357794 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

PURECOUNTRY

ライブレポ(ガールズNIGHT)

ハートランド20周年記念ライブ
徳永英明GIRL’s NIGHT

2004年2月29日(日曜日)

曲目
UFO(ピンクレディ)☆ラブマシーン(モーニング娘)
涙そうそう(森山良子)☆見上げてごらん夜の星を(坂本九)
僕のそばに☆桜(河口恭吾)☆フレンド(古川さんオリジナル)
MY FAULT(西脇さんオリジナル)☆喝采(ちあきなおみ)
傘がない(井上陽水)☆学生街の喫茶店(ガロ)
JAM(イエローモンキー)
アンコール☆君をつれて☆ONENESS☆愛をください
ENDINGBGM REVOLUTION
ライン

今日は、27日のBIRTHDAYトークLIVE(招待)
28日BOY’sLIVEと続く3日間のLIVEの最終日である。
初日を別として、このLIVEはハートランドの20周年記念の
イベントとして行なわれた。
このLIVEは、会場の規模が狭く各200人の限定LIVEとなった
まず、会場に入ってあまりのスペースの狭さにびっくりした。
ステージが近いのだ。近いというより、その部分だけが一段高くなって
いるだけのようだった・。
私の番号が112番。真ん中位の番号で場所も真ん中のまさに
中央部に自分の位置を決めた。隣の初めて会うファンの方と始まるまで
おしゃべりをしていた。名古屋在住の方だった。
時計を見ると5時を少し回っていた。会場からはなぜか拍手がおこる。
ステージに人影を感じると「徳ちゃん」の声が・・。
しかし、そこにはスタッフの人がいた。会場から笑い声が。
いよいよメンバーさんがステージに現れる。西脇さん、小田原さん
古川さん。そして・・・徳永さん。
今日の徳永さんは、黒(紺?)のタオルを頭に巻き、黄色いトレーナー。
お髭は、まるでカールおじさん。つまり・くまさんのようなお顔に。
パンツは、スニーカーは?私の位置からは上半身しか見えませんでした
会場は割れんばかりの拍手と徳永さんコール。
オープニングにピンクレディーのUFO・・。
しかし、そこは徳永さん振りつきでもアップテンポでもなく
徳永風にアレンジがしてあった。
続く、LOVEマシーンでも・徳永風アレンジなのだが
なぜか、ウォーウォーの所とイエィ!イエィ!の所は
会場のみんなで振り付けつきで掛け声をする。
昨日のボーイズの時にはないガールズ特有の熱気があり
徳永さんも何回かその事に触れていた。
そして、涙そうそう・・はじめは夏川りみさんのように歌えずに
歌ってもいいのかな?と思ったこと。やっと自分でも納得できたので
歌ったという事を話してくれた。
そして、今回本当に驚いたのはちまたで「噂」になっている
僕のそばにの・パクリでは?と言われている河口恭吾さんの
さくらを歌った。歌う前に、この曲を作った河口さんが
徳永さんのファンだ・ファンらしい・ファンだと言ってたらしい。
だから、ファンだから好きなアーティストの曲をコピーしたり(バンドとか)
好きなフレーズがあればまねをするだろう?
やや、「うーん」という部分はあるけど
全く違う曲だからと「でも2曲目もそうだったらなー」と
笑いながら話していた。
しかし、この「さくら」を歌い上げる徳永さんの器の大きさも
さることながら全く自分の歌のようになっていた。
さくらといえば、森山直太郎さんの話題も出て
徳永さんのスタッフにも森山君のファンもいるらしい。
「歌ってー」の声に「この歌は難しいんだよ」と言って
少しだけ口ずさんだ。「彼は自分をよく知っているよな。
ただ森山君のしゃべりは作ってるなー」と一言。
27歳で森山君がブレークしたことと
27歳で初めて「輝きながら」でミュージックステーションに
(自前の洋服で)出た事を重ね合わせて話していた。
古川さんと西脇さんのオリジナルの曲をそれぞれ歌ってくれた。
そして、今日は小田原さんのドラムソロも聞かせてくれた。
実は小田原さんは・ステージに上がってから
ずーと「シャンパン」を飲んでいた(^_^;)
70年代の曲をという事でちあきなおみさんの「喝采」
歌い始めた途端に「え~?」と笑い声と「喝采」の
会場との合唱が始まった・・。
全く思いもよらないファンの反応に歌い終わって
「昨日は、みんなシーンとして涙まで浮かべて聞いてたのに」
ボーイズとガールズの違いに思わず徳永さんも
プロデューサーさんのこだわりが無駄だった事を話す。
そして、この人のようになりたいと思った「井上陽水」さんの
傘がないを歌う。真剣で力を込めて歌う。
今回最もリクエストが多かった「jam」イエローモンキーの曲だ。
ジャスティスとか、REVOLUTIONの頃は自分も
メッセージソングを作っていたけど
今は、違うなーという。
そう言いながらも、全く自分の持ち歌のように
歌い上げてしまう・。胸にジンジンきた・。
ここからは、アンコールなんだけど
引っ込んで又出てくるのは時間もかかるから(?)
おしっこも行きたいだろうし・・とか・・。
その場でステージにいる徳永さんに「アンコール」コール。
実は徳永さんトイレに行きたかったらしい・。
でも、トイレが会場に一つしかなくて
「いいよー、トイレ行って~」「もれちゃうよ~」
「うるせー」結局トイレは行かず・・。
そして、「君をつれて」「みんな歌える?」って
「もちろん!!!歌えるよ」会場のみんなと大合唱になる。
「ONENESS」で会場中が弾ける歌う。
ありがとう!!と引っ込む徳永さんとメンバーさん。
REVOLUTIONがBGMに流れる。
会場のみんなが歌う。「俺もハードな曲歌ってたなー」と
出てくると一言いう。(^_^;)
今日は、昨日とは違う曲を歌う。女の子たちはこの歌が好き
でも、この曲は自分の中ではもう終わっているんだけど
今日は歌います。でもそう言ってても5年後に歌うかも・
「愛をください」を歌い始める。
会場のファンと一緒に歌う事が快感になってるのかな?
とても、幸せそうな顔の徳永さん。そして、終わった。
今回のLIVEは、いろいろ苦情があったけれど
3日間とてもよいLIVEになったようです。
最後に、REVOLUTIONが流れる
会場では誰も出ることはなくみんなで歌う。
最後まで歌い終わって・このLIVEが終わったアナウンスが流れた。
backホーム next


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.