265456 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

常住不断 福井孝典ホームページ

全66件 (66件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

カテゴリ未分類

2004年07月08日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
暑い! 冷房の無い場所で数十人単位で接する多数の人たちと、あれやこれや格闘していると、流れ落ちる汗もかれてくる。しかしこれも自分が選んだ仕事。まだなんとかやれていることが嬉しい気がしている。サウジアラビアでやっていたことを思えば、こんな暑さなんて普通じゃないと妻に言われ、そうだったと思い出す。その妻は、最近韓国のドラマに大変興味をひかれている。どこがいいのかについて、妻の話を聞きながら、外国で出会った勉強好きでとてもよい感じのたくさんの韓国の若者達の様子を思い出した。謙虚で国際感覚も優れていた。






最終更新日  2004年07月08日 21時39分09秒
コメント(0) | コメントを書く


2004年05月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、横浜球場へ行った。優勝した頃はよく行っていたが、ずいぶん久しぶりだ。雨が降っていて風も強かったが、良いテンポで試合が進み、楽しめた。ベイの四本のホームランも見られたし、ローズの場外を含むジャイアンツの追い上げもあった。何と言っても、1点差を守り切った大魔神の投球を見られたことが良かった。江藤・阿部・清原を難なく片付けた。佐々木の復帰は横浜にとって何よりも大きいカンフル剤だ。今年はしばらく楽しめそうだ。ついでだが、『ビッグ・バン経由三浦半島行き』には、ベイの二軍である湘南シーレックスが横須賀球場で試合する場面が出てくる。横須賀球場、横浜球場、ともにほんのり海の香りがするさわやかな球場だ。






最終更新日  2004年05月05日 17時03分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年04月18日
テーマ:今日の一言(1265)
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日もきっとそうなんだろうと思うが、最近、初夏を思わせるような天気という日がかなりやって来る。初夏とは、こんなに気持ちの良いものだったのかと思う。暖かい気温に覚醒させられて周りを見れば、街路や山のそこここで様々な色の花が開いている。庭の八重桜も、たわわという感じで満開だ。それらの色彩が空の明るい青色を背景に輝くようだ。しかし木々の緑は、多分夏よりもずっと柔らかく若々しい。萌黄色というのだろうか。いかにも新鮮な息吹を感じてしまう。なんとも気持ちが良いものだ。






最終更新日  2004年04月18日 16時03分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年04月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
新しい年度になってから最初の1週間が終わった。金曜の夜はいつも一番気持の明るい時だが、今日はまた格別かもしれない。良い一年が過ごせそうな予感がある。先月、桜の開花が記録的な早さだったので、四月になったらもう花は無いかと覚悟していた。しかし寒い日を間に挟んだために、まだ職場の入り口に続いている桜並木には花がたくさん残っている。日がな一日、花弁を散らし続ける風景を毎日窓から眺めることが出来る。新年度が、このようなのどかな風景で始まることが出来たことも喜ばしい。






最終更新日  2004年04月09日 18時27分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年03月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類
本格的な春となり、大海原に抱かれ、潮風に乗ってディンギーを疾走させる良い気候となってまいりました。当方もそうしたいのは、やまやまではありますが、よる年波には勝てず、このたび愛用のディンギーヨット・YAMAHAシーホッパーを手放すことにいたしました。フリマのオークションで1万円で出したところです。ただし、運搬料は落札者持ちです。欲しかった方には、ちょうど良い機会かもしれませんので、ぜひ名乗りをあげてください。






最終更新日  2004年03月28日 20時52分12秒
コメント(1) | コメントを書く
2004年03月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
新しい職場に来ての最初の一年間が終わった。同じ仕事である筈なのに、職場が違うと、一つ一つがまるで違う。それは覚悟していたが、やはり本当に疲れた。この年齢で、この仕事は超ハードだ。来年は、きっともう少し楽になるだろうと期待しつつ、ホッと一息つく。しかしあまり気をゆるめると、どこか身体の具合が悪くなることもあるので、多少の緊張感は維持しなければ。






最終更新日  2004年03月25日 17時08分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年02月25日
テーマ:v 花粉症 v(1003)
カテゴリ:カテゴリ未分類
林に三方を囲まれた窪地から丘の上に職場が変わったこともあり、今年は罹らないような予感がしていた花粉症。昨日あたりから眼がかゆくなり、鼻がムズムズし始めた。朝、通勤途中でクシャミが数回たて続けに起きた。やっぱり罹ってしまったと覚悟し、毎年通っている医者に今行き、アレルギーの薬と目薬、点鼻薬を貰ってきた所。これで安心か。しかし、今年はそれほどヒドクならないのではという予感をまだ抱き続けている。逆に、これが起きるということは暖かくなったということで、春が訪れたということ。新しい職場での一年間がやっと終わり、また新しい年度の始まる息吹が感じられる時になったということだ。






最終更新日  2004年02月26日 17時52分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年01月31日
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日の夕方から気温が上がり、街を歩くに心地よい週末を迎えた。今日、明るい日差しに照らされて街を歩いていると、道端でビデオやCDの安売りをしていた。その中に『第三の男』があった。これが、なんと50円だった。ビデオ・アーカイブ・クラシックフィルム・コレクションと銘打って岩波映画制作所が編集している。発表当時の映画館を再現するとして、ニュースフィルムや漫画映画もついていて、ケースには公開時のオリジナルポスターが印刷してあった。1949年。その年に私は生まれた。現在とは、はるか隔世の感のする一方、それはつい最近の世界であったような気もする。プロフィールにも出してあるが、この映画は好きで、何回も観た。この一本のビデオの中に私にとっては宝物のような世界がつまっている。それが、こうして50円で手に入ってしまう。嬉しくはあるが、そこに長い年月の経過と、現代というものの姿を感じる。もちろん、良い買物であったことに間違いない。






最終更新日  2006年11月25日 09時42分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年01月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
何が一番健康に良いかと言って、決まりきったルーティンワークで生活が回転して行けるに匹敵するほどのものは無い。仕事場でも特に変わったことがなく、平常業務が進められる。それと同じように家に帰ってからも趣味の作業を、日曜大工のように手順通り一つ一こなして行ける。そういう状態が一番良い。年末年始は、酒が入る機会も多く、なかなかそうは物事が進まない日々が続いたが、ここへきて少し良い感じのペースになりつつあるようでもある。こうした生活態度を大事にしたい。そのために先ず心がけねばならないのは、晩酌を控えることか。






最終更新日  2006年11月25日 09時35分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年01月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 毎年やっている親族での新年会。今年は長女の夫が加わってバージョンアップ。中華街の華正楼で会食したが、大きな円卓に8名という人数は、ちょうど良い規模だった。料理も美味しかった。いつも通り、この時期の中華街は人出が多く、お祭りのようだった。
 空はよく晴れ渡り、山下公園の方から漂ってくる海の香りが清清しかった。食後はホテルニューグランドの喫茶コーナーでかなり長く談笑した。そこで御替りがきくとは知らなかった。






最終更新日  2005年11月13日 13時05分42秒
コメント(0) | コメントを書く

全66件 (66件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.