000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

なつクリニック皮膚科・形成外科・美容皮膚科           阪急西宮北口のクリニック

PR

Profile


amazonuser

Category

カテゴリ未分類

(8)

皮膚科 病院

(4)

形成外科

(1)

スキンケア

(1)

アンチエイジング

(0)

医療レーザー脱毛

(0)

ニキビ跡 ニキビ

(6)

ダイエット

(1)

メイクアップ・スキンケア・化粧品

(0)

クリニック 内装

(1)

阪急西宮ガーデンズ

(2)

健康・病気にまつわること

(1)

ワイン

(0)

料理

(0)

SWEETS

(3)

毛穴治療

(0)

美容整形 美容治療

(0)

Nコグリフト

(0)

Archives

2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Comments

通りすがり@ Re:NHK あさイチで放送 「トレチノイン」「PRP」「ウルセラ」(07/06) 医療秘書を雇って負担を減らすしかないん…
fukuda-clinic@ Re:スポット照射について。(06/11) こゆきさん 鼻全体の大きさで31500円で…
こゆき@ スポット照射について。  頬全体に薄いにきび跡があるのですが、…
MIKI@ エコツー くわしい説明ありがとうございました。平…
fukuda-clinic@ Re:エコツー(10/27) MIKIさま エコツーの傷跡修正の適応と…
MIKI@ エコツー すいません。もう1つ質問があります。私は…

Favorite Blog

説明の多い料理店・… THEゲームさん
西宮の「なつクリニ… なつクリニックさん

Calendar

2010.05.17
XML
カテゴリ:ニキビ跡 ニキビ


兵庫県西宮市の「なつクリニック皮膚科・形成外科」のブログです。医院の詳細はこちらから。       三宮・芦屋・梅田からもすぐ。↓

     http://www.natsu-clinic.com



今日は暑いですね!

やっと汗ばむ日が来ましたが、この季節は ワキの脱毛と、多汗症や ちょっと汗が多くて困る、という方のボトックス注射希望が増えてくる時期です。

今年は、ワキ脱毛と、ワキボトックス注射の キャンペーン価格をこの時期実施していますので、ご興味のある方は HPをご覧ください。


「キャンペーン価格」と銘打ってばかりでは、なんだかとても商業的で、絶対に値引きでは集客をしない、という先生もいらっしゃいます。
医学的にしっかりとした治療を行い、その後の経過も確実に追っていくことを考えると、値段だけでたくさんの方をひきつけてしまっては、逆にそういった治療が困難になったり、思わぬリスクが潜んでいます。
私もそれには基本的に賛成なのですが(きちんと治療をしていこうと思うと、安さだけで訴えるには無理があるのです。)、梅雨時期は 年末や3月と違ってどこの医院や施設でもあいている枠が出てくること、 また薬剤の流通や機器の使用頻度に応じて、価格面で対応させていただくことが、ワキ脱毛など ほとんど確立されたローリスクな処置であれば可能であることから、一部キャンペーンも時折実施しています。


患者さまにはこれらはうまく賢く使っていただければ、と思います。



さて、タイトルの炎症後色素沈着、ですが、突然ですよね。

ですが、いろんなシーンで遭遇することがありますので、皆様にはきちんと理解していただければと思います。

炎症後色素沈着は、文字通り炎症に伴ってその後メラニン生成が増加し、色調が濃くなることです。
ですので、じんましんや湿疹などかゆみを繰り返したり、赤くなっている部分を放置すると黒くなってきます。
またニキビ跡の赤みがその後 茶色くなってしまうのも、この炎症後色素沈着です。

そしてクリニックで最も大切なのが、治療後の炎症後色素沈着です。

アグレッシブな治療は その分だけ炎症を伴います。
したがって、エコツーの治療でかなり強めの照射を行う際や、術後の瘢痕には炎症後色素沈着をおこす可能性があります。


当院ではエコツーの照射は 各部位、症状、肌タイプに応じて照射方法を細かに変えていますので、しっかりとニキビ治療を行っても ブリッジセラピーを施行しているクリニックに比べ、色素沈着の例はかなり少ないと思います。
もちろん ブリッジセラピーでもそれだけ炎症の程度を抑えれば リスクは減るのですが、実際にはブリッジセラピーではアグレッシブに照射される先生が多いのでしょうか、また、照射方法の違いもあるのですが、かなりの発生率のようです。


この炎症後色素沈着は、起こらないに越したことはないのですが、これが曲者です。

色素沈着がまずおこらないような照射を心がけていますが、そのリスク率が上がるような強い照射をするのは、傷の治療は一生もの、炎症後色素沈着は一時的なもの、そのどちらを重視するかであって、せっかくの治療を行っているのですから、部分的な一時的な色素の増強であれば構わない、という方には同意を得てから行っています。

ですが、通常はまず色素沈着を起こさない照射レベルでも、ごくごく稀に色素沈着を起こす方がいます。

術後にどれだけ紫外線にさらされたか、どれくらいで炎症が落ち着いたか、どのような手入れをされているか、普段からこすったりしていないか、などポイントはいくつもあるのですが、それらに留意していても起こる場合があるのです。

これはもう個人差としか言いようがなく、スキンタイプの分類以外には、予想がつかないといってよいでしょう。

当院では 起こるであろうと事前に説明をし、それでも少ない回数での治療を希望されたので、リスク承知で強めの照射を行った方で1例、 もともとのスキンタイプ、顔全体の色調の濃さから予測して高リスクの方で1例、中等度の照射であり、色素沈着はおこりにくいレベルの照射を行った方で1例あります。


またまたこう書くと、治療に躊躇される方もいらっしゃるかもしれませんが、適切な処置をすればきちんと色は戻ります。

長年悩みであったはずの凹みを改善するために一時的な色素増強を受け入れられるかどうか。


ほとんど生じた例はありませんが、一度起こってしまった場合には 色調をはやく戻す処置やスキンケアを行っていきます。


とにかく日焼け止めを使用されていても、日焼け、さらなる炎症、摩擦、などは厳禁ですのでご注意ください。
(そうはいっても外で働くのが仕方ないという方でも全く色のでない方もいます・・・。うらやましいですよね。)



いざ、色が濃くなってしまった場合は、治療方法、スキンケア方法はあります。


きちんと消えますので、落ち込まずに、前向きに、頑張ってください!









Last updated  2010.08.13 13:31:45
[ニキビ跡 ニキビ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.