2343919 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

福ちゃん通信

2021.09.06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

自民党総裁は、日本の総理になる。注目を集めるのは当然だ。

だが、出馬の予想される人の動静、それを支える人の動き。政策や政治的な見識よりも「誰が有利に戦いを進めているか。誰が当選するか」に報道は傾斜する。

どの世界でも人事への関心は高く、まして、首相になる人を決める自民党の総裁選だから、当たり前なのだろう。

 

今月末まで報道は過熱し、自民党の支持率は上昇するだろう。

菅さんに対して加えられてきた批判=自民党批判は消えるだろう。

対抗する形で最大野党への支持率も上がるだろう。

政策やこれまでの実績とは関係なく、こうした傾向になるだろう。

 

割を食うのは自民党と最大野党以外の政党である。

いわゆる埋没である。

最大の政治課題である新型コロナ対策において、公明党は国政をリードする役割を果たしてきた。胸を張って言える。公明党こそが頑張ってきたと。

だが、自民党総裁選挙報道によって、埋没する危険がある。

誰が自民党総裁になったとしても、暮らしの現場の声を政治に反映させる力は公明党にある。公明党が一番だ。そう語っていく。







最終更新日  2021.09.06 00:37:06
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.