434880 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

北條不可思:Song&BowzuMan:listen and hear FUKASHIHOJO.COM☆{okagesama wa arigato no umi no oya}

February 25, 2008
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

新作『Beyond the LINE/境界線の向こう側』

POHTO TITLE 「THE LINE

 PhotographCopyright © Louis Ozawa Changchien NEW YORK

 http://www.imdb.com/name/nm1559194/

(2008年1月5日縁絆コンサート エンドレスツアー2008ニューイヤースペシャルにて発表)


ARTIST VERSIONのオリジナルCDアルバムとしては、

『Seriousness & Dignity/真剣と尊厳』[2001]発表から6年を経て、新作のレコーディング。

レコーディングリストには、予てからあたためていた、ホロコーストを主題にした、本アルバムタイトル曲「Beyond The LINE/境界線の向こう側」、2001年9.11を歌った「悲しみを乗り越えて」(2002年縁絆コンサート・広島公演/原爆資料館メモリアルホールで歌い、2004年縁絆・ニューヨーク公演で公式発表)、団塊の世代に贈る「さよならの詩が聴こえる」など『Beyond the LINE』7曲収録。プロローグの「尊厳の鐘と鼓動」は北條慈音のベルとドラムの麻生祥一郎氏との
コラボレーション。

参加ミュージシャンは、
CanoBandのメンバーBass -Yoichi Fujisaki(藤崎羊一)Drums-Shoichiro Aso (麻生祥一郎)Keyboards-Yusuke Nakagawa(中川雄介)を中心にレコーディング。


 imgf240dcbbchwezk-mono.jpg

Copyright (C) HIDEKI ISHIHARA Tokyo JAPAN

Beyond The LINE/境界線の向こう側 (No more Holocaust)

そうさ、昔乾いた土地で 人が人を裁いた 大人の腰の高さに あの紐を張っては
そして、ラインにとどかぬ子供を すべて焼き捨てた 
そして、お気に召さないからといって すべてを焼き捨てた
何故か、選別された子供達は殺された声で 
何故か、父さま、母さま、姉さま、兄さま、"眞命いのち"を呼んでる
あわれ、死の線の向こう側に誰も行った事が無い そして、死の線の向こう側に誰もが往くのに
Ah- やり直しの人生誰も出来はしないから だから、見つめ直して 今を、私は生き抜くしかない
あの世とこの世の迷いを超えた彼の岸を渡す そして、ラインを超えたラインを歩くしか道は無い

そうさ、日々の暮らしが楽にならぬと愚痴をこぼす人 強き自分になれないと嘆いている人
そして、ラインにとどかぬ自分に塞ぎ込んでいる人 
そして、あいつがこいつが悪いと人を裁くその人 
何故か、選別された子供達は殺された声で 
何故か、父さま、母さま、姉さま、兄さま、"眞命いのち"を呼んでる
あわれ、死の線の向こう側に誰も行った事が無い そして、死の線の向こう側に誰もが往くのに
Ah- やり直しの人生誰も出来はしないから だから、見つめ直して 今を、私は生き抜くしかない
あの世とこの世の迷いを超えた彼の岸を渡す そして、ラインを超えたラインを歩くしか道は無い

何故か、選別された子供達は殺された声で 
何故か、父さま、母さま、姉さま、兄さま、"眞命いのち"を呼んでる
あわれ、死の線の向こう側に誰も行った事が無い そして、死の線の向こう側に誰もが往くのに
Ah- やり直しの人生誰も出来はしないから だから、見つめ直して 今を、私は生き抜くしかない
あの世とこの世の迷いを超えた彼の岸を渡す そして、ラインを超えたラインを歩くしか道は無い

Copyright © 2007 Special JION Music

L1010021-2.jpg

photo by(C)satokotobuki/TokyoJAPAN
 

『Beyond The LINE/境界線の向こう側』TALL CASE Special jacket package

限定版定価3,150円(税抜価格3,000円)


レコーディングリスト

(Prologue)Bell and pulse of dignity/尊厳の鐘と鼓動
Beyond The LINE/境界線の向こう側(Aco)
Kanashimi O Norikoete/悲しみを乗り越えて(Aco)
EMPTY DREAM/儚い夢(Aco PIANO)
Kanashii Ame Orokana Kasa/悲しい雨 愚かな傘(Aco)
Hashi No Tamoto No Mihariban/橋の袂の見張り番(Aco)
Sayonara No Uta Ga Kikoeru/さよならの詩が聴こえる(Aco)
Sakeyo Hanabira No Chirukoroni/咲けよ、花びらの散る頃に(Aco)

Beyond The Line  Limited edition/TALL CASE Special jacket package


MUSICIAN

FUKASHI  HOJO  VOCALS,GUITAR,
SHAKU NANSHI  HARMONICA
JION HOJO BELLS
YOICHI  FUJISAKI WOODBASS
SHOICHIRO  ASO DRUMS,PERCUSSION
YUSUKE  NAKAGAWA KEYBOARDS


SOUND ENGINEERED BY SUN ASHOW
Art Design     SATOKOTOBUKI
ALL SONGS WRITTEN BY FUKASHI HOJO
Copyright special join music 2007
Coverphoto LOUIS CHANGCHIEN NEW YORK
(ENBAN CONCERT 1999 NEW YORK CITY) 
Recording place AmitaHouseMain temple studio

JION MUSIC FACTORY

PRODUCED BY GURAGYU



Photo

ENBAN Concert EndlessTour 《since 1996》
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


CDアルバム『AliveTheLive/縁絆ヒストリー』(ライブ盤)TALL CASE Special jacket package

[2005年3月9日] 発表(在庫あり)

「縁絆ヒストリー/アライブ・ザ・ライブ」限定版定価3,150円(税抜価格3,000円)

オフィスアミタハウス・ジオンミュージックファクトリーより2005年3月9日発表
≪1996年(東京)から2004年(京都)までの縁絆コンサートをまとめたライブ盤≫

CDアルバム『VowSongs/眞信讃歌』TALL CASE Special jacket package
[2006年6月24日]発表(在庫あり)

限定版定価3,150円(税抜価格3,000円)

PRIEST VERSION のCDアルバムとしては『眞信讃歌』[2000年]発表以来6年ぶり。「航海の果てに(ロングバージョン)」以外は、ギターとハーモニカのアコースティックセットでレコーディング。

特に「Blues For Buddha -大悲の詩-」「おかげさまで ありがとう」「茜雲-生まれ往く者へ-」の3曲は、西本願寺・宗学院別科受講(2004年4月-2005年3月)が機縁となり生まれた詩曲


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
FUKASHI HOJO MUSIC&BOOK

(Discontinuance of making)

 以下の作品の在庫はありません。

CDアルバム『道化師の涙』[1994年]日本クラウン/パナムレーベル
CDアルバム『on the white road』ARTIST VERSION[2000年]発表
CDアルバム『眞信讃歌1』 [2000年]発表PRIEST VERSION
CDアルバム『Seriousness & Dignity/真剣と尊厳』[2001]発表

CDシングル『遊牛の詩』ARTIST VERSION
CDシングル『いつか必ず帰る場所』ARTIST VERSION
CDシングル『響流和讃』 PRIEST VERSION

Official STORE/(CD作品ダウンロード)Ady International
《Please click》
http://www.ady.co.jp/music/houjouhukashi/

をクリックして頂くと、以下の詩曲を聴く事ができます。

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

 Beyond The Line:境界線の向こう側

/Copyright (C)SJM/2000FUKASHI HOJO&CanoBand

 悲しみを乗り越えて/Copyright (C)SJM/2002

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


OFFICIAL SITE  

FUKASHIHOJO.COM

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★







Last updated  September 9, 2014 09:47:10 PM

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.