261689 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

常住不断 福井孝典ホームページ

全390件 (390件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 39 >

2019年07月30日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

書かないと7月分が空白になってしまう。今年は毎月必ず一つは何か書くと決めてあるので、それが守れないことになる。だから何か書こうと思うのだが、今月は何も無い。雨ばかり続いたこともあるかもしれない。確か娘の運転で厚木に鮎を食べに行ったこともあった。しかし書くほどのことでもないと思ってしまった。本も読んだが、ほとんどみんな次の作品に関するものばかりだ。そう! 次の作品は書き続けている。ていうか、そればっかりだ。もう半分終わった。しかしそれ以外には……。市民大学講座に出ている。これがなかなかおもしろい。逸見に在る背の高い建物でやっている。鎌倉国宝館館長の鈴木良明先生が講師で、「古文字に親しもう」という講座だ。どこからか探してこられるテキストが面白い。江戸の雰囲気がよく感じられる。これだけが、目下やっていることだ。







最終更新日  2019年07月30日 06時48分20秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年06月13日
カテゴリ:読書

 町を知りたければその歴史を調べれば良い。古地図があればもっと良い。江戸の古地図を調べると東京の町がよく判った。町を歩かなくても古地図を見るだけでその歴史がよく判る。古地図はその町の歴史を如実に語ってくれる。
 この書は副題に『読み解き大阪大絵地図』とあるように江戸時代までの古地図を基にしてその町の歴史を語っている。これまでキタとミナミしか知らなかった自分にとって、大阪を知る良い機会となった。







最終更新日  2019年06月13日 13時13分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月19日から1ヶ月以上、脳梗塞ということで横須賀うわまち病院に入院していた。つらい毎日だったが、今度も殆ど麻痺が残らず九死に一生を得た。今年度、心房細動・脳出血・脳梗塞と死に至る病気を連続して体験した。年齢も70歳になる。生き方を変えなければならないなとは思っている。そして何よりも、次の作品だけは是非とも仕上げたい。






最終更新日  2019年05月23日 20時30分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月17日
カテゴリ:映画・TV・演劇
標記の演奏会が聴衆いっぱいの横須賀芸術劇場で催された。毎年かかさず演奏されてきて、これで36回目だそうだ。話には聞いていたのだが、初めてこれに参加した。作詞・栗原一登、作曲・團伊玖磨の5楽章にわたる堂々たる作品だった。「東海の三浦を分けて・ふるさとよ・わだつみ広く・山青く・先史に開く・悠久の歴史を生きて・われらあり・ああ横須賀われらあり」という序章から始まって、黒船到来、衣笠城跡、谷戸の生活、為朝神社の虎踊り、弟橘媛命追慕、港で船を見る子どもたち、半島の自然を愛で「わが大地・自由を満たせ・わが風よ・連帯を呼べ・横須賀を・われら愛し・繁栄を・この手で拓く」と終章で歌い上げる。こういう文化が横須賀に定着していたことに今更ながら驚き、誇らしく思った。






最終更新日  2019年04月17日 10時58分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月04日
カテゴリ:旅行

千鳥ヶ淵

富士見櫓               清水門






最終更新日  2019年04月04日 10時16分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
8日から15日までの一週間、横須賀うわまち病院に入院していた。脳出血(右視床出血)ということで、絶対安静だった。幸い、左頬辺りの少しのシビレという後遺症だけで退院でき、執筆その他に影響することはない。しかしながら、昨年は心臓、今年は脳と、70歳になるのを目前にして大きな問題が連続した。充分気をつけて生活しろという天の声か。






最終更新日  2019年03月15日 14時31分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月03日
カテゴリ:旅行
江戸町歩きが続いている。今度は、日光裏街道の三ノ輪から浄閑寺、鷲神社、吉原神社、新吉原遊郭跡、日本堤、待乳山聖天、浅草寺。大手門、常盤橋御門、日本橋、三越下の凞代照覧、今川橋、龍閑川、鎌倉河岸、神田橋、錦小路、太田姫稲荷神社、神保町。清澄白河、清澄庭園、萬年橋、芭蕉庵跡、清洲橋、水天宮、人形町通り、葭原跡、小伝馬町、伝馬町牢屋敷、石町時の鐘、恵比寿神社、日本橋。鐘ヶ淵、木母寺、隅田川神社、墨堤通り、白鬚神社、秋葉神社、向島、長命寺、牛島神社、押上。これらを古地図を見ながらガイドの説明を聴いて回った。この旅はさらに続く。






最終更新日  2019年03月03日 14時49分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
近所のしょうぶ園で毎年恒例の花火の会『冬の華』が開催された。昼間はお祭りのようなことをやっていたが、午後六時ぴったりに花火の会は始まった。その頃には園は人でいっぱいで、車で乗り付ける人たちもひっきりなしにやって来ていた。三十分間休み無く、音楽に合わせてうち続けられる花火は見事で、狭い空間だけに、本当に頭上で炸裂する驚きもあった。寒気で緊張した夜空に開く『冬の華』、冬に行う花火もなかなかいいものだと毎年思う。子供たちにとっても、ふるさとを思い起こす思い出の一つとなることだろう。






最終更新日  2019年02月18日 09時35分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月11日
カテゴリ:旅行
昨年秋から始めた江戸散策が続いている。品川宿。飯田橋駅前の牛込御門から神楽坂を通って馬場下の早稲田まで。五反田から池田山、島津山、御殿山、目黒川沿いに太鼓橋、明和の大火の火元となった行人坂。赤坂御門から貝坂、麹町、半蔵門から井伊屋敷跡、かすみが関、桜田門から日比谷御門。神田川の筋違御門の広小路にある万世橋駅跡から昌平橋、湯島聖堂、昌平坂学問所跡、神田明神、妻恋神社、湯島天神から不忍池。これらを古地図を手にガイドに導かれて回った。幼少の頃から大学時代までずっと育ってきた東京だが、それも江戸時代から照射してみて、初めてその姿が理解できたような気がしている。このハイキング、まだまだ続けるつもりでいる。






最終更新日  2019年02月11日 14時39分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ワンコインで楽しめるカジュアルコンサート。地元、横須賀交響楽団の演奏会。横須賀芸術劇場は四階まで埋まっていた。石野雅樹氏の軽快な指揮に導かれて、迫力ある演奏が楽しめた。
 演奏曲目は、オペレッタ「経騎兵」序曲、ワルツ「加速度円舞曲」、ポルカマズルカ「浮遊」、ワルツ「女学生」、ポルカシュネル「ハンガリー万歳」、交響詩「フィンランディア」、オペレッタ「メリーウィドウ」のワルツ、ポルカフランセーズ「短2度のポルカ」、「南太平洋」メドレー、「サウンド・オブ・ミュージック」メドレー、ポルカシュネル「観光列車」、ワルツ「美しく青きドナウ」。それにアンコールとして「ウィリアム・テル」序曲、「エデンの東」、「ラディッキー行進曲」。
 時間や空間を飛び越えて思いが浮遊するうちに、演奏時間の2時間半はあっという間に過ぎてしまった。






最終更新日  2019年01月13日 19時16分56秒
コメント(0) | コメントを書く

全390件 (390件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 39 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.