2266763 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

福ちゃん通信

2021.04.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

海道、長野、広島の3つの選挙は、自民党に、もともと勝ち目のないともいえる戦いだった。だから、北海道の自民党は不戦敗という選択をしたと思う。

「菅政権」の政権運営への審判だという理屈も成り立つが、その理屈を声高に叫ぶほどのことではないと思う。

 

長野は羽田元総理のお膝元で実の兄弟の弔い合戦で勝っただけ。有権者は世襲候補、弔い合戦に優しい。

 

広島選挙区の西田候補は、河井夫妻の「選挙とカネ」事件があり、勝ち目はなきに等しかった。

その中を火中の栗を拾う形で出馬したのだから、偉い。むしろ善戦したと思う。

 

自民党の岸田県連会長は「力不足」という表現を用いたが、僕は違和感を覚えた。

他の言葉がオンエアされなかったのかもしれないが、善戦を強調してほしかった。

 

自民党3敗と騒ぐほどの話ではない。

負けるべくして負けただけ。

自民党には、こうした逆風を跳ね返して勝利をもぎ取るだけの執念、体力が弱くなっていることを示したにすぎない。公明党は全面的に支援した。公明党並みの布陣を敷いてほしかった。

 

【敵失】だけによる勝利で野党やマスコミは騒ぐが






最終更新日  2021.04.27 23:12:52
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.