713766 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

風子の575 あるがままに

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

くらし

2022.05.30
XML
カテゴリ:くらし


えんしゅうのおときくかいうかな  風子​            

白いカラー(海芋)ほど
シンプルで清純な花は他にない
この花のいわれの一つに
清純無垢な
修道女の襟というのがある

この花の祈りのイメージとは
真逆の戦さの演習の話は
控えたいが
そうはいかない

自衛隊の基地のある我が街では
今日も演習のヘリが飛ぶ

なんだかんだといいつつ
頭上のヘリの音は
戦さを身近に感じざるを得ない
チコちゃんじゃないが
ぼ~としてはいられない
この歳をして…
いやこの歳だからこそ






Last updated  2022.05.30 20:34:36


2021.12.09
カテゴリ:くらし
​​

ごんぎょうのあとはしずまるふゆざしき  風子​         

扁額に無量寿とある冬座敷  風子

田舎住まいゆえ
昔はなにかと
ひと寄りがあるため
改築の際
いくつかの和室を設えた

北側の座敷は
仏間のようなもので
朝夕の勤行と
孫らが来たときに使うくらいで
今の世 まず使用することがない
冬の朝の座敷は
冷たい空気が張りつめたようで
身も心も引き締まる

扁額の「無量寿」は
知人の書家に揮毫してもらったもの
無量寿とは仏語で
限りない命という意味
「阿弥陀如来」の意訳だそうだ
仏壇があって無量寿の扁額があって
阿弥陀さんの部屋のようなもので
ありがたい話だ
おお さぶっ!なんて言うてはおれぬ






Last updated  2021.12.09 11:00:44
2021.12.06
カテゴリ:くらし








Last updated  2021.12.06 11:30:50
2021.12.01
カテゴリ:くらし


ひたひたとあしおとせまるじゅうにがつ  風子 ​         

今日からもう十二月
あっという間に新年だ
別にどうってことはないのに
十二月ともなると
己が足音にさえ
追っかけられているような
氣がして急かされる






Last updated  2021.12.01 11:37:49
カテゴリ:くらし


ひたひたとあしおとせまるじゅうにがつ  風子​                                  

今日からもう十二月
あっという間に新年だ
別にどうってことはないのに
十二月ともなると
己が足音にさえ
追っかけられているような
氣がして急かされる






Last updated  2021.12.01 11:39:45
2021.09.25
カテゴリ:くらし


ひややかやノブをまわせどあかぬドア  風子​            

予告なしの異変には面食らう
人間と同じで
年月を経ればなんでも
ガタが来る
あたり前のことなんだけどなぁ






Last updated  2021.09.25 17:49:16
2021.08.03
カテゴリ:くらし


ほしものをいそぎとりこむゆだちかな  風子​         






Last updated  2021.08.03 18:04:21
2021.01.06
カテゴリ:くらし


すごもりでみをよせあってかんにいる  風子         ​    

    昨日は二十四節気のひとつ小寒    
暦の上では寒に入ったわけだが
寒さもいよいよ本格的

コロナ感染拡大も収まる気配なしだし
治療中の病院に出かけたり
本当に不要不急のこと以外は
家に巣ごもりしている以外ない
また寒波が列島を覆うようで
大雪のようす
大変な歳になりそう






Last updated  2021.01.06 17:52:03
2020.11.08
カテゴリ:くらし


かきのみをたわわにのこしふゆにいる  風子

我が家や近所の柿の木にはもう​実はない
種類が違うのか少し離れた山里では
こんな景色も見えた

まだしばらくは秋の景色なのに
もう 暦の上では立冬だって






Last updated  2020.11.08 16:33:45
2020.06.13
カテゴリ:くらし

とうこうのこらにぎわしくがくのはな  風子​






Last updated  2020.06.13 21:33:35
このブログでよく読まれている記事

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.