000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

今日、生きているという奇跡

2008年06月27日
XML
テーマ:闘病日記(3957)
カテゴリ:肝移植の記録
お久しぶりですスマイル雫
私がぼけぼけしている間に、
バナーを貼っていた「純平君を支える会」の純平君が
6月17日、心臓移植を受けるため無事海外に渡航したそうです飛行機
まだ22歳という前途ある青年ですが、
赤ちゃんの海外移植と違ってなかなか募金が集まらず苦労していたようです。
日本で人工心臓をつけながら待ち続け、
募金が集まる前にどうかなってしまったら…
と私も心配でHPを見ていたのですが、
なんとかこの日を迎えられてよかったです。
まだまだ待機の日々が続くと思いますが、
どうか無事日本に帰って来られますように四つ葉

純平君を支える会
※詳しくはコチラで


          *       *       *


(前回からの続き)

ある日、班の一人の先生がつかつかと部屋に入ってきた。

傷口を見せると、「ちょうど真ん中のところがふさがってないな」と言って、

側にいた看護師さんに「ホッチキス持って来て」と指示した。



「ホッチキス!?」 私はびっくりして聞いた。

「そうだよ。ふうこさんの傷は全部ホッチキスで止めてあるんだよ」

私は自分の傷を見るのが怖かったので、まだ一度も見たことがなく、

ホッチキスで止めてあることも知らなかった。

(だからなんかつっぱる気がしてたのか・・・)



しかし、そんなことに感心している場合ではない。

問題はその場でホッチキスを刺すかどうかということだった。

「麻酔もなしで!?もう痛いのやだよ~。」

「これくらい大丈夫だよ。だって傷がきれいにふさがった方がいいでしょ?」

「傷なんかきれいじゃなくていい!もうほっといて~!」



あれこれされた恐怖がよみがえってきて、

私はもう何もされたくなかった。






※このブログは私の過去の体験を綴ったものです。

※フリーページ内「お知らせ」UPしました。new!

blogranking  にほんブログ村 病気ブログへ
    ↑          ↑
命について考えていただけたら・・・
クリックは一人につき一日一回有効だそうです。
どうぞよろしくお願いします!


ロゴ2






最終更新日  2008年06月27日 17時12分50秒
コメント(12) | コメントを書く


PR

X

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月

フリーページ

コメント新着

 SAS-睡眠時無呼吸-いびき注意@ http://www.are-you-sas.jp/ 同じ病気を患っていている人のブログを始…
 王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…
 らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
 もじゃもじゃ君@ 短小ち○こに興奮しすぎ(ワラ 優子ちゃんたら急に人気無い所で車を停め…
 しおん@ ヤホヤホぉ★ こっちゎ今2人なんだけどぉ アッチの話…

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.