2343975 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

福ちゃん通信

全5319件 (5319件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2021.09.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

19時のNHKは高市さんが総裁選に挑む政策を発表したというニュースを流しました。ご自身でまとめられたのでしょうか。雑駁な印象ですが「総理総裁は無理かな」と感じました。靖国参拝についてもそうですが。

自民党支持率上昇をもたらし始めた総裁選ですが、今週に入ってからはニュースを見ている限り、あまり熱気が伝わってきません。

始まればまたよくなるでしょうが。

立憲民主党が共産党など計4党で【市民連合】と政策協定だったかを結んだとお昼のNHKニュースで見ました。

国民民主党が加わらなかったことが、このニュースのポイントですね。2党は社民党とれいわです。

【市民連合】には労働組合の「連合」も加わっていないと思います。

映像を見ると、志位氏が得意げな表情でした。明日の「赤旗」は大々的に報道するでしょうね。

それにしても共産党は【市民】という表現がお好きです。マスコミは【市民】という表現を受け売りしてそのまま流します。

パラリンピックの会場に入ろうとした子どもたちが【市民団体】と鉢合わせした記事を月曜日の新聞で読みました。

昨日の投稿も【市民団体】の写真です。

明日の「赤旗」には市民連合の団体一覧が掲載されることでしょう。







最終更新日  2021.09.08 21:20:30
コメント(0) | コメントを書く


2021.09.06
カテゴリ:カテゴリ未分類

自民党総裁は、日本の総理になる。注目を集めるのは当然だ。

だが、出馬の予想される人の動静、それを支える人の動き。政策や政治的な見識よりも「誰が有利に戦いを進めているか。誰が当選するか」に報道は傾斜する。

どの世界でも人事への関心は高く、まして、首相になる人を決める自民党の総裁選だから、当たり前なのだろう。

 

今月末まで報道は過熱し、自民党の支持率は上昇するだろう。

菅さんに対して加えられてきた批判=自民党批判は消えるだろう。

対抗する形で最大野党への支持率も上がるだろう。

政策やこれまでの実績とは関係なく、こうした傾向になるだろう。

 

割を食うのは自民党と最大野党以外の政党である。

いわゆる埋没である。

最大の政治課題である新型コロナ対策において、公明党は国政をリードする役割を果たしてきた。胸を張って言える。公明党こそが頑張ってきたと。

だが、自民党総裁選挙報道によって、埋没する危険がある。

誰が自民党総裁になったとしても、暮らしの現場の声を政治に反映させる力は公明党にある。公明党が一番だ。そう語っていく。







最終更新日  2021.09.06 00:37:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.09.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
日本共産党は、五輪期間中も「今からでも五輪の中止を」と主張し続けた。
開会式当日も【市民】が国立競技場付近で東京五輪に反対する集会を行った。
そんな日本共産党の政治家が、近く行われる衆議院総選挙で立憲民主党と選挙協力を行う。
僕の地元の埼玉7区、お隣の10区でも共産党は初めて公認候補を立てず、立憲民主党に協力する見通しだ。
日本共産党は、一緒に連立政権を組もうとしている。
衆議院総選挙は「政権選択の選挙」と言われる。
仮に自公が過半数割れして【枝野+志位】の連立政権ができれば、日本の国はどうなるか。
民主党政権どころの話ではない。
日本の国が壊れていく。
これだけは防がなければならない。
横浜市長選挙や個別の国政補欠選挙とは比較にならないのが、政権選択の衆議院総選挙である。
無党派の皆さんにも、民主党による政権交代の後、何が起きたのかを振り返り、冷静な判断をお願いしたい。

自衛隊を【人殺しの訓練をしている】とするのが日本共産党である。
国旗も国歌も認めないのが日本共産党である。
「下級は上級に従え」が党内規律の日本共産党である。民主主義ではなく、共産主義社会の実現を目指すのが日本共産党である。

また、枝野氏が総理になればコロナが終息するか。
委員長在籍20年間の志位氏が与党党首会談に出ることになる。
それでいいのか。






最終更新日  2021.09.02 00:28:36
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、たまたま立ち寄った坂戸市のお店でのこと。
お店に入っても、おかみさんはずっと電話で話していました。
盗み聞きではなく、スマホでお話ししている内容は、手に取るように分かりました。
実はとても大事なお話でした。僕というお客よりも大事なお話でした。
で、僕もその話に加えてほしいと申し出ると「いいよ」と即答。

今朝は、その話のことで5人の人に電話をかけ、すべて経緯をいちからご説明。2人から「ぜひ」との返事がありました。
おかみさんに昼頃、結果を報告。
19時頃に「書類を取りに来て」との電話をいただき、受け取りに行き、21時に2人のところへお届け完了。

「難しい球を打てることも大事だが、絶好球を絶対に見逃さないことがより大事」という言葉を学んだことがありますが、昨日と今日はまさに、チャンスボールを捕まえたという実感に包まれました。嬉しい。






最終更新日  2021.08.26 23:50:57
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
パソコンに向かっていなかった。
だからスマホからできるフェイスブック、ラインへの投稿をしてました。
久しぶりに22時からパソコンに向かい、資料調べの必要な原稿を書いたので、ついでにブログにも投稿しました。
反省=パソコンに向かおう。






最終更新日  2021.08.26 23:35:13
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
ワクチンの接種スケジュール






最終更新日  2021.08.26 23:32:14
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.27
カテゴリ:カテゴリ未分類

海道、長野、広島の3つの選挙は、自民党に、もともと勝ち目のないともいえる戦いだった。だから、北海道の自民党は不戦敗という選択をしたと思う。

「菅政権」の政権運営への審判だという理屈も成り立つが、その理屈を声高に叫ぶほどのことではないと思う。

 

長野は羽田元総理のお膝元で実の兄弟の弔い合戦で勝っただけ。有権者は世襲候補、弔い合戦に優しい。

 

広島選挙区の西田候補は、河井夫妻の「選挙とカネ」事件があり、勝ち目はなきに等しかった。

その中を火中の栗を拾う形で出馬したのだから、偉い。むしろ善戦したと思う。

 

自民党の岸田県連会長は「力不足」という表現を用いたが、僕は違和感を覚えた。

他の言葉がオンエアされなかったのかもしれないが、善戦を強調してほしかった。

 

自民党3敗と騒ぐほどの話ではない。

負けるべくして負けただけ。

自民党には、こうした逆風を跳ね返して勝利をもぎ取るだけの執念、体力が弱くなっていることを示したにすぎない。公明党は全面的に支援した。公明党並みの布陣を敷いてほしかった。

 

【敵失】だけによる勝利で野党やマスコミは騒ぐが






最終更新日  2021.04.27 23:12:52
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

「医療体制」の逼迫と報道するが、「コロナ患者を治療にあたる医療体制」の逼迫ではないか。

開業医の先生方は、週休2日制、残業なしであり、逼迫していないだろう。

全国民を対象としたワクチン接種を、普通の診察を受けに来る開業医のところだけで実施できるのか。

 

コロナを「国難」というなら、コロナ治療にあたっていない医師は、接種に休日返上であたっていただきたい。ワクチン接種が、コロナ感染拡大防止の切り札だから、すべての医師に、この国難に立ち向かってほしい。

 

金曜日の川越市広報をご覧なった市民から寄せられた感想です。同感です。

【注=川越市は5月からの接種を市内の半分以下の開業医の診療所で開始します。6月からは、ほぼすべての病院でも接種を開始します。でも、その体制だけで、集団接種の体制づくりをしないで、大丈夫なのか。そういうご意見です】

やはり。高齢者への接種は出荷量の1割未満。NHK​https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210426/k10012997751000.html記事から一部抜粋します。

「高齢者の接種」(今月25日まで)

国内全体では25日までに74852人が1回目の接種を終えています。優先接種の対象となる高齢者はおよそ3600万人で、ワクチンを接種したのはまだ全体の1%未満です。

また、先週までの出荷量は合わせて1100箱、15回で計算すると1072500回分とされ、実際に1回目の接種をした高齢者は出荷量の1割以下にとどまっています。

 







最終更新日  2021.04.27 23:11:03
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
フェイスブックとラインへの投稿で精一杯。というか、スマホで投稿するようになってから、パソコンの前で作業することが少なくなり、ブログへの投稿が遠のいています。
「記録」という観点からは、ブログの方が検索した時に出てくるので便利なのですが。
本来、暇なはずなのですが、次から次へと、さまざまなことに追われ、あまり時間的なゆとりのないことも理由の一つです。
ごめんなさい。






最終更新日  2021.04.25 00:17:54
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.22
カテゴリ:カテゴリ未分類

「一気に行く。今度の総選挙で勝って、新しい政権をつくる」=共産党の志位委員長の記事の見出しです。

でも、ね。

コロナの法律改正に立憲などの野党は賛成したが、共産党は反対。

まるっきし違う態度を取った。

野党連合を叫ぶ言葉と国会での実際の行動は正反対。

野党連合による政権交代は「一気に壊れた」のでは。

 

でも、衆院選における【野党共闘】はあるだろう。

立憲は【共産党票】がほしいし、共産党は【すべての小選挙区に候補を立てる路線を変更した大義名分】がほしいから。

総選挙が終われば【野党共闘】は「一気に壊れる」。

だって志位さんは委員長在任20(その前に書記局長10)。そんな党首の率いる共産党と、わがままな立憲などの議員が一緒にやれるわけがない。

政党助成金についての態度も全く違う。政党助成金を受け取り党の会計に透明性を持たせることは、共産党には、できないことだから。

【野党共闘】は、総選挙向けに利害の一致する立憲などの野党と共産党の戦術に過ぎない。

 







最終更新日  2021.02.22 15:27:54
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5319件 (5319件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.