265186 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

常住不断 福井孝典ホームページ

全66件 (66件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

カテゴリ未分類

2019年01月04日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

新年おめでとうございます!
今年もよろしく!

                     新春は横浜で過ごしました。








最終更新日  2019年01月04日 20時15分18秒
コメント(0) | コメントを書く


2018年10月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ベテランズ・フォー・ピース(平和を求める元軍人の会)の2018ジャパンツアーの一環として横須賀で講演会が開かれた。話してくれたのは、ベトナム戦争を経験したマイク・ヘイスティ氏とイラク戦争を経験したネイサン・ルイス氏で「ぼくたちが見た戦場のリアル」と題して、自らのおいたちから始まって、戦争体験、戦争をめぐるアメリカの様子等を誠実に伝えてくれた。私の最新作『ドリームキャッチャー』が同様のテーマだったもので、興味深く耳を傾けた。その中で「1918年から2018年までの百年間ずっと帝国主義を遂行してきたアメリカは、完全に戦争中毒になっている」とか、「WARはWelths Are Richer(金持ちが儲ける)だけのもので、自由とか民主主義なぞという要素は全くない」とかの言葉も出て、痛快だった。元教師がアメリカの平和教育について質問すると、「アメリカに平和教育なぞ無い」と言い切ってから、「しかし実際平和教育が一番求められているのはアメリカだと思う」と断言し、「 戦争の実態を知っているベテランズ等を含めて本当に真剣に平和を求めていかねばならない」と言った。もちろん彼らと違う意見のアメリカ人も多いことだろうが、最近私が接するアメリカ人は彼らと同様の意見の者も多いのだ。






最終更新日  2018年10月29日 06時44分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月02日
カテゴリ:カテゴリ未分類
横須賀共済病院でアブレーション(カテーテル心筋焼却術)をやった。心房細動ということで慢性的に不整脈が出ていたから。ほうっておくと脳梗塞や心不全になったり、動悸・息切れ・めまい等で生活の質が落ちていく可能性がある。三泊四日の入院で久しぶりに確かな脈拍が戻った。






最終更新日  2018年06月02日 13時55分10秒
コメント(1) | コメントを書く
2017年12月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
川崎市平和館で開催されていた企画展に参加した。映画『イラク チグリスに浮かぶ平和』の上映があって、その後同作品を監督した綿井健陽氏の「報道は嘘をつくのか」という講演があった。
写真・造形展では「リテラシーを考える写真」「環境」「難民」「暮らし」「武力紛争」「生きる」と題して数々の報道写真の展示があった。また「戦死者たちからのメッセージ」と題して武田美通氏の鉄の造形が展示されていた。私の作品『屍境 ニューギニアでの戦争』を思い起こさせる息をのむ作品群だった。川崎平和館の2階は戦争と平和を考える常設展示がなされていて、小中学生にもよく考えさせるように工夫した展示があった。






最終更新日  2017年12月10日 10時05分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年11月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類
アクセスが200000を突破した。
 ブログを開始したのが2003年の11月。それから14年。
 100000を突破したのが2011年5月。それから6年半。
 このアクセス数が多いのか少ないのか判断はつかない。
 何はともあれこれまでアクセスしていただいた方には感謝申し上げたい。
 これからも少しでもアクセス数を増やすように「常住不断」でやってまいりたい。






最終更新日  2017年11月30日 10時04分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年10月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ホームカミングデーの招待があって久しぶりの早稲田へ行った。毎日通学に使っていた東西線に乗った時から、当時の心の風景がよみがえってきた。今から考えれば経験不足は否めないが、頭脳は極めて明晰だった。あの頃の覚醒した心意気が思い出される。
 記念式典会場の大隈講堂は以前とまるで変わらぬ趣で、ただ埋めている参加者が年季を増しているだけだ。色々挨拶等があって、恒例の校歌応援歌の斉唱となった。学生歌「早稲田の栄光」の斉唱もあって、数十年経って聞くとノスタルジーでいっぱいになってくる。
 この日のキャンパスは、稲門会が主催する稲門祭が行われていて、各種のイベントや模擬店がたくさん開かれている。こうした祭りの賑やかさは早稲田大学関係者の最も得意とするところのような気がしてくる。 多くの校舎が新しいものに改築されていたが、教育学部の十六号館はそのままのたたずまいだった。昔よく通った図書館は現在は博物館になっていて、当時阿部球場だった所に近代的な図書館が建っていた。入ってみると昔と変わらぬ勉強する学生たちの姿があった。
 次は福引きにも挑戦してみようと思った。






最終更新日  2017年10月16日 13時25分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年10月02日
カテゴリ:カテゴリ未分類
長い時間がかかった久里浜田浦線がとうとう開通した。早速歩道を歩いてみると、今回完成したのは歩いて10分ほどの短い区間だった。しかし道の両側には密林が生い茂り、山深くを切り開いたという印象を強く与えられた。自然に囲まれた別世界だ。横横道路を降りて直ぐに続いており、車はスピードを出したまま飛ばしそうだ。白バイが大忙しで行き来していた。散歩にちょうど良いくらいの距離を歩いてから横須賀中央に出て、小柴の穴子を出す「岩松」へ行き、天丼を食べた。






最終更新日  2017年10月02日 17時07分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
携帯はガラケーで、それもあまり使っていなかった私であったが、ひょんなことからiPhone7を使うことになった。「ありがとうさようなら携帯、スマホですよー」というような状況になった。これまで同様アプリなどあまり導入せずに最少限度にしようと思ってはいるが、使ってみると矢張りなかなか便利なものだ。Siriを使った音声認識機能やGoogleMap、インターネットやカメラ等の機能も以前とは比べようもないほど進化している。
 そんな中で一番便利にしているのは、weblio単語帳。ガラケーの時も使えたのかもしれないが、スマホになって初めてこれを知った。暗記すべき自分の単語帳(意味を自分流に編集出来、発音もついていて、単語の並べ方も色々変えられる)を即座に作ることが出来る。復習や語彙力診断機能もついていて、単語力定着にはとても有効だ。英語学習の最終的に行きつくところは単語力にあると考えている。スマホがそのための強力なツールになるのは確実だ。






最終更新日  2017年01月16日 00時10分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年も熱海「金城館」で開かれた浜教祖OB会の総会と懇親会に参加した。
 総会・講演会の後は恒例の懇親会。一年以上ぶりに顔を合わす古い仲間との再会で酒も進む。が、酒が進むのは私にとって年中行事で、この時ばかりではない。今回はお銚子4本ぐらいとビールという程度。二三日前の真冬日到来で風邪気味だったせいかもしれない。懇親会終了で立ち上がったところで意識が途切れてしまった。
 気が付けば養護教員部の山下先生に手を握られ、回りに心配そうな顔がのぞいている。元委員長が「私の顔がわかりますか?」と聞いてきたが、福寿さんの顔がわからないはずがない。そう答えると周りから笑いが起きた。瞬間、死んだようになっていたらしい。これが死なら、楽なものだと考えた。新しく出来た青年員会や若い本部役員の人たちが部屋までついてきてくれた。謝意を表すると、OB会はいつもこういう感じです、とのこと。
 そう言えば、私の父も電電公社のOB会で飲み過ぎたのか階段から転げ落ち、日赤病院に運ばれ、私たち夫婦が車で迎えに行ったことがあった。OBとは、そういう危険性のある人たちなのだということを身をもって実感した。






最終更新日  2016年11月13日 14時09分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年02月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 汐入の産業交流プラザで催された「稲門研修会」で、『北京・飛鳥・ニューギニア その歴史と場所』と題する話しをした。1時間の講演ということで、そんなことは初めてだったので、準備をして臨んだ。固くて深刻な内容の話しであったが、皆さん至極真面目に熱心に聴いてくださり、その後の質疑応答も内容の深い、突っ込んだものばかりで、有益な時間を過ごすことができた。ついでに、ということで私の書いた本を持ちこんで隅で売らせて貰ったが、すっかり完売した。良い日だった。






最終更新日  2016年02月25日 10時59分47秒
コメント(0) | コメントを書く

全66件 (66件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.