1402991 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

透析生活

PR

フリーページ

バックナンバー

お気に入りブログ

チチさん は ネフ… チチさんさん
tabirinのときどき闘… tabirinさん
RIKIにっき NsRIKIさん
私の透析&移植記録 ピクピさん

カレンダー

全348件 (348件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 35 >

世間のこと

2019.11.20
XML
カテゴリ:世間のこと
ご無沙汰しております。

仕事病院が忙しかったのと、ちょっとメンタルが不安定だったのとで、

ブログを書く時間が取れずにいました雫


メンタル不安定の理由は、前回のブログにも書いた子供の虐待の件。


あの件を書いた後も、次から次へと似たような事件が報道されて、

本当に辛くなってしまったんです。


親だって人間ですから、子育てしていてイライラすることもあると思います。

泣き続ける子に 「イイ加減にしてよ!」 と怒鳴ることだってあるでしょうし、

悪いことをした時にペチンと手を叩くくらいは、

躾として必要な時もあるのかもしれません。


でもね、、、。

怪我をさせたり、ましてや命を奪うなんてこと、

絶対に絶対に許しちゃいけないと思うんです!


子供がある程度大きくなれば、自分でSOSを出すこともできるでしょうし、

もっと大きくなれば、親の元から逃げるという選択肢も考えられるでしょうけど、

小さな子供 (赤ちゃん) は、そういう手段すら無いまま、

限られた空間の中でどんな思いで生きていたのか、、、。


それを考えたら、もう涙しか出てこなくて、、、。


「そんな親の元に生まれたのも運命」 という人も中にはいるようですが、

“運命” なんて言葉で簡単に片付けてはいけない問題だと、私は思います。


被害に遭っている子供を救い出すためには、

やっぱり個人レベルや民間レベルでは限度がありますから、

政治家の皆さんに、国レベルで真剣に取り組んでいただきたいものです。



それから、仕事が忙しくなっている理由も実は子供つながりで。


検査スタッフの後輩Yさんが、来週から産休に入ることになっているんですが、

今のところ、スタッフの補充がないままなので、

残ったスタッフ1人1人の負担が増える一方という状態、、、。


我が職場病院では約1時間の時間差出勤があり、

早く出勤して早めに帰る人と、遅く出勤して遅くまで残る人がいるんですが、

スタッフの補充がない状況で外来をスムースに回すためには、

みんなが早く出勤し、更に可能な人は今まで通り残業もするように、

私も含めて勤務時間を変えないといけなくなるかもしれません。


でも、今だってギリギリの状態でなんとか頑張っているのに、

これ以上勤務時間が長くなったら、私の体力がもつかどうか、、、!?


まぁ、経営者である院長先生の気持ちもわからなくはないんですよ。

産休と育休で1年強のお休みにはなりますが、その間に誰かを雇ってしまうと、

育休が明けてYさんが戻ってきた時、人員が増えることになりますからね。


!注:最近は、期間限定での雇用というのは難しいらしいです(院長先生談)。


でも、医療の世界も日々変わっていきますから、

ルーチンワークに加えて、新しい知識も身につけなくてはいけないので、

家で資料を見たりウェブセミナーを見たりするだけでなく、

学会や会場でのセミナーにも出席したりと、本当に毎日忙しいんですよ雫


私は独身で子供もいませんし、幸い両親も元気でいてくれるので、

透析しているとはいえ、自分の時間は自分のためだけに使えますけど、

子育てや親御さんの介護をしつつ仕事も続けている同僚たちは、

メンタル的にもフィジカル的にも、本当に凄いなぁと思います。


“子育てと仕事の両立” とか、“介護と仕事の両立” という言葉は、

少なくとも私が知る限り、女性に対して使われることが大半なのですが、

何故、男性に対して同じことを言わないのか、、、本当に不思議ですね。


でも、何年かしたら世の中も変わるかもしれません。


事実、私が就職した頃は、

オペの付き添いといえば “お嫁さん” というのが一般的でしたが、

この10年くらいは、1番多いのが “娘さん” で、次が “息子さん” で、

“お嫁さん” のみが付き添うというケースは減ってきていますから。


なんだか取り留めのない文章になってしまいましたが、、、雫


これから更に忙しくなる師走に向け、

メンタルもフィジカルも充分調えていこうと思っているミケネコでした。



にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 応援クリック、いつもありがとうございます★ →


ブログランキング 今後とも、ヨロシクお願いいたします★ →






最終更新日  2019.11.20 10:34:45
コメント(1) | コメントを書く
2019.11.11
カテゴリ:世間のこと
立冬を過ぎ、名実ともに冬がやって来ました。

本当に寒くなりましたね。


私が暮らしている地域では、今月に入ってから、

冬日スレスレ(最低気温0℃台) という日が何日も記録されています。


今年、秋コートを着た期間は1ヶ月もありませんでした雫


体も寒い中、この1週間は心も寒くなるようなニュースが多く、

悲しいのを通り越して怒りすら感じています。


トイレで、生まれたばかりに赤ちゃんの遺体が見つかった事件。

自宅で出産後、母親が赤ちゃんの頭を殴って死亡させた事件。

両親が、1歳の子供にエアガンを撃ち込んで怪我をさせた事件。

母親が、女の子の顔にヘアアイロンをあててヤケドさせた事件。


なんで、何の罪もない子供たちがこんな目に遭わないといけないんでしょう。

絶対に、絶対に許せません!!


不謹慎と怒られるかもしれませんが、こんな愚かな行為に及んだ親に対しては、

被害を受けた子供と同じ目にあわせてやりたいムカッと、心の底から思います。


でも、加害者である親に対してだけではなく、

被害を受けた子供たちを救えなかった社会 (自分自身を含む) に対しても、

やっぱり怒りを感じているんですよ。


子供が大好きで子供を愛したいと思っていても、子供が産めない人も多い中、

今回の犯罪に及んだような “親になるべきではない人間” が、

何故か簡単に親になってしまうという現実もあります。


それは仕方がないことなのかもしれませんが、

でもせめて、そういう親から子供を救い出せる世の中であって欲しいと思います。


もっと、警察や児童相談所の権限を拡大させることはできないのでしょうか!?

国は、どうしてもっと真剣にスピーディーに対応してくれないのでしょうか?


こういうニュースを見るたびに、心が痛くなります。


以前にもブログに書きましたが、

こういうことに対応するために支払う税金なら、私は喜んで納めますから、

今も全国で被害に遭っているであろう子供たちを1日も早く救い出すために、

国に積極的に対応していただきたいと願っています。




にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 応援クリック、いつもありがとうございます★ →


ブログランキング 今後とも、ヨロシクお願いいたします★ →






最終更新日  2019.11.11 07:55:12
コメント(4) | コメントを書く
2019.10.16
カテゴリ:世間のこと
今回の大型台風、皆様の地域はご無事でしたか?


我が家でも、土曜日の夜にケータイ携帯電話のJアラート (って言うんですよね?) が鳴って、

“特別警報、警戒レベル5に相当” なんて情報が送られて来たものですから、

「この辺りも危険なのかも?」 と、かなり心配していたんですけど、

結果的には大きな被害はありませんでした。


ただ、友人や職場病院のスタッフのご実家の近くでは、

橋が崩れるなどの被害が出ているので、他人事とは思えません。


いつものことですが、こういう災害時に、

現場に行って戦力になることができない自分の無力さが嫌になると同時に、

レスキュー隊員をはじめとする消防隊員の方や、自衛隊の方、

それからボランティアで駆けつけて作業を手伝っておられる方々に対して、

心から感謝と尊敬の念を抱いています。


本当にありがたいことです(^人^)


今回の大型台風では、事前の準備が早くから成されていたようで、

木曜日から金曜日にかけて、都心にある (当院と関連のある) 企業からは、

「金曜日の午後からは社員の安全のために臨時休業となるので、対応できません」

という内容のFAXが次々と流れてきていたんですよ。


一方で、我が職場病院も含めて医療機関というものは、

台風台風が来ようが大雪雪が降ろうが、余程のことがない限り診療を行うため、

私も含めた我が職場のスタッフは、土曜日は全員普通に出勤していました。


とは言え、午前中は患者さんも普通に来院されたものの、

雨風の強くなってきた午後は、患者さんもポツポツ (1時間に2〜3人くらい) という状況。


急性症状の患者さんが来院されるかもしれない可能性があるため、

“臨時休診” というわけにはいきませんでしたが、

最終的にドクターは若先生のみ、スタッフも数名だけを残して他は帰宅ということに。


私は、その “残る数名のスタッフ” に含まれていたわけですが、

受付時間が終了し、いざ帰ろうとした時には、

朝は普通に動いていたJRが既に運休してしまっていたため、

帰りは母に車車で職場病院まで迎えに来てもらうことに雫

(強風と強雨の中、自分で運転車する自信は私にはありません下向き矢印


帰宅したのは18時前という状況だったのですが、

ずっと残業続きで 「帰宅したら、まず夕食の準備」 という習慣がついていた私は、

いつも通りに早々に夕食を作り始めてしまいまして。


おかずを作り終え、母に 「ご飯ごはんちょうだい」 と言いに行ったら、

「え?もう食事?まだご飯炊けてないけど」 と言われ、

この日はご飯ごはん無しのおかずだけの夕食となりました。


さて。

今回のことで、地域の避難場所を確認したりハザードマップを見直したりと、

災害に対する心構えが真剣にできたことは、個人的には有意義でした。


ただ、、、今回も避難所の問題がいろいろと出てきましたよね。


我が家の辺りも同様なのですが、

とにかく、避難所の絶対数が足りないことが1番の問題だと思うんですよ!


しかも、例えば今回のような水害なら川の近くの避難所は使えないでしょうし、

全てが稼動したとしても足りない避難所が、更に減ってしまうわけですから、

避難勧告が出された地域の住民が避難しようと思っても、

避難所には、その全員を受け入れるだけのキャパがないのが事実。


更に、避難してくる人にも各々の事情があるわけですから、

「(認知症や寝たきりなどの) 高齢者がいて避難所生活は難しい」 とか、

「小さな子供が騒いでしまう (泣いてしまう) ので周囲に気を遣う」 とか、

「ペットがいて、避難所で受け入れてもらえない」 とか、

本当にいろいろな問題が山積みなんですよね。


小さな子供の泣き声も 「非常時だから仕方がない」 と受け入れる人がいる一方で、

不安や苛立ちの中、寝不足や体調不良でイライラしちゃう人もいるでしょうし、

大事なペット (その人にとっては家族) を一緒に連れて行きたい気持ちもわかる反面、

アレルギーなどで動物と同じ空間に居られない人だって、実際に存在しているわけで。


この多様性の時代、避難所にも多様性があって良いんじゃないですかね!?


「この避難所は、ペットOKとします」 とか、

「この避難所は、小さなお子さんのいる家庭が優先です」 とか、

「この避難所は、介護が必要な高齢者のいる家庭に限定します」 とか、、、。


ただ、そういう多様性を持たせるためには、

やっぱり避難所の絶対数を増やさないと、どうしようもないと思うんですよ。


以前の大震災の後、私が暮らしている地域でも同様の意見が出たようですが、

その時に説明にいらした市の担当者は、終始 「検討します」 的な発言を繰り返すのみで、

結果的に、ほとんど改善は成されなかったそうです。

!注:これについては私は伝聞しただけなので、事実かどうかはわかりませんが。


避難所を管轄する (市区町村の) 責任者の皆さんには、

「今まで大丈夫だったんだから、この辺りは大丈夫だろう」 とか、

「自分が責任者の間は、災害が起きないことを祈るしかない」 という態度ではなく、

もっと真剣に考えていただきたいと切に願います。




にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 応援クリック、いつもありがとうございます★ →


ブログランキング 今後とも、ヨロシクお願いいたします★ →






最終更新日  2019.10.16 15:39:21
コメント(4) | コメントを書く
2019.10.11
カテゴリ:世間のこと
先日の休日出勤も無事終わり、これで暫く休日出勤は無し、、、のはず!?


水曜日の透析帰り (22時過ぎ) には、気温が12℃しかなかったので、

さすがに涼しいのを通り越して肌寒く感じましたが、

木曜日は穏やかな秋晴れの、とても過ごしやすい1日でした(^O^)音符


暑くもなく寒くもない良い季節になったことですし、もう少し体力が回復するのを待って、

何処かに遊びに行きたいなぁとワクワクし始めてきたミケネコですダブルハート


そのワクワクとは一転して、今日のブログは少し愚痴っぽい内容になっちゃいます雫


以前にも書いたことがありますが、

私自身は “いろいろと頭で考えすぎて、気持ちを抑えちゃうタイプ” の人間なので、

自分の気持ちに正直に生きている人を見ると、

1割くらいの嫉妬と2割くらいの反発を含みつつも、

基本的には尊敬の気持ちを抱いてしまうんですね。


周りに何かを言われても、そんなことは気にせず、

自分自身の信念を持って堂々と生きている人は、本当にカッコイイと思います!


でも、、、。

その信念を周りにまで押し付けようとして声高に主張し始めた途端、

その人は物凄くカッコ悪い人に成り下がっちゃう下向き矢印気がするんですよ、、、(−_−;)


世の中には、自分の理屈や自分の正義を周りにまで強要する人が、

意外と多くいらっしゃいます。

実生活でもそうですし、匿名性が高いせいか、ネットの世界では更に多い気がします。


まぁ私にだって、そういう要素が全く無いわけじゃありません。

甥っ子にも 「人を陥れるようなウソはついちゃダメ!」 って言いますが、

ある意味、これだって私の正義や私の考えを押し付けていることになるわけですものね。


これが一方的かつ極度なものになってしまうと、

最近流行りの “モラハラ” とか言われるものになってしまうのかもしれませんが、

家族のように同じ空間で生活する時間が長い場合には、

(一方的ではなく) お互いに意見を言い合い、歩み寄りをすることは必要だと思います。


ただ、家族でもなく友人でもない赤の他人に対して、

自分の正義を強要したがる人が多いことが、どうしても理解できません(>_<)


「男なんだから、大黒柱として家族を養わないといけない」

「女なんだから、子育てや介護をするのは当然」

「イイ歳して子供を産まないなんて、ケシカラン」

「親が年老いたのに田舎に戻ってこないなんて、本当に親不孝な人間だ」

「痛いからって薬に頼るなんて、甘えたこと言ってはダメ」

「親からもらった大事な体に傷をつけるなんて、バチが当たるに違いない」


これらの発言は、私が仕事をしている中で実際に聞いたものです。

しかも、「私はこう思います」 という言い方ではなく、

「この考え方が常識!これを認めない人の気が知れない」というニュアンスで、、、。


女性が外で稼いできて、男性が家事や育児をする選択があっても良いじゃないですか?

子供を産みたくない人や、産みたくても産めない人だって大勢いますよね?

家族がいれば、親のためだけに人生を変えることができないケースだってありませんか?

痛いのを我慢したって何も得しないんですから、痛み止めを使ったほうが楽ですよね?

突然事故で怪我することもあれば、病気で手術せざるを得ないことだって、あり得ますよね?


十人十色で、世の中ではいろいろな事情を持ったいろいろな人が生活しています。

でも、実生活でもネットの社会でも、赤の他人に自説を押し付ける人たちは、

自分とは違った “いろいろなケース” があることに、思いが及ばないのでしょうかね?


それとも “いろいろなケース” があること自体が許せないのかしら!?

あるいは単に “マウンティング” をしたいだけ、、、??


たまたま、この1週間、職場病院やネットでそういう発言を多く見聞きしたせいか、

ものすごく気になってしまっています。



にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 応援クリック、いつもありがとうございます★ →


ブログランキング 今後とも、ヨロシクお願いいたします★ →






最終更新日  2019.10.11 03:23:11
コメント(2) | コメントを書く
2019.09.14
カテゴリ:世間のこと
先週からの猛暑日寸前の暑さの再来に、心身ともに疲れ果てていたミケネコでしたが、

我が家の辺りでは、一昨日から暑さが少し和らいで来てくれたので、

低空飛行で墜落下向き矢印寸前だった体調も何とか持ち直し、

上昇気流上向き矢印に乗れそうな感じになってきました。


心配してくださった皆さま、ありがとうございました(^人^)


それにしても、、、。

この暑さの中、台風被害による停電に苦しんでおられる千葉県の皆さまにとっては、

本当に長く大変な1週間だったと思いますが、、、体調は如何でしょうか?


まだ暑いこの季節に、日中エアコン無しで生活するなんてこと、

暑さが苦手な私は想像しただけでも苦しくなってきてしまいます。


そして、電気だけでなく水道も使えない地域があると聞きましたが、

そういう地域の透析患者の皆さまは、どうなさっているんでしょうか?


稼働している施設まで、時間をかけて通っていらっしゃるのかしら?

透析の回数や時間を減らす等、無理されている方もいらっしゃるかもしれませんね。


私たち血液透析患者にとっては、

(在宅透析などの例外を除けば) 週3回透析施設に通うことが “普通” になっていますが、

災害が起きる度、“普通” に暮らせることが如何にありがたいことなのか思い知らされます。


透析が、生活に組み込まれたルーチンワーク的なものになっているが故に、

時には 「また今日も透析か〜」 とか 「透析、面倒だなぁ」 とか、

マイナスなことを思ったり言ったりしてしまうことが私にもあるんですけど、

そんな自分の言動を、今回のことで再度反省しているところです。


電力会社の皆さまも、一生懸命復旧に努めてくださっているようですが、

1日でも1時間でも早く、ライフラインが元通りになりますように!




にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 応援クリック、いつもありがとうございます★ →


ブログランキング 今後とも、ヨロシクお願いいたします★ →






最終更新日  2019.09.14 23:17:00
コメント(4) | コメントを書く
2019.07.21
カテゴリ:世間のこと
暑い夏の到来は、私にとってストレスでしかありませんが、

嬉しいこともあるんですよ(^O^)音符


甥っ子のRちゃんの通っている小学校が夏休みに突入したため、

これから暫くRちゃんは我が家家で生活する予定になっているんですハート(手書き)

!弟のTちゃんはまだ小さいので、残念ながら来られませんが下向き矢印


透析日は帰りが深夜なのでRちゃんは寝ちゃって眠い..いますし、

透析日以外も残業病院が多くて早く帰ることは難しいんですけど、

データ管理などの急ぎでない仕事は極力後回しにして、

少しでもRちゃんと一緒に過ごせる時間を確保したいと思っていますグッド


まぁ、宿題も結構あるようですし、水泳や逆上がりの練習もしないといけないので、

遊んでばかりという訳にはいきませんが、

野菜の収穫や川遊びなどの “田舎ならではのこと” も経験させてあげたいと思っています。


何して遊ぼうか、考えただけでもワクワクしてきます(*^▽^*)



さて、今日は選挙ですね!

私自身は、選挙権を得てから選挙に行かなかったことは1度もありません。

地方選挙も含めて皆勤賞です(^O^)


個人的には、せっかく権利があるんですから、

それを行使して意思表示をしたほうが良いと思っていますが、

選挙に行くことはあくまでも権利であって義務ではありませんから、

選挙に行かない自由があっても良いと思っていますし、

行かない人に対して 「絶対に行くべき!」 と強制する気もありません。


でも、自らの意思で選挙に行かなかった人 (!理由があって行けなかった人は別です) が、

その後の政治や世の中の流れについて文句ばかり言っている姿を目にしてしまうと、

正直なところ 「行かなかったくせに、カッコ悪いな」 とは思ってしまいますけどね。


さて、今回の選挙は、どんな結果になるのでしょうか?

選挙特番、やっぱり夜遅くまで見ちゃうんだろうな〜(^O^;)


にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 応援クリック、いつもありがとうございます★ →


ブログランキング 今後とも、ヨロシクお願いいたします★ →






最終更新日  2019.07.21 12:44:33
コメント(2) | コメントを書く
2019.04.03
カテゴリ:世間のこと
日常の忙しさに追われバタバタダッシュしているうちに、もう4月になってしまいました。


少しずつ暖かくなって 「そろそろ桜さくらも見られるかしら?」 なんて思っていたのですが、

昨日は雪雪が降って、最低気温も氷点下、、、。


一気に季節が戻ってしまいました下向き矢印

お花見までには、もう少し時間がかかりそうです。


さて、1日には新元号が発表されましたが、

前日までは患者さんで溢れていた我が職場病院の待合室が、

この日の10時頃からは、ほぼ “開店休業” 状態で閑散としていましたよ(^O^;)


皆さんテレビテレビの前に陣取って、新元号の発表を待っていたんでしょうね〜。


オリンピックや高校野球や今回のような、何か特別なイベントがあるたびに、

「世の中には “切実に具合の悪い急性症状の人” って少ないんだなぁ」 と実感します。


本当に具合が悪かったら、イベントなんて関係なく受診しますものね!?


慢性的な症状で定期受診するケースや、

急性症状であっても (自覚的に) 重症でないケースだからこそ、

受診日を調整して、特別なイベントを優先することができるんだと思います。


まぁ今回は、そのおかげで溜まり続けていたデスクワークができたので、

ありがたいと言えばありがたかったんですけど、

夕方近くは反動で混み合って仕事を抜けることができなくなり、

透析に行く時間が遅くなってしまいました(−_−;)雫


仕事と透析の調整、本当に難しいです下向き矢印


ところで、改元の影響っていろいろとあると思うのですが、

我が職場病院では、患者さんの生年月日が書かれているカルテが1番の問題なんですよ。


我が職場病院で使っている医療検査機器は殆ど海外製なので、

検査の際に患者さんの情報を入力する画面は、当然西暦表示。


でも、電子カルテには何故か元号で生年月日が表示される仕様になっているため、

検査の度に、元号から西暦への換算をしないといけなくなります雫


大正なら元号に11を足して (大正10年生まれなら西暦の下2桁は21年)、

昭和なら元号に25を足して(昭和10年生まれなら西暦の下2桁は35年)、

平成なら元号から12を引いて(平成10年生まれなら西暦の下2桁は98年)、

その都度入力をするのですが、疲れてくると計算がアヤシイ感じに、、、( ̄▽ ̄;)


5月に令和になったら、元号に18を足すようになるんですね。

まぁ “令和の子” が検査を受けに来るようになるまでには、まだ数年猶予がありますけど。


近年は海外出身の方の受診も増えていますし、

時代の変化に合わせて、電子カルテも西暦表示にしてくれれば良いのに〜(>_<)


カルテの生年月日が西暦表示にならないのって、何か理由があるのでしょうかね?


にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 応援クリック、いつもありがとうございます★ →


ブログランキング 今後とも、ヨロシクお願いいたします★ →






最終更新日  2019.04.03 09:18:10
コメント(2) | コメントを書く
2019.01.03
カテゴリ:世間のこと
平成31年を迎えて、既に3日目!

皆さまは、どんなお正月を迎えられましたか(^O^)?


年末年始でもお休みせずに働いてくださっている方々が大勢いらっしゃる中、

(身近な所では、透析クリニック病院のスタッフの皆さんもそうですよね)

今年は当番医がなかったので、私はキッチリ6日間休ませていただきましたちょき


まぁ、うち3日は透析に通っていたので完全フリーではありませんけど、、、(^_^;)


昨日は私にとっての透析初めでしたが、

仕事病院に行って体と頭を使っている普段と比べ、消費エネルギーが少ないにもかかわらず、

飲食量は普段よりも多かったせいで、多少太ったのか除水量が多かったのか (?)、

途中で収縮期血圧が70mmHgまで下がってしまいまして、、、雫


私は普段から血圧が低いので、100mmHgを切った程度で騒がれると心外なのですが、

さすがにここまで低いのは問題だと自分でも感じました(−_−;)


スタッフの方には新年早々ご面倒をおかけしてしまい、反省です下向き矢印



ところで、年賀状を作り終えてからは透析以外ほぼ寝たきりだった私、、、( ̄▽ ̄;)


テレビテレビや動画を見ていても本ノートを読んでいても、

途中でウトウトと眠って眠い..しまって、気がつくと数時間が経っているので、

細切れな睡眠時間を足していくと、休み中は1日14時間くらい寝ていた気がします。


母からは 「それだけ疲れが溜まっていたってことじゃない?」 と言われましたが、

私、忙しく走り続けている間は緊張しているせいか何とか頑張れるものの、

1度歩みを止めてしまうと、そこで緊張の糸がプツンと途切れてしまい、

体が動かなくなってしまうことが時々あるものですから、

長期の休みは嬉しい反面、怖い存在でもあります。


我が職場病院の仕事初めは明日なんですけど、

果たして私は、明日1日、今まで通りに動き回れるのでしょうか!?


多少の不安はありますが、

「制服を着たら気持ちが引き締まって頑張れるはず!」 と自分に言い聞かせます!!


にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 応援クリック、いつもありがとうございます★ →


ブログランキング 今後とも、ヨロシクお願いいたします★ →






最終更新日  2019.01.03 20:51:48
コメント(4) | コメントを書く
2019.01.01
カテゴリ:世間のこと






最終更新日  2019.01.01 09:25:18
コメント(4) | コメントを書く
2018.12.09
カテゴリ:世間のこと
先日、我が職場病院の大御所の先輩Mさんの旦那さまがお亡くなりになられ、

今日は職場病院の仲間たちと一緒に、そのご葬儀 (告別式) に参列してきました。


Mさんよりも先にお仕事を引退された旦那さまは、

お仕事を続けているMさんに代わってお料理もなさっていたそうですが、

煮物や漬物や昔ながらの素朴なお料理を、

時々我が職場病院にも届けてくださっていました。


シンプルなお料理なんですけど、それが本当に美味しくて!


Mさんも 「この味はお父さんでないと出せないの!」 と嬉しそうに仰って、

お互いを尊敬し合っているご様子の、本当に仲の良いご夫婦でした。


きっと、近い将来Mさんがお仕事を引退されたら、

ご夫婦で一緒に旅行に行かれたり一緒に畑仕事をされたりするのを、

楽しみにしていらしたんじゃないかしらね、、、?


私がMさんの旦那さまとお会いしたのは数回だけなので、

穏やかで優しい雰囲気の方だというくらいしか存じ上げませんが、

Mさんとは (私が就職してから) ずっと一緒にお仕事させていただいているので、

今どんな状態で頑張っていらっしゃるかの想像がつくだけに、辛くて辛くて、、、。


今日までは、旦那さまが無事にあちらの世界へ旅立てるように、

いろいろやらなくてはいけないことが多過ぎて、

悲しみに浸る時間も持てなかったかもしれませんが、

これからドッと寂しさや悲しみが押し寄せてくるのかもしれませんね。



実は、Mさんご夫婦と我が両親はほぼ同世代なんですけど、

私と同世代の友人からも、親御さんの訃報がポツポツと届けられる年齢になって、

元気でいてくれる我が両親の存在は有難いと、改めて感じるようになりました。


元々過干渉なところがある我が両親ですが、

私が成人し、就職し、“イイ歳” になっても干渉が止む気配はないので、

「私のこと、一体いくつだと思っているの!?」 と、

時にイラッとすることも無いわけではありませんが、

頭も身体も元気でいてくれることが、何よりの 『子供孝行』 なんだと思います。


一方で、私はまだ全然 『親孝行』 できていないので、反省しきりですが、、、。


Mさんの旦那さまのご冥福をお祈りし、

Mさんが気落ちされて体調を崩されることのないよう願っています。




にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村             応援クリック、いつもありがとうございます★ →


ブログランキング          今後とも、ヨロシクお願いいたします★ →






最終更新日  2018.12.09 18:56:26
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全348件 (348件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 35 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.