まさに北方スタイル。前回訪れた時よりも弾力のよさがある。茹でてから、まだそう時間が経っていなかったのかも。やはり、うまい麺だ。

 肉は少し固めだったなあ。前回はもう少し柔らかかった記憶があるが。まあでもこういう店は、ブレがある方がかえって魅力を感じるが。

 ごちそうさん。

 もう1軒行きたい気分だったが、近所の今浪うどんは定休日。

 モノレール北方駅近くの「百合」へ。古式手打ちうどんの文字が気になる。

 肉うどん(値段失念)。確かに手打ち、手切りのようだ。茹で置きのようだが、腰はちゃんとしているし、太さが不ぞろい。この麺はなかなかいいが、小倉肉うどんを期待していたので少しがっかり。普通の肉うどんだった。

 まあ、なんだかんだ言っても、全部食べるんですけど。







Last updated  2008.02.09 10:34:58
2008.02.05
カテゴリ:

らーめん一番星 北九州市小倉北区大畠2-4-4

 小倉へ出張。またラーメンを食べよう。「一番星」へ。

 注文はラーメン(550円)とおにぎり(50円)。

 珍竜軒系のラーメン店と聞いたことがある。確かに、ミルキーなトンコツスープはまさに珍竜軒だが、小倉東インターそばの珍竜軒よりもさらにミルキー。

 そして、チャーシューが厚めでしっかりした肉で、まさに焼き豚。ビールのつまみにも良さそうだ。

 珍竜軒おなじみの赤辛子は、おにぎりにも合う。

 ちなみにここ、元競輪選手が経営。結構みんな、いろんなことをしているんだなあ。

 仕事から帰って家で一杯。人吉で買ってきた繊月酒造の「無言」。まるでウィスキーみたいだ。







Last updated  2008.02.07 11:27:46
2008.01.31
カテゴリ:

勝龍軒 福岡市南区野間1-6-9

麺屋 達 大橋店 福岡市南区大橋1-18-1 092-561-5222

 床屋に行った帰りにラーメンを食らう。床屋のすぐそばの「勝龍軒」へ。

 恥ずかしながら、つい最近までこの店の存在を知らなかった。なんでも、ラーメンが100円(!)だという。

 半信半疑だったが、メニューを見ると確かに本当に紛れもなく100円。 

 これが100円のラーメン。薄口の味わいだが、十分うまいぞ。

 本当に100円でいいのだろうか。会計の時に一瞬、ためらったが、本当に100円。申し訳ない。この世の中で、100円で食えるものがどれほどあることか。いまどき、信じられない料金設定。

 テクテク歩いて帰っていたら、もう1杯いけそうな雰囲気を感じてきた。

 で、2軒目。高宮通り沿いにある大橋の「麺屋 達」へ。

 まずは普通のラーメンにした。どぎついトンコツではないが、トンコツの味わい自体は濃い。ふむふむ、いいバランスだ。

 2杯目も飲み干して、ごちそうさま。居酒屋メニューもあるので、次回は1杯やってからラーメンといこうかな。







Last updated  2008.02.08 23:47:51
2008.01.30
カテゴリ:

中華橋本 福岡市中央区白金1-1-27

 労働を終えて1人で夕飯。さあて、どうしようかと迷いながら天神から薬院まで歩いてしまった。そうだ、久しぶりに「中華橋本」に行ってみよう。

 チャンポンは食ったことがあるので、ラーメン(600円)にする。

 ブラウンの濃いスープは、隣りの「八ちゃんラーメン」と同じ。丼から湯気がほとんど立たないのだが、これは上に油の層があるから。油断していると、ものすごく熱いので注意が必要だ。

 麺に絡まる濃いトンコツ味。うーん、いいねえ。これを飲み干すなんてアホといわれるかもしれないが、結局、全部飲んでしまう。

 高脂血症の薬も飲んで、ごちそう様でした。







Last updated  2008.02.11 22:10:06
2008.01.28
カテゴリ:

丸川製麺 高松市中新町1-7 8:30頃~14:30頃?

松下製麺所 高松市中野町2-2 7:30-17:30?

丸山製麺 高松市宮脇町1-19-2 6-14:30?

つるいち 高松市鶴市町2036-1 10:30-15?

増井米穀店 高松市郷東町45 10-13頃?

 高松1泊目の宿「東横イン高松兵庫町」で朝食。後にうどんが控えるので、軽めに抑える。

 チェックアウトをして、自転車を借りてうどん紀行へGO! 高松は、自転車を借りられるステーションが市内に複数あって便利。しかも、どこに返してもOKなのだ。素晴らしい。

 1軒目は「丸川製麺」。 かけ小190円を注文。

 出てきた麺を受け取って、会計を済ませてから席へ。

 麺は細め。するすると食べられる。

 天ぷらがいっぱいあって惹かれたが、ぐっとこらえた。

 2軒目は「松下製麺所」。再び、かけ小(180円)。玉数を注文して、うどん玉を受け取ってお金を払い、後は自分で温めるスタイル。

 こっちの方がコシがあるかな。麺も太めでエッジがビシッ。

 食べ応えのある存在感のあるうどん。

 3軒目は「丸山製麺」。

 そばもあったので注文してみた。うどん+そばで380円。スタイルは松下製麺所と同じ。

 うどんの方がうまいな。やっぱり、わざわざ香川まで来て、そばを注文することはなかったなあ。 

 コシまずまずで、うまいうどんだった。さあ、次へ。

 昼休みどきは行列必至の「つるいち」へ。

 ここは、カフェテリア形式。お盆を取って麺を注文し、天ぷらは好みで自分で取る。出来上がったうどんを受け取って、お会計。

 かけ小180円と、冷たいぶっかけ240円。

 トッピングは、卵天と金時豆天(各80円)。卵天がうまいのはもちろんだが、豆天も、ほこほこして芋みたい。これはうまいなあ。

 麺は今回のさぬき紀行で一番のコシ。ガシッ、ゴニッ、グニッとした弾力は、かなり力強い。かけでも結構なコシだったが、ぶっかけになるとそれがさらに顕著。

 非常にうまかった。さぬきに来たぜ、って気分を満喫。

 つるいちの比較的近所の「増井米穀店」へ。

 ん? どっから入るんだ? お、この縄のれんをくぐるのか。

 奥の大きな釜でうどんを湯がいている。

 小180円。

 こんな店構えで、一体、誰が来るんだ?と思ったが、先客はいたし、われわれの後からもお客さんがやってきていた。香川のうどん文化の奥深さを十分に味わわせてもらった。

 もう少し行こうかとも思ったが、お腹は結構いい具合。雪交じりの雨も降ってきたので、この辺で切り上げるとする。

 宿への帰りがけに商店街でちまきを購入。中華茶室「茶寮」(高松市古馬場町9-11)。

 

 非常に香りが良い。ちと食べづらいので、宿に持ち帰って、落ち着いて食べて正解だった。肉まんもおいしそうだった。







Last updated  2008.02.08 09:50:22
2008.01.27
カテゴリ:

斉賀製麺所 香川県丸亀市土器町西7-79 9-1(土日祝15まで) 月曜休(祝日は営業し、翌日が休)

まごころ 香川県丸亀市蓬莱町55-3

味見亭 香川県丸亀市天満町1-6-13

ぴっぴ庵 香川県丸亀市柞原町526-2

日の出製麺所 丸亀競艇に出張営業

 4日目も早起きしてうどん紀行。

 1軒目は「斉賀製麺所」。駅でもらったうどんマップの示す場所が、どうも間違っているような気がする。おかげで随分迷ったが、住所を頼りにたどり着いた。

 玉数を注文して、自分でテボで温めるスタイル。天ぷらを取って、最後にダシをタンクから注いで、お会計。小180円+半熟玉子天80円。

 エッジがビシッと立っていて、太さもある。噛み応え、喉越しとも非常に良い。

 これなら、丸亀滞在中にもう1度来ておきたかったなあ。

 2軒目は「まごころ」。朝6時から開いているので、早朝からの食べ歩きに重宝。

 かけうどん小+なす天。値段失念。ここも、自分でテボで温めて、ダシをタンクから注ぐスタイル。

 しっかりしたコシ。天ぷらも豊富だし、何度来ても飽きないだろう店。

 食った食った。でも、まだいけるぞ。

 3軒目は、今回2度目の「味見亭」。

 今回はぶっかけ(小200円)にしよう。

 おや、前回と麺が違うぞ、とよく見れば、少し平たくて少し縮れている。「赤いきつね」や「どん兵衛」の麺のようだ(比較して失礼)。どん兵衛の麺をちゃんとうどんで作るとこうなりますよ、という感じ。

 温かいぶっかけにしたので、次回は冷たいのが食べてみたい。

 4軒目。「ぴっぴ庵」。ぴっぴとは、うどんの幼児語らしい。

 席で注文すれば持ってきてくれる一般店スタイル。

 かけうどん小(230円)。特別、特徴が際立っているわけではないが、逆に言えば、全体的にバランス良くまとまってうまい。

 ゆずぶっかけなど、気になるメニューが多いので、次回再挑戦。

 途中で視察した「ボートピア丸亀」。ボートピアの全国第一号なんだが、当初の建物とは違うらしい。

 最後は丸亀競艇の出張営業中の「日の出製麺所」。釜玉だあ。

 混ぜ混ぜ。弾力があってうまい麺。揚げ玉にアミが入っていて、香ばしい。

 ふう、うまかった。丸亀のうどんもこれで終了。







Last updated  2008.02.06 10:25:42
2008.01.26
カテゴリ:

なかむら 香川県丸亀市飯山町西坂元1373-3

釜あげうどん いわさき 香川県丸亀市川西町北603-4

うどん富永 香川県丸亀市川西町北806-4

がもううどん 丸亀競艇場(香川県丸亀市)で出張営業

あれんじ亭 香川県丸亀市大手町3-7-13

 香川出張3日目も朝からうどんへ。地元民イチオシの「なかむら」へ。ホテルから30分ほど自転車を漕いで到着。

 これが店。見た目はまるで物置小屋。

 品書きと暖簾がなくては、何だか分からない。

 暖簾をくぐってまず、玉の大きさを申告。釜玉の小(うどん150円+卵50円)にする。丼を渡されて、自分で卵を割って、湯で上がりを待つ。

 薬味や天ぷらたち。釜玉にしたので、天ぷらは自重。

 はい、うどんを入れてもらいましたよ。だししょう油をかけて、お会計。

 かき混ぜてからいただく。まるでカルボナーラ。

 固いわけではないのに、非常に弾力のある麺。弾むように口に入ってきて、適度な抵抗がありながら、くにっと気持ちよく噛み切れる。これはうまい。地元民がオススメするのも分かる。

 だししょう油を掛けすぎたのだけが失敗。だししょう油の色が薄いから要注意だ。次回は気を付けよう。

 2軒目は近所の「いわさき」。

 品書きの「オススメ」の文字につられて「ぶっかけ釜あげ」(300円)。

 期待したほどのコシがなかった。冷たいうどんを食べて再評価が必要だな。

 甘めのだしを飲み干して、さあ次へ。

 続いては「富永」。通りから中に入った所にあるが、案内板が出ているので、そう迷わずにたどり着ける。

 これ、うどん屋? 暖簾こそ出ているが、ほとんど民家。

 お好みで皿に天ぷらを取ってから、うどんを注文するスタイル。ちくわ天(100円)を取って、ひやあつ小(180円)をお願いする。

 テーブル席もあるが、座敷で食べた。まるで民家。

 太めの麺で食べ応えがある。コシもしっかりで、いわゆるさぬきうどんで期待するのはこんなうどんだ。なかなか根性のあるうどんだが、だしは非常に上品で、小麦の味を邪魔しない。

 そろそろ、街へ戻ろう。

 最後は丸亀競艇場に出張営業中の「がもううどん」。

 きのうに引き続き、十分なレベルのうどんで満足。

 一生懸命仕事を終えて、夜は同僚とお食事処「大乃原」(香川県丸亀市大手町3-6-11)へ。

 焼鳥やらお好み焼きやら、いろいろある居酒屋。コロッケが特大だった。

 少し食べ足りなかったので「あれんじ亭」へ。

 うどんが食える居酒屋という感じだ。今回はうどんだけにする。注文は湯だめうどん(400円)。麺にワカメが練りこんであるのが特徴。

 おお、ワカメの色だ。もちろん、ちゃんと風味もする。ここで飯を食べて、シメに頼むというのもアリですな。

 うどん三昧。満足の1日でした。







Last updated  2008.02.06 09:31:38
2008.01.25
カテゴリ:

味見亭 香川県丸亀市天満町1-6-13 8-15、18-24 昼の部は月曜休

福浜(ふくはま)食堂 香川県丸亀市南条町46-6

吉田屋手打うどん(吉田うどん) 香川県丸亀市今津町723-9

あたりや 丸亀競艇場で出張営業

 仕事へ行く前に、貸自転車を相棒にうどん屋を巡る。

 1軒目は「味見亭」。

 どうやら夜も営業しているらしい。

 イチオシとの「牛すじうどん小」350円。

 小倉の肉うどんを彷彿させるが、味つけが甘めなのが大きく違う点。麺はなかなかつやつやで、コシもしっかり。食感が気持ちいい。

 続いて、「吉田屋手打うどん」へ。駅などで配られているうどんマップでは「吉田うどん」とあるが、どうもこれが本来の名前らしい。

 前回訪れた時はぶっかけを食べたので、今回はかけうどん(200円)。

 茹で立て。がしっとしているが、硬すぎず、適度にぐにっとしたバランスの良いコシ。

 3軒目は「ふくはま食堂」。たまたま近くを通りかかっので寄ってみる。

 中華そばと迷ったが、うどん(230円)にする。

 お、具が入っている。油揚げと玉子焼き、チクワ、カマボコ。これはうれしいが、麺は残念ながら、持ち上げただけで切れるほど根性がない。見た目はエッジのしっかりした麺なのになあ。たまたまデキが悪い状態に当たったのだろうか。今度は中華そばにしてみよう。

 最後は丸亀競艇場に出店している「あたりや」。

 コシしっかり。喉越し良し。きょうは満足。

 場内で「全国うまいもん特集」をやっていたので、「越前おろしそば」を買ってしまった。普通のそばにおろしを入れただけだな、こりゃ。失敗した。

 夜は、骨付鳥で有名な「一鶴」(いっかく)の丸亀本店へ。

一鶴 丸亀市浜町317 0877-22-9111 11-22(平日は14-16は中休み) 無休

 「親」と「雛」があって、雛の方が柔らかくて食べやすい。今回は雛にしたが、親の歯ごたえもクセになる。本当は両方少しずつ楽しみたいところだが、2本は食えないもんなあ。それが残念。

 讃岐名産のしょうゆ豆も食べた。この店、酒飲みとしてはもう少しつまみメニューがあるとうれしいんだが、そうすると客の回転が落ちるだろうなあ。このラインナップで正解なのかも。







Last updated  2008.02.09 09:46:08
2008.01.24
カテゴリ:

「やまうちうどん」 丸亀競艇場(香川県丸亀市)に出張営業

「どんどん」 丸亀競艇場内

居酒屋「まる」 香川県丸亀市浜町71-4 0877-25-1605

 香川県丸亀市へ出張。麺紀行とはいっても、メーンはあくまでも仕事。「のぞみ」と「しおかぜ」を乗り継いで丸亀市へ。

 丸亀競艇場でおやつ。

 タコとゴボウの天ぷら。200円と100円。うまい。丸亀競艇のゼヒモノ。

 競艇場内には、県内の有名うどん屋が出張営業中。きょうは「山内うどん」。エッジはしっかりしているが、「ひやあつ」の割にコシが普通だな。

 競艇場内の食堂「どんどん」でも食べてみる。ぶっかけうどん。コシは強いし、想像以上にうまくて満足。

 仕事も一生懸命終えて、夜は居酒屋へ。仕事仲間と「まる」を訪問。

 鍋はちゃんこ。すりごまで頂くのが特徴。最後にラーメンで締める。なかなかいいコシのある麺でうまい。

 「いたわさ」はこれ、「いたわさデラックス」。普通のいたわさと何が違うのかというと、キュウリの有無の違いだという。

 生ダコもうまかったし、どのメニューも味は良くて、今後も出張時に重宝しそう。

 食事後は、明朝のうどん食べ歩きに備えてとっとと帰って寝る。







Last updated  2008.02.02 19:38:56

全254件 (254件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 26 >

PR

Calendar

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Category

カテゴリ未分類

(0)

(254)

ゆるキャラ

(11)

ソフトクリーム

(16)

グルメ全般

(135)

宿

(45)

(9)

旅行

(22)

観戦

(13)

ニューウェーブ北九州

(7)

廃線

(2)

Profile


フカヒレスープ\2300

Freepage List

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

フカヒレスープ2300@ Re:長崎倶楽部って(02/14) それです、それです。 無料朝食や無料ド…
えむ@ 長崎倶楽部って もしや行ったかも。 ビールとか飲めたよ…
ラフ@ Re:長崎ランタンフェスタへ(02/14) おおーっ、ランタン行ってきたんやね。 …
フカヒレスープ2300@ Re:今日の外食(02/12) 訪問、有難うございます。私もそちらのペ…
WEBマダム@ 今日の外食 参考に拝見させていただきました。連日の…

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.