261570 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

常住不断 福井孝典ホームページ

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

カテゴリ未分類

2020年01月01日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​謹賀新年​​​​​

 あけましておめでとうございます。今年が良い年でありますように。

 昨年末、風邪をひいてしまい散々です。おまけにコンピューターが
壊れてしまい、メールも年賀状も出せません。そのうち新しいのを買
おうと思っていますが、それまで当分の間、失礼をいたします。






最終更新日  2020年01月01日 16時03分24秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年09月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
朝の空気が涼しく、めっきり爽やかなものになってきた。
この夏中書いてきた次の作品も書き上げた。
10月はじめに予定していたクルーズもせまってきた。
稲門会の仲間たちともしばらく疎遠になっていたが、又行動ができそうだ。
ラグビーのワールドカップも始まるようだし、色々楽しみだ。






最終更新日  2019年09月20日 07時52分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類

​​​​​​​​​​暑中お見舞い申し上げます
  ​​​​​​​​​​​とても暑いので毎日、読書したりDVDを観たりして過ごしています。
   身体が大事です。くれぐれもご自愛ください。
   汗をポタポタ垂らして働いていた時のことが懐かしくもあります。
   またのお会いを楽しみにしつつ余り無理をせず、頑張ってください。
​​







最終更新日  2019年08月08日 07時34分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類

書かないと7月分が空白になってしまう。今年は毎月必ず一つは何か書くと決めてあるので、それが守れないことになる。だから何か書こうと思うのだが、今月は何も無い。雨ばかり続いたこともあるかもしれない。確か娘の運転で厚木に鮎を食べに行ったこともあった。しかし書くほどのことでもないと思ってしまった。本も読んだが、ほとんどみんな次の作品に関するものばかりだ。そう! 次の作品は書き続けている。ていうか、そればっかりだ。もう半分終わった。しかしそれ以外には……。市民大学講座に出ている。これがなかなかおもしろい。逸見に在る背の高い建物でやっている。鎌倉国宝館館長の鈴木良明先生が講師で、「古文字に親しもう」という講座だ。どこからか探してこられるテキストが面白い。江戸の雰囲気がよく感じられる。これだけが、目下やっていることだ。







最終更新日  2019年07月30日 06時48分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月19日から1ヶ月以上、脳梗塞ということで横須賀うわまち病院に入院していた。つらい毎日だったが、今度も殆ど麻痺が残らず九死に一生を得た。今年度、心房細動・脳出血・脳梗塞と死に至る病気を連続して体験した。年齢も70歳になる。生き方を変えなければならないなとは思っている。そして何よりも、次の作品だけは是非とも仕上げたい。






最終更新日  2019年05月23日 20時30分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
8日から15日までの一週間、横須賀うわまち病院に入院していた。脳出血(右視床出血)ということで、絶対安静だった。幸い、左頬辺りの少しのシビレという後遺症だけで退院でき、執筆その他に影響することはない。しかしながら、昨年は心臓、今年は脳と、70歳になるのを目前にして大きな問題が連続した。充分気をつけて生活しろという天の声か。






最終更新日  2019年03月15日 14時31分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
近所のしょうぶ園で毎年恒例の花火の会『冬の華』が開催された。昼間はお祭りのようなことをやっていたが、午後六時ぴったりに花火の会は始まった。その頃には園は人でいっぱいで、車で乗り付ける人たちもひっきりなしにやって来ていた。三十分間休み無く、音楽に合わせてうち続けられる花火は見事で、狭い空間だけに、本当に頭上で炸裂する驚きもあった。寒気で緊張した夜空に開く『冬の華』、冬に行う花火もなかなかいいものだと毎年思う。子供たちにとっても、ふるさとを思い起こす思い出の一つとなることだろう。






最終更新日  2019年02月18日 09時35分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ワンコインで楽しめるカジュアルコンサート。地元、横須賀交響楽団の演奏会。横須賀芸術劇場は四階まで埋まっていた。石野雅樹氏の軽快な指揮に導かれて、迫力ある演奏が楽しめた。
 演奏曲目は、オペレッタ「経騎兵」序曲、ワルツ「加速度円舞曲」、ポルカマズルカ「浮遊」、ワルツ「女学生」、ポルカシュネル「ハンガリー万歳」、交響詩「フィンランディア」、オペレッタ「メリーウィドウ」のワルツ、ポルカフランセーズ「短2度のポルカ」、「南太平洋」メドレー、「サウンド・オブ・ミュージック」メドレー、ポルカシュネル「観光列車」、ワルツ「美しく青きドナウ」。それにアンコールとして「ウィリアム・テル」序曲、「エデンの東」、「ラディッキー行進曲」。
 時間や空間を飛び越えて思いが浮遊するうちに、演奏時間の2時間半はあっという間に過ぎてしまった。






最終更新日  2019年01月13日 19時16分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類

新年おめでとうございます!
今年もよろしく!

                     新春は横浜で過ごしました。








最終更新日  2019年01月04日 20時15分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ベテランズ・フォー・ピース(平和を求める元軍人の会)の2018ジャパンツアーの一環として横須賀で講演会が開かれた。話してくれたのは、ベトナム戦争を経験したマイク・ヘイスティ氏とイラク戦争を経験したネイサン・ルイス氏で「ぼくたちが見た戦場のリアル」と題して、自らのおいたちから始まって、戦争体験、戦争をめぐるアメリカの様子等を誠実に伝えてくれた。私の最新作『ドリームキャッチャー』が同様のテーマだったもので、興味深く耳を傾けた。その中で「1918年から2018年までの百年間ずっと帝国主義を遂行してきたアメリカは、完全に戦争中毒になっている」とか、「WARはWelths Are Richer(金持ちが儲ける)だけのもので、自由とか民主主義なぞという要素は全くない」とかの言葉も出て、痛快だった。元教師がアメリカの平和教育について質問すると、「アメリカに平和教育なぞ無い」と言い切ってから、「しかし実際平和教育が一番求められているのはアメリカだと思う」と断言し、「 戦争の実態を知っているベテランズ等を含めて本当に真剣に平和を求めていかねばならない」と言った。もちろん彼らと違う意見のアメリカ人も多いことだろうが、最近私が接するアメリカ人は彼らと同様の意見の者も多いのだ。






最終更新日  2018年10月29日 06時44分56秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PR

プロフィール


フクイタカノリ

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

コメント新着

 みやはらあきこ@ Re:『未来への大分岐 資本主義の終わりか、人間の終焉か?』(01/05) New! へぇ、面白そうですね^^どんな本だった…
 omachi@ Re:アブレーションを受ける(06/02) 歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知っ…
 フクイタカノリ@ Re:安達二十三中将(08/11) ニッキーさん >ご指摘大変ありがとうござ…
 和子7445@ Re:安針塚で花見(04/01) 良いですね!! うぐいすのさえずりの中を…
 フクイタカノリ@ Re[1]:パプアニューギニア(07/15) >PNGジャパン、ゴロカ支店・見形明美さん…

お気に入りブログ

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.