1494726 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

福ちゃん通信

2015.05.05
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こちらも、山崎行太郎氏のブログから。アドレスは同じです。

言うならば、櫻井よしこは、日本国憲法だけではなく明治憲法も否定していることになる。櫻井よしこに、それが分かっているのか、疑わしい。おそらく、自覚していない。

たとえば、「大日本帝国憲法」を審議している時、伊藤博文は、こう言っているそうだ。

抑(そもそも)憲法を創設するの精神は、第一君権を制限し、第二臣民の権利を保護するにある。故に若し憲法に於て臣民の権利を列記せず、只責任のみを記載せば、憲法を設けるの必要なし。(『枢密院会議議事録第1巻』)

櫻井よしこは、憲法改正の理由として、日本国憲法には、「国民の権利」ばかり書いてあり、「国民の義務」が書いてない、というが、明治憲法の精神にさえ反していることが分かる。伊藤博文が理解していたことを、櫻井よしこは理解していない。






最終更新日  2015.05.05 20:14:35
コメント(0) | コメントを書く

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.