000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

常住不断 福井孝典ホームページ

2019年11月22日
XML
カテゴリ:映画・TV・演劇
ミハイロフスキー劇場のバレー『パリの炎』を観てきた。さすがに元ソヴィエトの劇場が演じるものだけに、革命を演じるといきいきと快活に演じているように感じられた。またこれらのシーンを西洋人が行うと、いかにも絵になる。王宮の場面なぞはまさにそれらしい景色になっていた。バレーという躍動感のあるパフォーマンスは、肉体的な若さを直接感じさせる。フランス革命の自由・平等・博愛のスローガンは人類共通のスローガンである筈ではあるけれど。なにか遠くのものでもあるかのようにもし見えてしまうのなら、これは問題だ。今、まさに香港の若者たちはこれを求めて闘っている最中なのだから。






最終更新日  2019年11月22日 14時38分24秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画・TV・演劇] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

プロフィール


フクイタカノリ

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

コメント新着

 みやはらあきこ@ Re:『未来への大分岐 資本主義の終わりか、人間の終焉か?』(01/05) へぇ、面白そうですね^^どんな本だった…
 omachi@ Re:アブレーションを受ける(06/02) 歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知っ…
 フクイタカノリ@ Re:安達二十三中将(08/11) ニッキーさん >ご指摘大変ありがとうござ…
 和子7445@ Re:安針塚で花見(04/01) 良いですね!! うぐいすのさえずりの中を…
 フクイタカノリ@ Re[1]:パプアニューギニア(07/15) >PNGジャパン、ゴロカ支店・見形明美さん…

お気に入りブログ

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.